夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「RED/レッド」:引退した超危険な人達の痛快アクション

「RED/レッド」(原題:RED)は、2010年公開のアメリカの映画です。タイトルは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略で、ブルース・ウィリスらが引退したCIAエージェントに扮し、彼らを抹殺しようとする巨大な陰謀の黒幕を追い詰めていく、過激な引退世代の痛快アクション映画です。

 

  「RED/レッド」のDVD(楽天市場

iTunesで観る*1

 

監督: ロベルト・シュヴェンケ

脚本: ジョン・ホーバー

    エリック・ホーバー

原作: ウォーレン・エリス

    カリー・ハムナー

出演; ブルース・ウィリス(フランク・モーゼズ)

    モーガン・フリーマン(ジョー・マシスン)

    ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボッグス

    ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)

    メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)

    ほか

 

主人公フランク(ブルース・ウィリス)は、元CIAの腕利きのエージェントですが、現在は引退し、田舎で一人のんびりと刺激のない年金暮らしをしていました。。そんな彼の唯一の楽しみは、役所の年金の電話担当サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話でおしゃべりをすることでした。ある夜更け、家の中に3人の侵入者を察知したフランクは、最新銃火器で武装したコマンドを一人ずつ倒し、さらに家の外から容赦ない銃弾を浴びせかけてくる敵もあっさり葬り去ります。サラの家へと車を走らせたフランクは、自分はついさっき暗殺されかけ、政府監視下で電話も盗聴されていたので救いに来たとサラに話しますが、彼女は全く信じなません。二人が言い争う中、アパート前に新たな暗殺者たちが現れます。フランクはその目を逃れ、裏口から抜け出て嫌がるサラを車に押し込みます。モーテルのベッドにサラを縛りつけて、フランクはかつての上司、ジョー(モーガン・フリーマン)が住む老人介護施設を訪れます。ジョーは80歳を過ぎ、末期の肝臓がんを患っていました。CIAの知人に裏から手を廻したジョーは、フランクの襲撃者たちの指紋から身元を調べさせ、同じグループがつい最近NYタイムズ紙の女性記者を暗殺した疑いがあることを知ります。一方、モーテルでは、若きCIAエージェントのクーパー(カール・アーバン)が、上司ウィルクス(レベッカ・ピジョン)の密命を受け、サラを連れ去ろうとしていました。ちょうど戻ってきたフランクは、サラを奪い返し、銃撃戦とカーチェイスを繰り広げた末、その場から脱出します。殺されたNYタイムズ記者の実家を訪ねた二人は、彼女が母親に宛てた一枚の絵はがきを見せられます。フランクはそこに記された暗号を解き、コロンビア大学の膨大な蔵書の中の一冊から一枚のメモを発見します。それはフランク他9人の名が記された暗殺リストでした。二人はリストに名前があったフランクのかつての同僚かつ宿敵、マーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)を訪ね、リストの名前の謎を解きますが・・・。

 

ブルース・ウィリスメアリー=ルイーズ・パーカーのちょっととぼけた円熟味のあるパフォーマンスや、ヘレン・ミレンのスーパー・ウーマン振りもさることながら、このシリーズで一番、輝いているのは、ジョン・マルコヴィッチでしょう。ジョン・マルコヴィッチは脚本を40ページ程、読んで、いたくこの作品を気に入り、「何故、彼らは俺にフランクをやらせたいんだ?」と、エージェントに聞きました。彼は、フランク(ブルース・ウィリス)のセリフを読んでいたのです。映画の中味を地でいってるような話ですが、ジョン・マルコヴィッチは真面目な方なので、フランク役だったら、マーヴィン役とはまったく違ったキャラで演じきったでしょう(ちょっと、観てみたい気もします)。ジョン・マルコヴィッチはマーヴィン役で、他のキャラが霞むくらい、強烈な個性を出しています。

 

何故、俺を殺そうとする?〜「RED/レッド」

Frank: Keep your voice down. Don't make any sudden moves. Just stay close to me. Don't use your cell phone.

Sarah: You took my cell phone.

Frank: Don't talk about cell phones. Don't talk about satellites.

Sara: Seriously?

Marvin: Why are you trying to kill me?

Frank: I'm not trying to kill you.

Marvin: Oh, yeah. You are.

Frank: Why would I be killing you.

Marvin: Because last time we met, I tried to kill you.

Frank: That was long time ago.

Marvin: Some people hold on things like that.

Frank: I'm not trying to kill you. Okay? So that makes us friends. Right?

Marvin: Right.

Frank: Good. You wanna take that knife out of my balls now?

Marvin: Who is she?

Frank: Sarah. She's not trying to kill you either.

Sarah: Yeah. Hi.

Marvin: I don't stay in the open. Come on, I'll show you the house.

Sarah: What's that?

Marvin: Decoy.

Sarah: He lives in a car?

Marvin: Come on in.

Sarah: Why you live here when you have the other place?

Marvin: Let's put it this way. When the helicopter passed over the house last year and I could feel their eyes on me. Wet like peaches.

Frank: I have a list here. It was written by a reporter who's now dead. Along with everyone whose names are on that list. Well, almost everyone.

Marvin: Frank, how many times have I told you? You cannot trust the system. I told you when you're in the system, they switch the flip and you're done. Man, satellites, cell phones. chips, net, the web, the dentist...

Frank: Marvin! That list is the one we need help with.

Marvin: Yeah, I gotta check the files.

Frank: Of course you do. Thanks, man.

フランク:大きな声を出すな。動きも静かに。そばを離れるな。携帯も切っておけ。

サラ:持ってない。

フランク:携帯も衛星の話もよせ。

サラ:マジ? マーヴィン:殺しにきたのか?

フランク:違う。

マーヴィン:嘘だ。

フランク:なんでお前を?

マーヴィン:俺がお前を殺しかけた。

フランク:ずっと昔の話だ。

マーヴィン:執念深い奴もいる。

フランク:殺しに来たんじゃない。いいな。これで仲直りだ。

マーヴィン:いいだろう。

フランク:よし。タマタマのナイフを。

マーヴィン:そいつは?

フランク:サラだ。君を殺しはしない。

マーヴィン:外は危険だ。家に案内しよう。

サラ:あの家は?

マーヴィン:おとりだ。

サラ:あの車が家?

マーヴィン:入れ。

サラ:なんであっちに住まないの?

マーヴィン:こういうことだ。去年ヘリが我が家の上空を飛んだ。その時ヘリから視線を感じた。桃みたいにねっとりしていた。

フランク:リストがある。これを書いた記者は死んだ。リストの全員が死んでいる、ほとんど・・・。

マーヴィン:何度言えばわかる?組織を信用するな。組織って言う奴は、スイッチ一つで命を奪う。スパイ衛星、携帯、チップ、ネット、ウェブ、歯医者・・・。

フランク:マーヴィン!そのリストを調べてほしい。

マーヴィン:資料を見てみよう。

フランク:頼むよ。恩にきる。

 

何がジイさんだ〜「RED/レッド」

Marvin: I told you she shouldn't have made that phone call!

Man: We lost visual on target.

William: All right. Shake the tree.

Man: You'll pay for the breakage?

William: Yeah. Roger that.

Woman: That's right, old man.

Marvin: Old man?

Frank: No respect.

Marvin: Can I kill her now?

Marvin: She called me old man.

Frank: Pig! Open the pig!

Frank: Okay.

Frank: Generade!

Marvin: Damn satellites! Boop to that!

William: You just stay right there.

This is gonna be good.

Frank: You okay?

Marvin: Yeah.

Frank: Come on, come on. Hey. All right?

Frank: What are you doing?

Marvin: Old man, my ass.

マーヴィン:だから電話はヤバいと言っただろう。

男:標的が消えた。

ウィリアム:壁をぶち抜け。

男:弁償代は?

ウィリアム:任せておけ。

女:あたしだよ、ジイさん。

マーヴィン:ジイさん?

フランク:失礼だ。

マーヴィン:殺していいか?

マーヴィン:ジイさんだと?

フランク:豚ちゃんの腹を開けろ。

フランク:手榴弾だ!

マーヴィン:クソ衛星!馬鹿野郎!

ウィリアム:そこにじっとしていろ。楽しくなるぞ。

フランク:大丈夫か?

マーヴィン:ああ。

フランク:何してる?

マーヴィン:何がジイさんだ。

 

爆弾男〜「RED/レッド」

 

この作品で受けが良かったのか、続編の「REDリターンズ」では、ジョン・マルコヴィッチが準主役級の活躍、面白さ倍増です。

 

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る