夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

アメリカ映画

「エターナル・サンシャイン」:知的で創造的な脚本と、擬人化された内面世界の魅力的な演出に、切なくも興味深い恋愛の現実が心に響く

「エターナル・サンシャイン」(原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind)は、2004年公開のアメリカのロマンティック・コメディ&ドラマ映画です。チャーリー・カウフマン脚本、ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレットら出…

「スウィート17モンスター」:少女の一大事を等身大に描くリアルな脚本と、ヘイリー・スタインフェルドの演技が光る、高品質のコメディ

「スウィート17モンスター」(原題:The Edge of Seventeen)は、2016年公開のアメリカのヒューマン・コメディ&ドラマ映画です。ケリー・フレモン・クレイグ監督・脚本、ヘイリー・スタインフェルド、ウディ・ハレルソン、キーラ・セジウィック、ブレイク・…

「ギリシャに消えた嘘」:アテネ、クレタ島、イスタンブールと異国情緒溢れる舞台に個性派俳優が際立つ、ハイスミス原作のサスペンス映画

「ギリシャに消えた嘘」(原題:The Two Faces of January)は、2014年公開のアメリカ・イギリス・フランス合作のサスペンス映画です。パトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」を原作に、ホセイン・アミニ監督・脚本、ヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・…

「ラ・ラ・ランド」:ハリウッドでの夢と成功と切ない恋を溢れる思い、確かな演出、力強い演技で描く現代的で瑞々しいミュージカル映画

「ラ・ラ・ランド」(原題: La La Land)は、2016年公開のアメリカのミュージカル映画です。デミアン・チャゼル監督・脚本、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーンら出演で、ロス・アンジェルスを舞台にジャズ・バーのオーナーを夢見る男と、女優を夢見る女…

「その名にちなんで」:移民一世と二世のインドとアメリカを繊細な内面描写で描き、肯定的で成熟度の高い、穏やかで美しい家族ドラマ

その名にちなんで」(原題:The Namesake)は、2006年公開のインド・アメリカ合作のドラマ映画です。新人作家として極めて異例なピューリッツァー賞を受賞したインド系米国人女性作家ジュンパ・ラヒリがインドから米国に移民した家族を描いた2003年発表の同…

「幸せなひとりぼっち」:偏屈で頑固な老人のラブ・ストーリーを核に、近隣の人々との繋がりを絶妙なドラマとコメディのバランスで描く

「幸せなひとりぼっち」(原題:En man som heter Ove、英題:A Man Called Ove)は、2015年公開のスウェーデンのコメディ&ドラマ映画です。フレドリック・バックマンの同名小説を原作に、ハンネス・ホルム監督・脚本、ロルフ・ラスゴード、イーダ・エング…

「パニック・フライト」:心理描写とアクションが融合、閉空間の恐怖を描き、成長著しい二人の主演俳優の演技を満喫できるサイコスリラー

「パニック・フライト」(原題:Red Eye)は、2005年公開のアメリカの心理サスペンス&アクション映画です。ウェス・クレイヴン監督、レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィーら出演で、ダラス発マイアミ行きの深夜フライトでテロリストによる政府高…

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:赤狩りのブラックリストに載せられ、激しい弾圧を受けながらも信念で戦い抜いた脚本家を描く

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(原題: Trumbo)は、2015年公開のアメリカの伝記ドラマ映画です。ブルース・クックの評伝「Dalton Trumbo」を原作に、ジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレンら出演で、…

「モアナと伝説の海」:3DCGのスペクタクルなアクションと豊かな表現力、心に響く楽曲で少女の冒険を描く、ディズニー王道の娯楽アニメ

「モアナと伝説の海」(原題: Moana)は、2016年公開のアメリカの3DCGアニメによるスペクタクル・アドベンチャー映画です。ロン・クレメンツ/ジョン・マスカー監督が、数々の伝説が残る南の島で生まれ育ち、海と運命的な絆で結ばれている少女の神秘に満ちた…

「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」:インド洋で遭難した老ヨットマンの孤独な戦いを、役者ひとり、セリフなしでスリリングに描く

「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」(原題:All Is Lost)は、2013年公開のアメリカの海洋サバイバル&ヒューマン・ドラマ映画です。J・C・チャンダー監督・脚本、ロバート・レッドフォード独演で、大自然の猛威にさらされる中、海上でのサバイバルを…

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」:ワトソンは何故、虚像で花道を飾ったのか?他に類を見ない感動のミステリー&ヒューマン・ドラマ

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」(原題: Mr. Holmes)は、2015年公開のイギリス・アメリカ合作のミステリー&ヒューマン・ドラマ映画です。ミッチ・カリンの小説「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」(2005年)を原作に、ビル・コンドン監督、イアン・…

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」:しゃべるアライグマや樹木のヒューマノイドが登場、暖かみあるSFアクション&アドべンチャー

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(原題:Guardians of the Galaxy)は、2014年公開のアメリカのSFアクション&アドベンチャー映画です。マーベル・コミックの「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」を原作に、ジェームズ・ガン監督、クリス・プ…

「ドクター・ストレンジ」:オスカー級俳優、グローバルな舞台、ダイナミックな視覚効果で魔術を描き、神秘世界を開拓するマーベルの大作

「ドクター・ストレンジ」(原題:Doctor Strange)は、2016年公開のアメリカのSFファンジー&アクション映画です。「マーベル・コミック」のヒーローである「ドクター・ストレンジ」の実写映画化作品で、スコット・デリクソン監督、ベネディクト・カンバー…

「ミッドナイト・スペシャル」:超能力を持つ息子の両親とその友人、利害関係者を通し愛情、友情、信念の形を描く寓話的SFファンタジー

「ミッドナイト・スペシャル」は、2016年公開のアメリカのSFファンタジー&ドラマ映画です。ジェフ・ニコルズ監督・脚本、マイケル・シャノン、ジョエル・エドガートン、キルステン・ダンストら出演で、実の父親が超能力を持つ息子をカルト教団から誘拐、友…

「ジャンゴ 繋がれざる者」:大胆な設定と巧みな脚本でアメリカ映画のタブーに挑戦、タランティーノ監督の最大ヒット作となった西部劇

「ジャンゴ 繋がれざる者」(原題:Django Unchained)は、2012年公開のアメリカの西部劇映画です。クエンティン・タランティーノ監督・脚本、ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツら出演で、ドイツ人の賞金稼ぎに助けら…

「ピートと秘密の友達」:美しい大自然と夢のようなドラゴン伝説が実写とVFXでオーバーラップする、良質のディズニー冒険ファンタジー

「ピートと秘密の友達」(原題: Pete's Dragon)は、2016年公開のアメリカの冒険ファンタジー映画です。マルコム・マーモスタイン脚本の「ピートとドラゴン」(1977年)を原作に、デヴィッド・ロウリー監督、ブライス・ダラス・ハワード、オークス・フェグリ…

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」:豪華キャストが凄すぎる、訳あり熟年がインドで第二の人生に悪戦苦闘する群像劇コメディ

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(原題:The Best Exotic Marigold Hotel)は、2012年公開のイギリス・アメリカ・アラブ首長国連邦合作のコメディ&ドラマ映画です。2004年発表のデボラ・モガーの小説「These Foolish Things」を原作に、ジョン・…

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」:大学の先輩や仲間との希望に満ちた新生活の始まりをヴィヴィッドに描く秀作

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」(原題:Everybody Wants Some!!)は、2016年公開のアメリカのコメディ映画です。リチャード・リンクレイター監督が自身の記憶を色濃く反映した「バッド・チューニング」(1993年)、「6才のボク…

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」:アラフォー元祖拗らせ女子をレネー・ゼルウィガーが好演するシリーズ最新作

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(原題:Bridget Jones's Baby)は、2016年公開のイギリス・アメリカ・フランス合作のロマンティック・コメディ映画です。シャロン・マグワイア監督、レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パト…

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」:気鋭の若手俳優が勢揃いした対戦型格闘ゲーム風アクション&ロマンティック・コメディ

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」(原題: Scott Pilgrim vs. the World)は、2010年公開のアメリカのバトルアクション&ロマンティック・コメディ映画です。カナダで爆発的な人気を誇るブライアン・リー・オマリーのコミック「スコット・ピル…

「ドント・ブリーズ」:サム・ライミの流れを汲みながら少ない流血で超自然現象に依存せず、緊迫感溢れるプロットと演出が魅力のホラー

「ドント・ブリーズ」(原題: Don't Breathe)は、2016年公開のアメリカのサスペンス&ホラー映画です。フェデ・アルバレス監督、フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス共同脚本、ジェーン・レヴィ、ディラン・ミネット、ダニエル・ゾヴァット、スティーヴン・…

「君とボクの虹色の世界」:愛を求める人々を女性監督の視点で描いた、ポップでオフビート感たっぷりのやさしさ漂う群像劇風コメディ

「君とボクの虹色の世界」(原題:Me and You and Everyone We Know)は、2005年公開のアメリカのコメディ&ドラマ映画です。ミランダ・ジュライ監督・脚本、ミランダ・ジュライ、ジョン・ホークスら出演で、アーティストを夢見ながら高齢者タクシーの運転手…

「僕の大切な人と、そのクソガキ」:アメリカの離婚・再婚の日常的風景を、オスカー級俳優のナチュラルな演技で描くヒューマン・コメディ

「僕の大切な人と、そのクソガキ」(原題:Cyrus)は、2010年公開のアメリカのヒューマン・コメディ映画です。デュプラス兄弟監督・脚本、 ジョン・C・ライリー、ジョナ・ヒル、マリサ・トメイ、 キャサリン・キーナーら出演で、理想の女性と出会ったバツイ…

「スター・トレック BEYOND」:早々に母艦が墜落する大胆なプロット、個性的な俳優、絶え間ないアクションが魅力の優れたリブート作品

「スター・トレック BEYOND」(原題: Star Trek Beyond)は、2016年公開のアメリカのSF映画です。映画「スタートレック」シリーズの第13作、J・J・エイブラムスが製作を務める「ケルヴィン・タイムライン」シリーズの第3作である本作は、ジャスティン・リン…

「11:14」:真夜中に起こる5つの事件の連鎖をサスペンスフルに描いたブラック・コメディ仕立ての群像劇を、ヒラリー・スワンクが熱演

「11:14」(原題: 11:14)は、2003年公開のアメリカのサスペンス&ダーク・コメディ群像劇映画です。グレッグ・マルクス監督、ヒラリー・スワンク、パトリック・スウェイジら出演で、夜の11:14に錯綜する5つの事件の連鎖を描いています。 「11:14」のDVD(A…

「ザ・ギフト」:しっかりとした脚本、自然でメリハリの効いた説得力ある演出と俳優のパフォーマンスによる、完成度の高いサスペンス

「ザ・ギフト」(原題: The Gift)は、2015年公開のアメリカのサイコ・スリラー映画です。ジョエル・エドガートン監督・脚本・出演・製作、ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホールら出演で、平穏な毎日を過ごしていた若い夫婦が、夫の旧友との再会を機に…

「アイ・ウェイウェイは謝らない」:中国の言論統制と戦う一人の芸術家、活動家を通して、様々なことを問いかける優れたドキュメンタリー

「アイ・ウェイウェイは謝らない」(原題:Ai Weiwei: Never Sorry)は、2012年の公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。アリソン・クレイマン監督が、中国を代表する現代芸術家として存在感を発揮する一方、自国に対して痛烈な批判を繰り返すことでも…

「ソーセージ・パーティー」:個性的な食材キャラ、乱交あり、宗教、人種、中東ネタあり、下ネタ満載、こだわりのR指定爆笑CGアニメ

「ソーセージ・パーティー」(原題:Sausage Party)は、2016年公開のアメリカの3DCGアニメーション映画です。コンラッド・ヴァーノン/グレッグ・ティアナン監督、セス・ローゲン共同脚本、セス・ローゲン、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒルら声の出演で、…

「マンハッタン」:ほろ苦いニューヨーカーの恋愛模様を美しいモノクロ映像で描く、ウディ・アレンの代表的ロマンティック・コメディ

「マンハッタン」(原題:Manhattan)は、1979年公開のアメリカのロマンティック・コメディ&ドラマ映画です。ウディ・アレン監督・共同脚本・主演、ダイアン・キートン、マリエル・ヘミングウェイ、メリル・ストリープら出演で、ニューヨーク、マンハッタン…

「ハドソン川の奇跡」:リアリティへのこだわり、事実を適確に押さえた感動的展開、ベテラン俳優の確実で質の高いパフォーマンスが際立つ

「ハドソン川の奇跡」(原題: Sully)は、2016年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。2009年に起こったUSエアウェイズ1549便不時着水事故に関する自伝、チェスリー・サレンバーガーの「機長、究極の決断」を原作に、クリント・イーストウッド監督、…