夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ミッドナイト・スペシャル」:超能力を持つ息子の両親とその友人、利害関係者を通し愛情、友情、信念の形を描く寓話的SFファンタジー

「ミッドナイト・スペシャル」は、2016年公開のアメリカのSFファンタジー&ドラマ映画です。ジェフ・ニコルズ監督・脚本、マイケル・シャノンジョエル・エドガートンキルステン・ダンストら出演で、実の父親が超能力を持つ息子をカルト教団から誘拐、友人と妻と共に追手から逃れて息子の目指す場所へ向かう姿を描いています。

 

 「ミッドナイト・スペシャル」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:ジェフ・ニコルズ
脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノン(ロイ・トムリン、教団の信者、教団から息子を誘拐する)
   ジョエル・エドガートン(ルーカス、ロイの幼馴染、元州警察官、ロイを助ける)
   キルステン・ダンスト(サラ・トムリン、ロイの妻、教団に息子を奪われた)
   ジェイデン・リーバハー(アルトン・メイヤー、超能力者、ロイとサラの息子)
   アダム・ドライバー(ポール・セヴィア、NSAの分析官、仕事熱心で純粋)
   サム・シェパード(カルヴィン・メイヤー、カルト教団の牧師、アルトンの養父)
   ほか

 あらすじ

  • ロイ・トムリン(マイケル・シャノン)とその友人、ルーカス(ジョエル・エドガートン)は、8歳のアルトン・メイヤーがロイ・トムリンに誘拐されたというニュースをモーテルで見ています。アルトン(ジェイデン・リーバハー)はモーテルの床の上で遊んでいます。
  • テキサスのあるカルト教団の農場では、カルヴィン・メイヤー牧師(サム・シェパード)が、アルトンを取り戻すために二人の教徒を送り出します。やがて、教団の集会にFBIが乗り込み、NSAの分析官ポール・セヴィア(アダム・ドライバー)は、暗号化されて衛星回線で送られた数字が何故、牧師の説教に出てくるのか、カルヴィンに尋ねます。カルヴィンはアルトンが口走った意味不明の言葉だと答えます。メイヤーが養父となって教団がアルトンを育て、母は教団を出たこと、ロイがアルトンの実父であることも明らかになります。
  • 州警察との撃ち合いの後、ロイとルーカスは、元信者の男の家に匿ってもらいます。ロイとルーカスは、夜中に地震のような揺れを感じて目覚め、ドアを破ってアルトンの部屋にはいると、アルトンと男の目がまばゆい光線が結ばれ、二人が交信しているのを目撃します。ロイは男を倒し、光に弱いアルトンを覆い隠します。彼らは男のバンに乗り、アルトンが啓示する場所を目指します。教団はアルトンの向かう先を知っているようでしたが、FBIは必死に三人を探します。
  • 立ち寄ったガソリンスタンドで、アルトンが引き寄せるかのように隕石群が降り注ぎます。三人はサラ・トムリン(キルステン・ダンスト)の家に着き、息子のアルトンと再会したサラは大喜びします。ガソリンスタンドに降り注いだのは軍の衛星であることが、ニュースで明らかになります。警察が衛星を使って追跡したので破壊したと、アルトンは言います。
  • サラも加わり4人は逃亡を続けますが、アルトンはだんだんと弱っていきます。アルトンは、陽の光に当てて欲しいとロイを説得します。朝日を浴びるとアルトンの目が光り、巨大なドームが二人を包みます。一足先にモーテルに向かったサラとルーカスに合流すると、アルトンはすっかり元気になっています。アルトンは、太陽を見て自分が何物であるかわかったと言います。この世界の上にもうひとつの世界があり、自分の世界は上にある世界だと言います。ロイは、ドームの中で上の世界を垣間見たと言います。
  • 彼らがモーテルを出ると教団の追手が待ち伏せており、アルトンが連れ去られますが、すぐに警察に保護されます。アルトンは政府の施設に連れて行かれヒアリングを受けますが、アルトンはセヴィア以外には話さないと主張します。アルトンの超能力を目の当たりにしたセヴィアは、アルトンが両親の元に戻るのを助けます。アルトンの目的地を解読したセヴィアは、フロリダにある目的地の周囲5マイルに非常線が張られていると、アルトンら4人に警告します・・・。

レビュー・解説

超能力を持つ息子の両親とその友人、カルト教団、政府の分析官らを通して、親の愛情、友情、信念のあり方を、ミスリアスな演出と実力派俳優による人間味溢れるパフォーマンスで描く、寓話的SFファンタジーです。

 

未知との遭遇」(1977年)や「E.T.」(1982年)など1980年代のSF映画を観て育ったジェフ・ニコルズ監督が当時のテイストのSF映画を作ろうと思った時に、夜に南部の裏道を車で走る二人の男のイメージが浮かんだと言います。この時点で後部座席に子供がいるかどうかは不確かでしたが、ニコルズ監督は親子関係を絡めてこのイメージを発展させていきます。冒頭、少年の誘拐を報じるニュースが流れる中、目張りを外して日が落ちたことを確認した男が「行くぞ」と声をかけ、身支度をするもう一人の男とシーツをかぶってコミックを読んでいる少年が映し出されます。暗がりの中、三人は車に乗って夜の道を走り出します。二人の男は誘拐した少年の実父とその友人です。彼らは、政府やカルト教団から逃れて少年をある場所に送り届けようとしてますが、少年が陽の光に弱い為、夜間に移動するしかありません。原題「Midnight Special」はかつて南部を走っていた夜行列車の名前で、刑務所からこの列車の灯りが見えると釈放が近いと歌うフォークソングの題名にもなっています。アルトンらの夜の逃避行と、解放を暗示するタイトルですが、わくわくする出だしです。

 

アルトンが陽の光に弱い為、逃避行では夜間に移動する

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211100j:plain

 

暗号解読のシーンなどはあるものの、本作は少年の超能力や少年が目指すパラレルワールドを科学的合理性で追求するようなハードSFではありません。少年の両親とその友人、カルト教団の牧師、政府の分析官らを通して、親子、友人、組織と個人、信念といったものを描く寓話的なSFファンダジーですが、ミスリアスな演出と実力派俳優による人間味溢れるパフォーマンスで、寓話的でありながら娯楽性が感じられる作品です。

 

アルトンに超能力を見出した教団はこれを利用する為に彼を牧師の養子にし、教団で育てます。信者がアルトンの実母が育児放棄したので教団で育てた証言しますが、サラは育児放棄するような母親には見えません。ロイは教団に残りましたが、養子に出すことに耐えられなかったサラは教団に残ることができなかったというのが真相です。しかし、アルトンの意思を無視しあくまでも利用しようとする教団に我慢できなくなったロイは、自分の息子を「誘拐」します。一方、アルトンの超能力に気づいた政府はアルトンを追跡します。政府はアルトンの超能力が脅威ならばこれを封じ、役立つならば利用しなければなりません。

 

サム・シェパード(カルヴィン・メイヤー、カルト教団の牧師、アルトンの養父)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211114j:plain

サム・シェパード(1943年〜)は、イリノイ出身のアメリカの劇作家、俳優。戯曲「埋められた子供」(1979年)でピューリツァー賞を受賞、「ライトスタッフ」(1982年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされる。本作では知的で精悍な老牧師を演じ、邪悪さを見せずに誤った信念の怖さを醸し出す。

 

ジェイデン・リーバハー(アルトン・メイヤー、超能力者、教団の子として育てられる)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211127j:plain

ジェイデン・リーバハー(2003年〜)はアメリカの俳優。2013年に映画デビュー、「ヴィンセントが教えてくれたこと」(2014年)のパフォーマンスが注目され、様々な若手俳優賞にノミネートされ、いくつか受賞している。

 

やがて両親は、息子がパラレルワールドに目指していることを知り、息子に二度と会えなくなることを悟ってショックを受けますが、それを受け入れ、必死に息子の願いを叶えようとします。ここに、「子供をコントロールするのではなく、子供が自分であることを助けるのが親の務め」というニコルズ監督のメッセージが込められています。

 

マイケル・シャノン(ロイ・トムリン、教団の信者、教団に奪われた息子を連れ出す)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211143j:plain
マイケル・シャノン(1974年〜)は、ケンタッキー出身のアメリカの俳優。ロックバンドのPVでデビュー、シカゴで舞台に立つようになる。「恋はデジャ・ブ」(1993年)で映画デビュー、キャリアを重ね、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされる。「テイク・シェルター」(2011年)、「MUD -マッド-」(2012年)など、ジェフ・ニコルズ監督作品に必ずと言ってよいほど出演している。

 

キルステン・ダンスト(サラ・トムリン、ロイの妻、教団に息子を奪われた元信者)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211157j:plain

キルスティン・ダンスト(1982年〜)は、ニュージャージー出身のアメリカの女優。3歳でCMに出演、1989年に映画デビュー、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994年)でゴールデングローブ助演女優賞にノミネートされる。「スパイダーマン」シリーズ(2002年 - 2007年)のヒロインを務め、「メランコリア」(2011年)でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。本作では、優しいがどこかしら弱さを感じる母親役を好演。等身大の女性をノーメイクで見事に演じ、さらなるスケールアップの可能性を感じる。

 

元州警察官のルーカスはロイの幼馴染で、ロイが両親に連れられて教団に引っ越してから交友がなかったものの、数日前にロイに助けを求められ、アルトンの超能力を目の当たりにして全てを投げ打ってロイを助けようとします。この貴重な友人は最初からニコルズ監督のイメージの中にあった男で、本作ではロイと共に最後まで登場します。ニコルズ監督が友の存在を非常に重視していることがわかります。

 

ジョエル・エドガートン(ルーカス、ロイの幼馴染、元州警察官、ロイを手助けする)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211215j:plain

ジョエル・エドガートン(1974年〜)は、オーストラリア出身の俳優、脚本家、映画監督。「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(2002年)、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(2005年)への出演で、一躍、有名になる。「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012年)、「華麗なるギャツビー」(2013年)と、大作の助演でしっかりとした印象を残す実力派。2010年頃から脚本も書いており、「ザ・ギフト」(2015年)で長編映画監督デビューと、活動の幅を広げている。

 

本作では教団も政府も誤った信念を持った人間の集団のように描かれています。しかし、NSAの分析官セヴィアはアルトンの目的地を解読するものの、アルトンの超能力を目の当たりにし、彼が親元に帰るのを密かに手助けします。セヴィアは組織にありながらも、人間らしさを失わない好青年です。一方、三人が最初に立ち寄った家でアルトンを利用しようとしてロイに倒される元教団の男は邪悪で、信念や行動の是非は組織にあるのではなく個人にあることを示しています。

 

アダム・ドライバー(ポール・セヴィア、NSAの分析官、組織の信念に毒されていない)

f:id:DaysLikeMosaic:20170616211236j:plain

アダム・ドライバー(1983年〜)は、サンディエゴ出身のアメリカの俳優。TVドラマシリーズ「GIRLS/ガールズ」に主人公の恋人役で出演、2013年〜2015年にエミー賞にノミネートをされる。「リンカーン」(2012年)、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013年)、「ヤング・アダルト・ニューヨーク」(2014年)、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)、「沈黙 -サイレンス-」(2016年)と高評価の映画に出演し続けている。本作ではNSAの分析官を好演、彼の器用さがわかりやすいはまり役。

「上の世界」が意味するもの

ニコルズ監督の作品は個人的体験に触発されていますが、それとわかるようには制作しません。例えば、前作「テイク・シェルター」(2011年)は世界金融危機の社会不安と、結婚生活の将来への不安に触発されていますが、彼は社会不安を巨大竜巻への不安に置き換え、不安感が家庭生活を脅かすという見事なサイコ・スリラーに仕上げています。結婚したばかりの映画製作者にとって、大不況は彼の家庭生活を脅かす死活問題だったわけですが、映画を見る限りそんなことは全く感じられません。知ればより深く解釈できますが、知らなくても十分に楽しめます。

 

この映画も彼の個人的な体験に触発されています。結婚後、ニコルズ監督は息子に恵まれますが、その子が生後8ヶ月の時にひどい熱性けいれんを起こします。熱性けいれんは、子供によく見られるけいれんで、発熱は38℃以上、身体を硬くして手足をガタガタ震わし、顔色が悪くなり、白目をむき、意識障害を起こすこともあります。ニコルズ監督はこの体験について、次のように語っています。

それは妻と私にとって恐ろしい瞬間でした。私は子供を病院に担ぎ込みましたが、このまま死んでしまうのではないかと思いました。

私はこの時、息子の生死に関して全く為す術を持たないという現実を突きつけられました。息子がどんな人間になるかについて、為す術を持たないのです。これは私を恐怖に陥れました。わたしはその恐怖と息子への愛、なりたての父親が気持ちのすべてをこの映画に込めました。(ジェフ・ニコルズ監督)

この話を踏まえると、ニコルズ監督は本作で熱性けいれんを超能力に置き換えていることがわかります。超能力がポジティブなものなのか、ネガティブなものなのかは未知ですが、親が為す術を持たないのは熱性けいれんと同じです。

 

超能力を持つアルトンは、自分は「上の世界」に属すると言います。「上の世界」がどのようなものかについてあまり語られていませんが、アルトンの味方であること、行ったり来たりはできないことが示唆されています。この「上の世界」をアルトンが自らの超能力を自分の為に活かすことができるレベルの高い世界と捉えることもできますが、同時に天国の比喩と捉えることもできます。荒っぽい言い方をすれば、もはや超能力を持つことがなく、この世界に戻ることがない点において、この二つは同じことです。ニコルズ監督はそうとわかるようには作っていませんが、子供の生死に関して全く為す術を持たない親の愛と希望を、「上の世界」と「天国」の二重性に託したものと思われます。

撮影地(グーグルマップ)

 「ミッドナイト・スペシャル」のDVD(Amazon

関連作品 

ジェフ・ニコルズ監督xマイケル・シャノンxジョエル・エドガートンのコラボ作品

  「ラビング 愛という名前のふたり」( 2016年)

 

ジェフ・ニコルズ監督xマイケル・シャノンのコラボ作品のDVD(Amazon

    「ショットガン・ストーリーズ」(2007年)・・・輸入版、日本語なし

  「テイク・シェルター」(2011年)

  「MUD -マッド-」(2012年)

 

マイケル・シャノン出演作品のDVD(Amazon

  「その土曜日、7時58分」(2007年)

  「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」(2014年)

 

ジョエル・エドガートン出演作品のDVD(Amazon

  「アニマル・キングダム」(2010年)

  「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012年)

  「華麗なるギャツビー」(2013年)

  「ザ・ギフト」(2015年)

 

キルステン・ダンスト出演作品のDVD(Amazon

  「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」(1997年)

  「スパイダーマン」(2002年)

  「エターナル・サンシャイン」(2004年)

スパイダーマン2」(2004年)

  「ギリシャに消えた嘘」(2014年)

  「ドリーム」(2016年)・・・輸入版、日本語なし

 

アダム・ドライバー出演作品のDVD(Amazon

  「リンカーン」(2012年)

  「フランシス・ハ」(2012年)

  「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013年)

  「奇跡の2000マイル」(2013年)

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」(2014年)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)

  「沈黙 -サイレンス-」(2016年)

  「パターソン Paterson」(2016年)・・・輸入版、日本語なし

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る 

ミッドナイト・スペシャル(字幕版)

ミッドナイト・スペシャル(字幕版)

  • Jeff Nichols
  • SF/ファンタジー
  • ¥1800

*2:本文に戻る