読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「フルートベール駅で」:警官が丸腰の黒人青年を射殺した事件を基に、最後の一日を通して青年の人生を描く

「フルートベール駅で」(原題:Fruitvale Station)は、2013年公開のアメリカのドラマ映画です。2009年1月1日、サンフラシスコのフルートベール駅で22歳の丸腰の黒人青年が鉄道警官に射殺され、全米で抗議集会が行われるなど、大きな波紋を巻き起こした事件を基に映画化されたものです。ライアン・クーグラー監督・脚本、マイケル・B・ジョーダンらの出演で、彼が事件に巻き込まれる前の「人生最後の日」を描くことにより、人種差別という面だけではなく、一人の人間の死がいかに悲しく、周囲の人を傷つけるものなのか、一人の人間の命が、いかに重く尊いものなのかを訴えています。サンダンス映画祭での作品賞、観客賞など、多数の映画賞を受賞した作品です。

 

 「フルートベール駅で」(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

監督:ライアン・クーグラー

脚本:ライアン・クーグラー

出演:マイケル・B・ジョーダン(オスカー・グラント)

   メロニー・ディアス(ソフィーナ

   オクタヴィア・スペンサー(ワンダ)

   ケヴィン・デュランド(カルーソ警官)

   チャド・マイケル・マーレイ(イングラム警官)

   アナ・オライリー(ケイティ)

   ほか

 

【あらすじ】

サンフランシスコのベイエリアに住んでいる22歳のオスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、前科者だが心優しい青年です。2008年12月31日、彼は恋人ソフィーナ(メロニー・ディアス)と、彼女とのあいだに生まれた愛娘タチアナと共に目覚めます。いつもと同じようにタチアナを保育園へ連れて行き、ソフィーナを仕事場へ送り届けます。車での帰り道、大晦日が誕生日の母親ワンダ(オクタヴィア・スペンサー)に電話をし「おめでとう」と伝えます。

大晦日の晩は家族、親戚一同が揃い、母の誕生日を祝います。オスカーとソフィーナは仲間たちと新年を祝いにサンフランシスコへ花火を見に行くことにし、タチアナをソフィーナの姉に預けに行きます。オスカーを見送るタチアナは「恐いの。鉄砲の音がする。」と不安を口にします。仲間たちとカウントダウンを祝い、花火を見た帰り、オスカーは電車内でケンカを売られます。仲間たちも巻き込み乱闘となったところへ鉄道警察が出動し、フルートベール駅のホームにオスカー達は引きずり出されてしまいます。何もしていないと必死に説明するオスカーだったが、聞く耳を持たない警官たちは遂に、オスカーに銃を抜きます・・・。

 

白人警官の黒人に対する暴行事件のニュースが後を絶ちませんが、この映画は被害者となった黒人青年の人生にフォーカスすることにより、こうした事件の悲惨さを浮き彫りにしており、差別だ、差別ではないといった議論とは異なった次元で、心に迫ってきます。この映画を撮影した動機について、ライアン・クーグラー監督は、次のように語っています。

僕を駆り立てさせたのは事件そのものとその余波だった。ニュース映像を見てすごく心動かされた。オスカーは僕であってもおかしくなかったと思ったんだ。年も同じぐらいだったし、彼の友人たちは僕の友人たちと似ていたし、こんなことがサンフランシスコのベイエリアで起こったことに大きなショックを受けた。そして、裁判の間、状況が政治化するのを目の当たりにした。その人の政治的な立ち位置によって、オスカーは彼の生涯のなかで何ひとつ悪いことをしていない聖人か、又は受けるべき報いをあの晩受けた悪党かのどちらかに分かれた。その過程で、オスカーの人間性が失われてしまったように感じたんだ。亡くなったのが誰であろうと、悲劇の真髄は、その人ともっとも近しかった人々にとってその人がどういう人だったのかというところにあるのに。映像、裁判、そしてその余波は僕をとてつもない無力感に陥らせた。ベイエリアコミュニティの人の多くが抗議活動に、そしてその他の人々も集会やデモに参加した。また、自暴自棄からの暴動もたくさん起きた。僕も状況を変えるために何かしたいと思って、映画を通してこの話に命を吹き込み、オスカーのような人物と観客とが一緒に時間を過ごす機会を作れれば、このような出来事が再び起こるのを減らせるかもしれないと思ったんだ。

 

そんな監督の意図を受けて、マイケル・B・ジョーダン、メロニー・ディアス、オクタヴィア・スペンサーらの好演が光ります。特に、マイケル・B・ジョーダンは、時に短気な所を見せるが、優しい青年を良く演じています。また、インディペンデント系の映画のご他聞に漏れず、予算が厳しいのを知ったオクタヴィア・スペンサーは、出演料を辞退すると同時に、エグゼクティブ・プロデューサーとして資金調達に尽力しています。また、出演はしていませんが、オスカー俳優のフォレスト・ウィテカーがプロデューサーに名を連ねています。

 

このような事件を減らすには、ライアン・クーグラー監督が意図したように、彼らを良く知ることが重要なのではないかと思います。オスカーは前科があり、職もなく、マリファナのディーラーをやったりしています。差別されていた時代の負の資産が依然として残り、格差や貧困、暴力、犯罪にあえぐ黒人は少なくなく、また、警官が制圧する暴力事件のほとんどが黒人同士のものとも言われています。オスカーは、恋人や子供、親や親戚もいる優しい青年ですが、そんな環境で生活しているので、時に抑えが効かず言動が乱暴になったりする事もあるようです。

 

制圧する側の警官へのプレッシャーも大きいようです。この事件でオスカーを撃った警官は、ティーザー銃(銃で針を相手の体に発射して、そこから電流を流す銃)と勘違いして本物の銃を発砲したと証言、過失致死罪で懲役二年の判決を受けましたが(服役後11ヶ月で釈放)、ティーザー銃と本物の銃を勘違いするほど興奮していたのでしょうか。体格の良い黒人も少なくないのですが、警官がその言動に恐怖を覚え、致命的な暴行を加えてしまうことも多いようです。警官のプレッシャーを軽減する為には、銃規制の強化や、警官の教育、黒人警官の増員などが必要かもしれません。

 

一方で、貧困、暴力、犯罪の浄化とその温床となる格差については、じっくりと取り組んでいく必要があるのではないかと思います。誰でもチャンスを掴めるアメリカと言いますが、依然として教育格差の問題は残っており、さらに暴力、犯罪、家庭、交遊環境など、負の資産の世襲も少なくないようです。

 

マイケル・B・ジョーダン(オスカー・グラント)

f:id:DaysLikeMosaic:20151122010213j:plain

 

メロニー・ディアス(ソフィーナ

f:id:DaysLikeMosaic:20151122010222j:plain

 

オクタヴィア・スペンサー(ワンダ)

f:id:DaysLikeMosaic:20151122010234p:plain

 

フルートベール駅

*1:本文に戻る 

フルートベール駅で(字幕版)

フルートベール駅で(字幕版)

  • ライアン・クーグラー
  • ドラマ
  • ¥2000

*2:本文に戻る

フルートベール駅で(字幕版)

フルートベール駅で(字幕版)