夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

フランス映画

「夜明けの祈り」:ソ連占領下のポーランドで兵士の暴行で妊娠した修道女達とフランス人女医の実話に基づく過酷で美しく感動的なドラマ

「夜明けの祈り」(原題:Les Innocentes)は、2016年公開のフランス・ポーランド合作のドラマ映画です。第2次世界大戦直後のポーランドの実話に基づき、アンヌ・フォンテーヌ監督、ルー・ドゥ・ラージュら出演で、赤十字で医療活動を行う若いフランス人の女…

「エル ELLE」:勝ち組の敏腕女性が遭遇するレイプの顛末を、様々な人間関係が織りなす日常的現実感の中で描いた、異色サスペンス映画

「エル ELLE」(原題:Elle)は、2016年公開のフランス、ベルギー、ドイツ合作のサスペンス映画です。2012年に発表されたフィリップ・ジャンの小説「Oh...」を原作に、ポール・バーホーベン監督、イザベル・ユペールら出演で、瀟洒な自宅で覆面の男に襲われ…

「禁じられた歌声」:イスラム過激派に支配されるマリ共和国の古都の日常、シャリーアの恐怖、屈せず自由を求める人々を描いた人間ドラマ

「禁じられた歌声」(原題:Timbuktu)は、2014年公開のフランス・モーリタニア合作のヒューマン・ドラマ映画です。アブデラマン・シサコ監督/共同脚本、イブラヒム・アメド・アカ・ピノ、トゥルゥ・キキら出演で、アフリカのマリ共和国の美しい古都ティンブ…

「リトルプリンス 星の王子さまと私」:CGアニメとストップモーション・アニメを巧みに組み合わせた、繊細で心癒される名作小説の後日談

「リトルプリンス 星の王子さまと私」(原題:The Little Prince、仏題:Le Petit Prince)は、2015年公開のフランス・イタリア合作のファンタジー・アニメーション映画です。世界的なベストセラーとなっているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小…

「ダンケルク」:史実に基づく大撤退の中、無名の兵士達が直面する現実を陸海空の三つの視点から緊張感たっぷりに描いた、稀有な戦争映画

「ダンケルク」 (原題:Dunkirk) は、2017年公開のイギリス・オランダ・フランス・アメリカ合作の戦争映画です。第二次世界大戦のダンケルク大撤退の史実に基づき、クリストファー・ノーラン監督・脚本、トム・ハーディ、マーク・ライランスら出演で、1940年…

「セールスマン」:劇中劇と現実が交錯、現代のイラン中流層が題材の示唆に富む作風がさらに進化した、ファルハーディー監督のドラマ映画

「セールスマン」(ペルシア語:فروشنده)は、2016年公開のイラン・フランス合作のクライム・サスペンス&ドラマ映画です。アスガル・ファルハーディー監督・脚本、シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリシュスティら出演で、自宅で何者かに襲われ苦悩する劇団員…

「未来よ こんにちは」:後戻りできない時間の中で数々の人生の困難に直面する一人の女性の姿を、日常を通して深く洞察する人間ドラマ

「未来よ こんにちは」(原題:L'Avenir、英題:Things to Come)は、2016年公開のフランス・ドイツ合作のヒューマン・ドラマ映画です。ミア・ハンセン=ラブ監督・脚本、イザベル・ユペールら出演で、パリの高校で哲学を教える50代後半の女性教師が、突然、…

「ブラッド・ファーザー」:人間的な演技がメル・ギブソンの復活を印象づける、ノワール風味のスタイリッシュなアクション&ドラマ映画

「ブラッド・ファーザー」(原題:Blood Father)は、2016年公開のフランスのアクション&ドラマ映画です。ピーター・クレイグの同名小説を原作に、ジャン=フランソワ・リシェ監督、ピーター・クレイグ共同脚本、メル・ギブソン主演で、悪事に巻き込まれた1…

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」:時の流れが止まったハバナを背景にキューバ音楽の古老たちの復活を魅力的なナンバーに乗せて描く

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(原題:Buena Vista Social Club)は、1999年公開のドイツ、アメリカ、フランス、キューバ合作の音楽ドキュメンタリー映画です。ヴィム・ヴェンダース監督が友人のライ・クーダーとともにキューバ音楽の古老(ブエナ・…

「わたしは、ダニエル・ブレイク」:高齢の失業者が直面する苦難を通して、資本主義下の管理社会における人間性の欠如をリアルに訴える

「わたしは、ダニエル・ブレイク」(原題:I, Daniel Blake)は、2016年公開のイギリス・フランス・ベルギー合作の社会派ドラマ映画です。ケン・ローチ監督、ポール・ラヴァーティ脚本、デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズで出演で、心臓病により…

「ギリシャに消えた嘘」:アテネ、クレタ島、イスタンブールと異国情緒溢れる舞台に個性派俳優が際立つ、ハイスミス原作のサスペンス映画

「ギリシャに消えた嘘」(原題:The Two Faces of January)は、2014年公開のアメリカ・イギリス・フランス合作のサスペンス映画です。パトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」を原作に、ホセイン・アミニ監督・脚本、ヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・…

「愛、アムール」:パリのアパルトマンを舞台に、孤立しながらも不治の病に対峙する老夫婦の愛を、緻密な脚本とリアルな演技で実直に描く

「愛、アムール」(原題:Amour)は、2012年公開のオーストリア・フランス・ドイツ合作のヒューマン・ドラマ映画です。ミヒャエル・ハネケ監督・脚本、ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペールら出演で、パリで暮らす、妻…

「リアリティのダンス」:少年時代の辛い思い出と父母の記憶を、夢を模すかのように再構成、抑圧された心を救済する自伝的ファンタジー

「リアリティのダンス」(原題:La danza de la realidad、英題:The Dance of Reality)は、2013年公開のチリ・フランス合作の自伝的ファンタジー&ドラマ映画です。詩人やパフォーマー、舞台演出家、コミック作家、タロットカード研究者といった多彩な顔を…

「神様メール」:聖書の世界にPCや携帯を導入、性差別を風刺しつつ障害・孤独・依存・不和等の悩みと救いを描く野心的ダークコメディ

「神様メール」(原題: Le Tout Nouveau Testament、英題:The Brand New Testament)は、2015年公開のベルギー・フランス・ルクセンブルグ合作のダークコメディ&ファンタジー映画です。ジャコ・ヴァン・ドルマル監督、ピリ・グロワーヌ、ブノワ・ポールヴ…

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」:伝説のソプラノ歌手を明確に解釈、厳しい状況の人々への暖かな眼差しを感じるコメディ&ドラマ

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(原題:Florence Foster Jenkins)は、2016年公開のイギリス・フランス合作の音楽コメディ&伝記映画です。伝説のソプラノ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンスの実話に基づき、スティーヴン・フリアーズ監督…

「胸騒ぎのシチリア」:地中海のパンテッレリーア島を舞台に、オスカー級俳優が天才的パフォーマンスで絡み合う欲望を描く心理サスペンス

「胸騒ぎのシチリア」(原題:A Bigger Splash)は、2015年公開のイタリア・フランス合作の心理サスペンス&ドラマ映画(英語劇)です。イタリア・フランス合作映画「太陽が知っている」(1968年)を原作に、ルカ・グァダニーノ監督、デヴィッド・カイガニッ…

「パリ、恋人たちの2日間」:フランス版ウディ・アレンと評された、ジュリー・デルピー監督、脚本、主演の傑作ロマンティック・コメディ

「パリ、恋人たちの2日間」(原題:2 Days in Paris)は、2007年公開のフランス・ドイツ合作のロマンティック・コメディ映画です。女優ジュリー・デルピーが監督、脚本、主演など、一人六役を務め、アダム・ゴールドバーグ、ダニエル・ブリュール、アレクシ…

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」:アラフォー元祖拗らせ女子をレネー・ゼルウィガーが好演するシリーズ最新作

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(原題:Bridget Jones's Baby)は、2016年公開のイギリス・アメリカ・フランス合作のロマンティック・コメディ映画です。シャロン・マグワイア監督、レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パト…

「デリカテッセン」:ホラー/SF/ユーモアを融合、独特の美的感覚とユーモアで人心が荒廃したアパルトマンを描き出したダーク・コメディ

「デリカテッセン」(原題:Delicatessen)は、1991年公開のフランスのダーク・コメディ映画です。監督・脚本はこれが長篇デビューとなるジャン=ピエール・ジュネとマルク・キャロ、ジル・アドリアン共同脚本、ドミニク・ピノン、マリー・ロール・ドゥニャ…

「レッドタートル ある島の物語」:無人島を舞台に人間と自然のかかわりを繊細で美しい映像と音楽で描いた、神話的アニメーション映画

「レッドタートル ある島の物語」(原題:The Red Turtle、仏題:La Tortue rouge)は、2016年公開の日本・フランス・ベルギー合作のアニメーション映画です。スタジオジブリ初の国外との共同製作による作品であり、オランダ出身のアニメ作家、マイケル・デ…

「グッバイ、サマー」:現実と夢の記憶を再構成、少年のファンタジックな冒険と友情をノスタルジックにほろ苦く描き出した自伝的青春映画

「グッバイ、サマー」( 原題:Microbe et Gasoil、英題:Microbe and Gasoline)は、2015年公開のフランスの自伝的青春コメディ映画です。「自らが体験したことを元に冒険したかった」というミシェル・ゴンドリーの監督・脚本、アンジュ・ダルジャン、テオ…

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」:アイルランドの伝説を基に、妖精の母を失った少年の冒険談を美しい映像と音楽でほろ苦く描く

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」(原題:Song of the Sea)は、2014年公開のアイルランド・ベルギー・ルクセンブルグ・デンマーク・フランス合作の長編アニメーション映画です。アイルランドに伝わる民話や神話を基に、トム・ムーア監督・原案、ウィル…

「エリックを探して」:マンチェスターを舞台に、人生どん底の中年郵便配達員がサッカーのカリスマに導かれて立ち直る姿をコミカルに描く

「エリックを探して」(原題: Looking for Eric)は、2009年公開のイギリス・フランス合作のコメディ&ドラマ映画です。元サッカー選手のエリック・カントナが企画を持ち込み、ケン・ローチ監督、ポール・ラヴァーティ脚本、エリック・カントナ製作総指揮、…

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」:失業や冷酷な企業システムが日常にもたらす非人間的側面をリアルに描き、人間としての怒りを問う

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」(原題: La Loi du marché、英題: The Measure of a Man)は、2015年公開のフランスのドラマ映画です。ステファヌ・ブリゼ監督・共同脚本、ヴァンサン・ランドンら出演で、勤務先をリストラされ、やっとの思いで再就職にこ…

「人生は小説よりも奇なり」:ニューヨークを舞台に、成熟したゲイ・カップルと家族、友人の世代を超えた悲喜こもごもを散文詩的に描く

「人生は小説よりも奇なり」(原題:Love is Strange)は、2014年公開のフランス・アメリカ合作のドラマ映画です。アイラ・サックス監督、ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ、マリサ・トメイら出演で、念願の同性婚を果たしたカップルの悲喜こもごも…

「クスクス粒の秘密」:チュニジア系フランス人大家族の日常と、世代を超えて受け継がれる移民のエネルギーをスリリングな展開で描く

「クスクス粒の秘密」(原題:La graine et le mulet、別題:Couscous、英題:The Secret of the Grain)は2007年公開の、フランス・チュニジア合作のドラマ映画です。アブデラティフ・ケシシュ監督・脚本、アビブ・ブファーレ、アフシア・エルジら出演で、…

「裸足の季節」:黒海沿岸に住む5人姉妹の思春期の喜びと憂い、秘めた力と性差別への抵抗を美しい映像で描いた、女性監督ならではの作品

「裸足の季節」(原題:Mustang)は、2015年公開のトルコ・フランス・ドイツ合作のドラマ映画です。デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督・共同脚本、ギュネシ・シェンソイらの出演で、トルコの小さな村に舞台に、古い慣習と封建的思想のもと一切の外出を禁じ…

「母よ、」:常に自分自身に満足できない女性監督が母の衰えに直面する姿を、コメディとペーソスを織り交ぜた絶妙なタッチで描くドラマ

「母よ、」は、2015年公開のイタリア・フランス合作のヒューマン・ドラマ映画です。ナンニ・モレッティ監督、マルゲリータ・ブイ、ジョン・タトゥーロら出演で、仕事も家族との関係もうまくいかず悶々とする一人の女性映画監督が、母の喪失に直面する姿をユ…

「トリコロール/赤の愛」:芸術的な二重構造で博愛を描き、群像劇の様に三部作を締めくくる、キェシロフスキ監督の遺作となった完結編

「トリコロール/赤の愛」(原題:Trois Couleurs: Rouge)は1994年公開のフランス・ポーランド・スイス合作のドラマ映画です。フランス国旗の青、白、赤の三色をモチーフにした「トリコロール」三部作の3作目で、クシシュトフ・キェシロフスキ監督・共同脚本…

「トリコロール/白の愛」:国境や言葉を超える愛の平等について、男性を主人公に叙事的悲喜劇のスケール感で大胆かつ象徴的に描いた名作

「トリコロール/白の愛」(原題:Trois couleurs: Blanc、ポーランド語:Trzy kolory: Biały)は、1994年公開のフランス・ポーランド・スイス合作のドラマ映画です。フランス国旗の青、白、赤の三色をモチーフにした「トリコロール」三部作の2作目で、クシシ…