夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「君の名前で僕を呼んで」:美しいイタリアの田舎で家族とともに過ごす17歳の少年の夏休み、年上の青年へのほろ苦い初恋を爽やかに描く

君の名前で僕を呼んで」(原題:Call Me By Your Name)は2017年公開のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作の恋愛ドラマ映画です。アンドレ・アシマンが2007年に上梓した同名小説を原作に、ジェームズ・アイヴォリーが脚色を手がけ、ルカ・グァダニーノ監督、ティモシー・シャラメアーミー・ハマーら出演で、1983年の北イタリアを舞台に、大学教授の父親の助手として別荘に招待された24歳の大学院生に思いを寄せる17歳の少年のひと夏の恋を描いています。第90回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ティモシー・シャラメ)、歌曲賞(スフィアン・スティーヴンス)、脚色賞(ジェイムズ・アイヴォリー)にノミネートされ、脚色賞を受賞した作品です。ジェイムズ・アイヴォリーは史上最年長(89歳)のアカデミー賞受賞となりました。

 

 「君の名前で僕を呼んで」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:ルカ・グァダニーノ
脚本:ジェームズ・アイヴォリー
原作:アンドレ・アシマン著「君の名前で僕を呼んで
出演:ティモシー・シャラメ(エリオ・パールマン
   アーミー・ハマー(オリヴァー)
   マイケル・スタールバーグ(Mr.パールマン
   アミラ・カサール(アネラ・パールマン
   エステール・ガレル(マルシア
   アンドレ・アシマン(ムニール):本作の原作者
   ピーター・スピアーズ(アイザック):本作の製作者
   ほか

あらすじ

  • 1983年夏、17歳のエリオ・パールマン (ティモシー・シャラメ) は例年のように北イタリアを訪れ、母が相続した由緒ある別荘で過ごしています。父のパールマン博士(マイケル・スタールバーグ)はアメリカの名門大学で教鞭を取るギリシア=ローマ美術史学の大学教授、母のアネラ(アミラ・カサール)は何ヶ国語も流暢に話す翻訳家で、エリオは一人息子です。自然に恵まれた環境の中で高い教養に身につけさせたいという両親の意向により、アカデミックな環境に育ったエリオは、文学や古典に親しみ、英語、イタリア語、フランス語を流暢に話し、ピアノやギターを弾き、クラシック音楽を編曲するなど、知性豊かな少年です。その一方で、時には夜遊びをしたり、近くに住むフランス人のマルシアエステール・ガレル)とふざけ合ったしながら、エリオは夏を過ごしています。
  • そんな彼の前に、アメリカからやってきた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)が現れます。エリオの父のパールマン教授は、毎年、研究を手伝ってくれるインターンを別荘に招待するのですが、今年は論文執筆中のオリヴァーでした。エリオの隣の部屋に泊まることになったオリヴァーは、これまでのインターンよりも知的で、振る舞いも自信に溢れているように見えます。そんなある日、マルシアやキアラ(ヴィクトワール・デュボワ)らとバレーボールをしている最中、オリヴァーがエリオの裸の肩に触れます・・・・。

レビュー・解説

美しいイタリアの田舎で家族とともに過ごす17歳の少年の夏休みと、年上の青年へのほろ苦い初恋を、一種、爽やかに描く、没入感の高い脚本と共感度の高い演出が素晴らしい作品です。

 

美しいイタリアの村で家族と過ごす17歳の少年の夏休みと年上の青年へのほろ苦い初恋

f:id:DaysLikeMosaic:20190202004914j:plain

イタリアの小さな村が舞台

ミラノの東20〜30キロほどにある、クレマという小さな村が舞台です。海外旅行で大都市や名所旧跡を訪れることはあっても、観光名所でも何でもない小さな村を訪れることなかなかありません。そういう意味では、北イタリアの田舎を垣間見ることができる、非常に興味深いロケ地です。実はこの村は、「場所もキャラクターである」と言うルカ・グァダニーノ監督が暮らすホームタウンで、彼は知り尽くした村を活かしながら、見事に主題に絡め、魅力的に撮影しています。

 

当初、この作品はジェームズ・アイヴォリールカ・グァダニーノの共同脚本で、ジェームズ・アイヴォリーが監督、シチリアを舞台にシャイア・ラブーフ、グレタ・スカッキら出演でという構想でした。しかし、予算内に収まらないことがわかり、最終的にイタリアを知り尽くしたルカ・グァダニーノに監督のお鉢が回ってきました。彼は低予算で効果を出すべく、知り尽くしたホームタウンを舞台に選んだわけですが、何の変哲もない村を舞台にこれだけのものを見せるその手腕は、見事としか言いようがありません。

ゲイ・ロマンスを描いたわけではない?

原作者のアンドレ・アシマンはストレートで、何も知らない自分がゲイに関する性的描写を書いていいのだろうかと自問しながら書いたそうですが、

は、いずれもオープン・ゲイという強力な布陣です。興味深いのは、全裸撮影を許さないティモシー・シャラメアーミー・ハマーの出演契約に不満を漏らすなど、ゲイのセクシャリティの描写にこだわったジェームズ・アイヴォリーに対して、ルカ・グァダニーノは必ずしもゲイのセクシャリティの描写を追求しておらず、本作では

といった演出がなされています。ゲイの映画製作者の中でも様々なスタンスがある中、ルカ・グァダニーノ監督のしっかりとしたアプローチが、ストレートにもゲイにも共感が得られる作品を実現していることがわかります。

性的指向に関わらず質の高い作品が実現する時代

本作の前年に公開され、第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞を受賞した「ムーンライト」は、

  「ムーンライト」 君の名前で僕を呼んで
トーン ダーク ライト
環境 貧困・家族崩壊・犯罪 中流・家族愛・教養
期間  少年期〜青年期のクロニクル 少年期(ひと夏)

など、異なる点もありますが、

  • 少年の満たされぬの同性愛(初恋)を描く
  • 場所と深い関わりを持つ
  • 侯孝賢ホウ・シャオシェン)監督の抒情的風景描写の影響を受けている

と、題材、描き方など基本的な部分において共通するものがあります。「君の名前で僕を呼んで」もアカデミー脚色賞を受賞し、まさに義兄弟とも言える作品です。興味深いのは、「ムーンライト」の脚本・監督を務めたバリー・ジェンキンスがストレートであることです。かつて、ストレートの監督がゲイを描いた作品はステレオタイプになりがちでした。その後、ゲイの監督がゲイを描くようになって格段にリアリティのある作品ができるようになりましたが、ストレートには共感しにくい部分もありました。それが今や、ストレートの監督が描こうが、ゲイの監督が描こうが共感度が高く、レベルも高い作品が実現するようになったことには、非常に感慨深いものがあります。

続編ができる?!

本作を完成させたルカ・グァダニーノ監督が、リチャード・リンクレイター監督の「ビフォア」シリーズや、フランソワ・トリュフォー監督がジャン=ピエール・レオの成長をフィルムに記した「アントワーヌ・ドワネル」シリーズようなクロニクル(年代記)を考えていると聞き、とてもしっくりとくるアイディアに妙に納得してしまいました。

キャラクターが素晴らしいんです。だからその後、何が起きるのか知りたくなりました。原作の最後の40ページでは、エリオとオリヴァーの人生の20年間が描かれています。(中略)続編ではないかもしれません。 この作品の登場人物すべてのクロニクルです。もしこれらの登場人物の成長が、同じ俳優の肉体を通して見ることができればとても素晴らしいです。

映画を完成させて、サンダンス映画祭で観客と一緒に観たとき、私は2つのことに気づきました。登場人物を愛しているということ、そして一緒に映画を作った人々を愛しているということです。カメラの前の役者たちも後ろのスタッフもね。この作品は壮大なストーリーを伝えているわけではありません。観客は自らの人生とリンクさせて観ることができるでしょう。大人への第一歩を踏み出したエリオを描いているから、彼自身や周囲のその後の成長物語を描くのはどうだろうと思ったのです。(中略)今回の登場人物のクロニクルを作ることによって、同じ役者やスタッフと再び組み、登場人物の成長過程を描けると考えました。そのアイデアアンドレ・アシマンに話したところ、非常に興味を持ってくれました。だから、今後の人生でいつか実現できたらいいなとは思っています。条件が揃えば、「続編」ではなく「クロニクル」(年代記)を作りたいのです。(ルカ・グァダニーノ監督)
https://www.theguardian.com/film/2017/dec/22/luca-guadagnino-call-me-by-your-name-step-inside-teenage-dreams
https://i-d.vice.com/jp/article/vbxk4d/luca-guadagnino-call-me-by-your-name-director-interview

 

原作では、エリオとオリヴァーは15年後に再会します。オリヴァーは結婚して子供がおり、教授になっています。二人はさらに5年後に会いますが、エリオの父は亡くなっています。しかし、本作がゲイ・ロマンスであることを明確に否定するルカ・グァダニーノ監督は、エリオがゲイにならないかもしれないと原作とは異なる展開も示唆しており、どのようなクロニクルになるのかは未知数です。

余談:依然として高いトランスジェンダーの壁

本作ではルカ・グァダニーノ監督の卓越したディレクションのもと、ストレートのティモシー・シャラメアーミー・ハマーが素晴らしいパフォーマンスを見せていますが、昨年、映画「Rub & Tug」のトランスジェンダー役にシスジェンダースカーレット・ヨハンソンがキャストされたことに対して、トランスジェンダー俳優やLGBTQコミュニティが猛反発、スカーレット・ヨハンソンが降板するという事件がありました。トランスジェンダー俳優らが反発した理由は、「シスジェンダーの俳優はトランスジェンダーを演じることができるのに、トランスジェンダーの俳優がシスジェンダーを演じることができないのは不公平」というものでした。

 

トランスジェンダーを描いた主な作品のキャスティング

作品名 公開年 キャスト ジェンダー
プリシラ 1994 テレンス・スタンプ  シス
ボーイズ・ドント・クライ 1999  ヒラリー・スワンク  シス
オール・アバウト・マイ・マザー 1999 アントニア・サン・フアン  シス
ヘドウィグ・アンド
・アングリーインチ
2001 ジョン・キャメロン・ミッチェル  シス
(ゲイ)
トランスアメリカ 2005 フェリシティ・ハフマン  シス
わたしはロランス 2012 メルヴィル・プポー  シス
ダラス・バイヤーズクラブ 2013  ジャン・トレド  シス
リリーのすべて 2015  エディ・レッドメイン  シス
タンジェリン 2015 キタナ・キキ・ロドリゲス
マイヤ・テイラー
トランス
アバウト・レイ 16歳の決断 2015 ダコタ・ファニング シス
ナチュラル・ウーマン 2017 ダニエラ・ベガ トランス

 

トランスジェンダーを描いた主な作品のキャスティングを見てみると、確かにシスジェンダートランスジェンダーを演じることが圧倒的に多いことがわかります。個人的な好みで言えば、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レトのパフォーマンスはシスジェンダーながら素晴らしいし、「タンジェリン」のトランスジェンダー、キタナ・キキ・ロドリゲスとマイヤ・テイラーも素晴らしいと思いますが、「ナチュラルウーマン」のトランスジェンダー、ダニエラ・ベガはリアルではあるものの少し違和感を感じます。すべての役はシスジェンダーが演じても、トランスジェンダーが演じてもいいと思っていますが、映画ファンとしては、

と思っています。トランスジェンダー役でさえシスジェンダー俳優が演じる機会が圧倒的に多い現状を見れば、トランスジェンダー俳優の起用を半ば義務付けるような圧力でもなければ、トランスジェンダー俳優の機会はなかなか増えないかもしれません。

 

ティモシー・シャラメ(エリオ・パールマン、両親と別荘で夏を過ごす17歳の少年)

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005131j:plain

ティモシー・シャラメ(1995年〜)は、ニューヨーク出身のアメリカの俳優。父はフランス人、母は元ブロードウェイ・ダンサーで、フランスとアメリカ双方の国籍を有する。フランス在住の姉も俳優。幼少の頃から一年の1/3以上をフランスで過ごし、フランス語に堪能。原作のエリオは英語のイタリア語のバイリンガルだが、本作ではティモシーに合わせて、英語、イタリア語、フランス語のトリリンガルの設定に書き換えられている。幼少の頃からコマーシャルに出演、2008年に短編映画、2009年にテレビ映画にデビュー。ルカ・グァダニーノ監督によって本作の主演に抜擢され、第90回アカデミー主演男優賞にノミネートされている。

 

アーミー・ハマー(オリヴァー、エリオの父に招待され夏をともに過ごす大学院生)

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005147j:plain

アーミー・ハマー(1986年〜)は、サンタモニカ出身のアメリカの俳優。「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)、「Sorry to Bother You」(2018年)、「Hotel Munbai」(2018年)などに出演している。

 

マイケル・スタールバーグパールマン博士、エリオの父、大学教授)

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005202j:plain

マイケル・スタールバーグ(1968年〜)は、カリフォルニア出身のアメリカの舞台、映画、テレビ俳優。ジュリアード学院ロンドン大学UCLAで演技を学ぶ。卒業後より舞台俳優として活動し、トニー賞にもノミネートされる。映画では「ワールド・オブ・ライズ」などに端役で出演した後、「シリアスマン」(2009年)で初主演を果たし、ゴールデングローブ賞などにノミネートされる。売れっ子俳優で、2017年に出演した「シェイプ・オブ・ウォーター」、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「君の名前で僕を呼んで」の三作がすべてがアカデミー作品賞にノミネートされている、今後が楽しみな俳優である。

 

アミラ・カサール(右、アネラ・パールマン、エリオの母、何ヶ国語も話す翻訳家)

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005315j:plain

アミラ・カサール(1971年〜)は、ロンドン出身の女優。10代の頃よりフランスを拠点に女優として活動している。クルド人の父親とロシア人の母親を持ち、イギリスやアイルランドで育つ。14歳のときに写真家のヘルムート・ニュートンに見出され、シャネルやジャンポール・ゴルチェのモデルとして活躍しながら、パリで演劇を学ぶ。「父を殺した理由」(2001年)、「The Forbidden Room」(2015年)、「永遠の門 ゴッホの見た未来」などに出演している。

 

エステール・ガレル(マルシア、近隣に住むフランス人の少女) 

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005217j:plain

エステール・ガレル(1991年〜)は、パリ出身のフランスの女優。父が映画製作者、母は女優、兄、祖父も俳優。2001年、父の監督する作品で長編映画デビュー。「メゾン ある娼館の記憶」(2011年)、「つかのまの愛人」(2017年)などに出演している。

 

アンドレ・アシマン(左、ムニール)とピーター・スピアーズ(中央、アイザック

f:id:DaysLikeMosaic:20190202005941j:plain

ゲイ・カップルとして登場する二人は、本作の原作者(アンドレアンドレ・アシマン)とプロデューサー(ピーター・スピアーズ)。

 

エリオ着用のサングラス

レイバンのウェイファラー(現在のRB2140相当)
「卒業白書」(1983年)でトム・クルーズ着用と同型

レイバン サングラス RB2140(Amazon

オリヴァー着用のサングラス

トータスのペルソール

ペルソール 0PO0714 54 24/31(Amazon

エリオ着用のTシャツ

Talking Heads T-Shirt(Amazon

エリオ使用のデイパック

バックパック Invicta – Jolly III(Amazon) 

サウンドトラック

 「君の名前で僕を呼んで」オリジナル・サウンドトラックCD

iTunesで聴く*3 Amazonビデオで観る*4

1 Hallelujah Junction - 1st movement -
  by John Adams

2 M.A.Y. in the Backyard by 坂本龍一
3 J'adore Venise by Loredana Berte
4 Paris Latino by Bandolero
5 Sonatine bureaucratique by Frank Glazer
6 Zion hört die Wächter singen (From
"Cantata Wachet auf, ruft uns die Stimme",
  BWV 140) b
y Alessio Bax
7 Lady Lady Lady
  by Giorgio Moroder & Joe Esposito

8 Une barque sur l'océan from Miroirs
  by Andre Laplante
9 Futile Devices (Doveman Remix)
  by スフィアン・スティーヴンス

10 Germination by 坂本龍一
11 Words by F.R. David
12 È la vita by Marco Armani
13 Mystery of Love
  by スフィアン・スティーヴンス

14 Radio Varsavia by フランコ・バッティアート
15 Love My Way by The Psychedelic Furs
16 Le jardin féerique from Ma mère l'Oye
  by Valeria Szervánszky & Ronald Cavaye
17 Visions of Gideon
  by スフィアン・スティーヴンス

撮影地(グーグルマップ)

 

 「君の名前で僕を呼んで」のDVD(Amazon

関連作品

君の名前で僕を呼んで」の原作本Amazon

  アンドレ・アシマン著「君の名前で僕を呼んで

 

ルカ・グァダニーノ監督作品のDVD(Amazon

  「ミラノ、愛に生きる」(2009年)

  「胸騒ぎのシチリア」(2015年)

 

ジェイムズ・アイヴォリー監督・脚本作品のDVD(Amazon) 

  「ボストニアン」(1984年):監督

  「眺めのいい部屋」(1986年):監督

  「モーリス」(1987年):監督・脚本 

  「ハワーズ・エンド」(1992年)

  「日の名残り」(1993年):監督・脚本

 

マイケル・スタールバーグ出演作品のDVD(Amazon

  「シリアスマン」(2009年):Amazonビデオ

  「ヒューゴの不思議な発明」(2011年)

  「セブン・サイコパス」(2012年)

  「リンカーン」(2012年)

  「スティーブ・ジョブズ」(2015年)

  「メッセージ」(2016年)

ドクター・ストレンジ」(2016年)

  「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年)

   「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(2017年)

 

LGBTを描いた映画Amazon

  「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004年)

  「ミルク」(2008年)

  「キッズ・オールライト」(2010年)

  「アデル、ブルーは熱い色」(2013年)

  「パレードへようこそ」(2014年)

  「人生は小説よりも奇なり」(2014年)

  「キャロル」(2015年)

  「タンジェリン」(2015年)

  「ムーンライト」(2016年)

  「BPM ビート・パー・ミニット」(2017年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp