夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「17歳の肖像」:キャリー・マリガン主演、イギリスのジャーナリストの自叙伝に基づく快心のヒット作

17歳の肖像」(原題:An Education)は、2009年公開のイギリスのドラマ映画です。リン・バーバーの自叙伝を原作に、ロネ・シェルフィグ監督、キャリー・マリガン主演で、勉強一筋だった多感な年頃の優等生のヒロインが年上の男性との出会いを経て、大人になってゆく様を描いています。第82回アカデミー賞の作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品です。

 

 「17歳の肖像」のDVD(Amazon

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:ロネ・シェルフィグ
脚本:ニック・ホーンビィ
原作:リン・ハーパー
   "An Education: My Life Might Have Turned Out Differently If I Had Just Said No"
出演:キャリー・マリガン(ジェニー・メラー)
   ピーター・サースガード(デイヴィッド・ゴールドマン)
   ドミニク・クーパー(ダニー)
   ロザムンド・パイク(ヘレン)
   エマ・トンプソン(ウォルターズ校長 )
   アルフレッド・モリーナ(ジャック・メラー:ジェニーの父)
   カーラ・シーモア(マージョリー・メラー、ジェニーの母)
   オリヴィア・ウィリアムズ(スタッブズ先生)
   ほか

あらすじ

1961年、中流家庭の一人娘で16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は、ロンドン郊外のトゥイッケナムの学校に通っています。父・ジャック(アルフレッド・モリーナ)と、母・マージョリー(カーラ・セイモア)は、成績優秀なジェニーがオックスフォード大学に進学することを期待しています。楽団でチェロを弾き、フランスに憧れ、ロマンティックな恋を夢見、勉強の合間にこっそりシャンソンのレコードを聴いては厳しい父に叱られるジェニーは、大学に入れば自由に好きな事ができると信じていました。楽団の練習の帰り道、どしゃぶりの雨に見舞われたジェニーは、高級車を運転する見知らぬ男性から「君のチェロが心配だ」と声をかけられます。彼はジェニーとは倍以上に年が離れていますが、自宅までのほんの僅かな距離を行く間に、紳士的な態度と柔らかな物腰、ウィットと教養に富んだ言葉がジェニーの心を捉えます。それがデイヴィッド(ピーター・サースガード)との出会いでした。数日後、ジェニーは街角でデイヴィッドを見かけて声をかけ、デイヴィッドが彼女を音楽会と夕食に誘うと、ジェニーは喜んで応じます。デイヴィッドの友人で美術品取引の仕事仲間のダニー(ドミニク・クーパー)とその恋人ヘレン(ロザムンド・パイク)を紹介されたジェニーは、ナイトクラブや絵画のオークションに同行、洗練された大人の世界に魅了されていきます。生まれて初めて人生を楽しむことを知った彼女は、これまでの人生が色褪せたものに思え、デイヴィッドにますます恋をし、デイヴィッドもジェニーの聡明さに惹かれていきます。間もなく17歳の誕生日を迎える、初めての真剣な恋に夢中のジェニーは、重要な選択を迫られます・・・。

 レビュー・解説

成長する年頃の少女を好演するキャリー・マリガンが、苦々しい結末を迎えるこの映画にパワーを与えており、彼女の魅力がフルに楽しめるで作品です。

 

キャリー・マリガンは「プライドと偏見」の四女キティ役で映画デビュー、以降も、「ドライヴ」、「華麗なるギャツビー」、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」などのヒット作に名を連ねています。これらの大作では出番が限られていますが、「17歳の肖像」では最初から最後までキャリー・マリガンのパフォーマンスをフルに堪能できます。

 

映画は素晴らしいオープニング・クレジットで幕を開けます。多くの人にとって勉強は退屈で我慢ならないのかもしれませんが、それをなんともポップでユーモラスに表現しています。物語は、イギリスのライター、リン・ハーパーの自叙伝"An Education: My Life Might Have Turned Out Differently If I Had Just Said No"に基づいたもので、16歳〜17歳という人生の大事な時期に、家族ごと男に騙されてしまった少女の顛末を描いています。

 

主人公を演じるキャリー・マリガンは撮影時22歳、童顔の彼女はすんなりと女子高生を演じている様に見えます。10代後半は、人生の進路を決める重要な時期ですが、キャリー・マリガン自身も、大学進学が決まっていたにも関わらず、高校に来たジュリアン・フェロウズの講演を聞いて、校長に大学へ行きたくないと伝え、彼に自分の芝居への情熱を伝えて欲しいと頼みました。後にフェロウズの妻から電話があり、見込みのある若者を囲んだ夕食会に招待され、彼らに推薦で映画「プライドと偏見」での役を勝ち取りました。

 

物腰柔らかく、紳士的だが、根性なしの小悪人的な相手役を演じるピーター・サースガードは、「ニュースの天才」で注目された俳優で、「フライト・プラン」などハリウッドの大作に出演する一方で、「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」など、低予算のインディペンデント映画にも積極的に出演する俳優として知られています。デイヴィッドは難しい役ですが、ピーター・サースガード本人がそうなのではないかと思うほど、自然に演じています。

 

今では「ゴーン・ガール」で世界的に有名になったロザムンド・パイクですが、おかしなチョイ役を演じてみたいと、ヘレン役を渇望しました。実はロザムンド・パイクは、「17歳の肖像」の主人公ジャニーが目指すオックスフォードの英文科卒の才女です。キャリー・マリガンのデビュー作「プライドと偏見」では、彼女の心優しい姉役を演じています。

 

「いい男と結婚できるなら、女は大学に行かなくても良い」という、保守的・功利的な中流階級の親父を演じるアルフレッド・モリーナも素晴らしいです。言う事が極端ですが、彼が演じるとユーモラスで、オープニング・クレジットとともに、物語が深刻になりすぎないように、重要な役割を果たしています。イギリス映画ならではの味付けです。 エマ・トンプソンも、美しく威厳のある校長を演じています。彼女の出番は少なく、一日で撮影を終えたのですが、大先輩とともに演じたキャリー・マリガンは、「すばらしい、光り輝いていた」と、感激ひとしきりでした。

 

ジェニーは優秀な女子高生

f:id:DaysLikeMosaic:20160802030332j:plain

 

フランスに憧れている

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052217j:plain

 

デイヴィッドと出会う

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052226j:plain

 

楽しい場所に連れて行ってくれる

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052307j:plain

 

大人になった気分

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052319j:plain

 

憧れのパリへ

f:id:DaysLikeMosaic:20160802030348j:plain

 

バナナに処女を捧げたくないわ

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052351j:plain

 

騙されていた・・・

f:id:DaysLikeMosaic:20160729052409j:plain

 

大人になったけど、賢くなった気はしないわ

f:id:DaysLikeMosaic:20160802030405j:plain

 

朝食中、足の格好に逞しさが・・・

f:id:DaysLikeMosaic:20160802030415j:plain

 

ジェニーは、自分の欲する人生に近道はない(Jenny: The life I want, there is no shortcut.)ことを悟り、心機一転、勉強して念願のオックスフォード入学を果たします。最後の独白です。

Jenny: One of the boys I dated, and they were boys, suggested that we go to Paris and I said I'd always wanted to see Paris. As if I'd never been!

ジェニー:彼氏もうぶな男の子。彼にパリに誘われたとき、死ぬほど行きたいわと答えた、心からの演技で。

 

なかなか失敗できない昨今の管理社会ですが、本当は失敗を通して学んでいくのが、人間らしいのかもしれません。

撮影地(グーグルマップ)

ジェニーが住んでいた家

 

 「17歳の肖像」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで見る*2

動画クリップ(YouTube) 

ポップでユーモラスなオープニング・クレジット

 

両親(アルフレッド・モリーナ、カーラ・シーモア)と
ジェニー(キャリー・マリガン

JENNY: I’ve got an English essay to do by tomorrow morning.
JACK: I don’t want to hear anything through the ceiling this afternoon, apart from the sound of sweat dripping onto textbooks.
JENNY: Cello?
JACK: No cello.
JENNY: I thought we agreed that cello was my interest or hobby?
JACK: It’s already your interest or hobby. When they ask you “What’s your interest or hobby?” at your Oxford interview, you can say, “Cello”. That wouldn’t be a lie. You don’t need to practise a hobby. A hobby is a hobby.
JENNY: Or interest.
JACK: (ignoring her) You don’t need to be good at it. You just have to be interested in it.
JENNY: Can I stop going to the youth orchestra, then?
JACK: No. The orchestra shows you’re a joiner-inner. Universities like joiner-inners.
JENNY: Ah. Yes. But. I’ve already joined in. So now I can stop.
JACK: Well, if you stop, that shows the opposite, doesn’t it? That shows you’re a rebel.  They don’t want that at Oxford.
JENNY: No. They don’t want people who think for themselves.
JACK: (missing the sarcasm, as is his wont) Course they don’t.

ジェニー: 宿題は小論文よ。
ジャック:今夜は汗が本に滴る音しか聞こえないな。 
ジェニー: チェロは?
ジャック: 弾くな。
ジェニー: 私の「趣味特技」よ。
ジャック: オックスフォードの面接では役立つさ。趣味を聞かれたら「チェロ」と答えられる。だが練習は不要だ。趣味は趣味だ。
ジェニー: じゃ、楽団もやめる?
ジャック: 楽団は集団行動への適応力を証明できる。
ジェニー: 入団したことで証明済みよ。十分でしょ。
ジャック: やめたら入試ではかえって不利だ。はみ出し者とみなされる。
ジェニー: 「いい子」の大学ね。
ジャック: そうとも。 


校長(エマ・トンプソン)とジェニー(キャリー・マリガン

HEADMISTRESS: How far advanced are these ridiculous plans? Have you set a date? Have you decided on a church?
JENNY: We won’t be getting married in a church. David’s Jewish. The headmistress stares at her, dumbfounded.
HEADMISTRESS: Jewish? He’s a Jew? You’re aware, I take it, that the Jews killed our Lord?
JENNY: (beginning to feel less intimidated by her surroundings) And you’re aware, I suppose, that our Lord was Jewish?
HEADMISTRESS: I suppose he told you that. We’re all very sorry about what happened in the War. But there’s no excuse for that sort of malicious and untruthful propaganda.
HEADMISTRESS: Anyway, I can now see that you are even more in need of responsible advice than I realised. Is it true that you don’t intend to sit for your exams? And therefore you won’t be applying for University?
JENNY: Yes, that’s right.
HEADMISTRESS: What do you think you’re doing?
JENNY: Nobody has been able to explain to me the point of University. Therefore I don’t see the point of the exams, either.
HEADMISTRESS: Nobody does anything worth doing without a degree.
JENNY: And nobody does anything worth doing with one, either. No woman, anyway.
HEADMISTRESS: So what I do isn’t worth doing. Or what Miss Stubbs does, or Mrs Wilson, or any of us here. 

HEADMISTRESS: Because none of us would be here without our degrees, you realise that, don’t you? And yes, of course studying is hard, and boring, and...
JENNY: Boring!
HEADMISTRESS: I’m sorry?
JENNY: Studying is hard and boring. Teaching is hard and boring. So you’re telling me to be bored, and then bored, and then finally bored again, this time for the rest of my life. This whole stupid country is bored. There’s no life in it, or colour in it, or fun in it. It’s probably just as well that the Russians are going to drop a nuclear bomb on us any day now. So my choice is either to do something hard and boring, OR to marry my... my Jew, and go to Paris and Rome and listen to jazz and read and eat good food in nice restaurants and have fun. It’s not enough to educate us any more, Mrs Walters. You’ve got to tell us why you’re doing it.
HEADMISTRESS: Because without formal qualifications...
HEADMISTRESS: It doesn’t have to be teaching, you know. There’s the Civil Service.
JENNY: I don’t wish to be impertinent, Mrs Walters. But it is an argument worth rehearsing. You never know. Someone else might want to know what the point of it all is, one day.

校長: 計画はどこまで進行中?日取りや教会は決めたの?
ジェニー:教会ではしません。彼はユダヤ教です。
校長: ユダヤ教?ユダヤ人?私たちの主を殺した民よ。
ジェニー:主もユダヤ人です。
校長:彼の吹聴ね。戦中のユダヤ人たちには同情するわ。でも、「ユダヤ人説」は不正確で不当な宣伝よ。その前にもっと大事な忠告がある。大学を出ないと何もできないわよ。
ジェニー:大学を出ても女は何もできません。
校長: 私やほかの先生方は何もしていないと?教養があれば教師になれる。勉強はつらく退屈でも・・・
ジェニー: 退屈?
校長: 失礼?
ジェニー:勉強が退屈ってことは、教職も退屈?退屈なことをし続けて、死ぬまでで退屈しろと?この国は退屈の塊よ。味わいも喜びも無い暮らし。ロシアの核攻撃で滅びた方がマシね。退屈な人生などいらない。ユダヤ人との結婚を選ぶわ。パリやローマへ行き、ジャズを聴き、読書や豪華な食事を楽しむの。教育するなら、その意義も教えてください。
校長:教員のほかに公務員にもなれるわよ。
ジェニー: 今の疑問への答えは用意しておくべきだわ。私のような生徒はまた現れる。 

関連作品 

17歳の肖像」の原作本Amazon)

  リン・ハーパー"An Education: My Life Might Have Turned Out Differently If I Had Just Said No"

 

キャリー・マリガンの出演作のDVD(Amazon

  「プライドと偏見」(2005年)

  「ドライヴ」(2011年)

  「華麗なるギャツビー」(2013年)

  「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013年)

  

少女の性を描いた映画のDVD(Amazon

  「マイ・サマー・オブ・ラブ、イギリス」(2004年)

  「15歳のダイアリー」(2004年)

  「フィッシュ・タンク~ミア、15歳の物語」(2009年、イギリス)

  「15歳、アルマの恋愛妄想、ノルウェイ」(2011年)

  「さよなら、アドルフ、オーストラリア」(2012年)

  「アデル ブルーは熱い色、フランス」(2013年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

*1:本文に戻る

17歳の肖像(字幕版)

17歳の肖像(字幕版)

  • ロネ・シェルフィグ
  • ドラマ
  • ¥1000
17歳の肖像(日本語吹替版)

17歳の肖像(日本語吹替版)

  • ロネ・シェルフィグ
  • ドラマ
  • ¥1000

*2:本文に戻る

17歳の肖像 (字幕版)

17歳の肖像 (字幕版)