夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「哭声/コクソン」:シャーマニズムを題材に人間を描くナ・ホンジンの演出、青龍映画賞受賞の國村準の演技が光るサスペンス&スリラー

「哭声/コクソン」(原題:곡성(哭聲)、英題:The Wailing)は2016年公開の韓国のサスペンス・スリラー映画です。ナ・ホンジン監督・脚本、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼ら出演で、平和な田舎の村を舞台に、シャーマニズム、そしてキリスト教も絡ませながら、謎の日本人、謎の女、祈祷師、そして警察官とその家族らが徐々に追い詰められていく中、人間の側面を丹念に描いています。

 

  「哭声/コクソン」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1  Amazonビデオで観る*2 

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:ナ・ホンジン
脚本:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン(ジョング、 平和な村に妻子らと暮らす警察官)
   ファン・ジョンミン(イルグァン、祈祷師)
   國村隼(村にやってきた日本人、番犬とともに山中で孤独な生活を送る)
   チョン・ウヒ(ムヒョン、謎に包まれた事件の目撃者)
   キム・ファニ(ジョングの娘、ジョングが謎の男と関わってから、異変が起こる)
   ソン・カングク(ソンボク、ジョングの同僚)
   キム・ドユン(イサム、助祭、ソンボクの甥、日本語の通訳が出来る)
   ほか

あらすじ

  • 何の変哲もない田舎の村、谷城(コクソン)で、村人が家族を惨殺する事件が立て続けて発生します。容疑者にいずれも動機はなく、幻覚性の植物を摂取して錯乱した為の犯行と発表されます。しかし、謎の発疹を発症するなど説明しきれない不可解な点が多く残っていたことから、いつしか、村人たちは山中で暮らす謎の日本人(國村隼)が関わっているのではないかとささやき始めます。
  • 捜査にあたる警察官のジョング(クァク・ドウォン)は、オカルトじみたその意見には取り合いませんでしたが、自らの目で数々の異常事態を目撃し、徐々に疑念を抱きます。通訳のイサム(キム・ドユン)らとともに謎の日本人の家を訪れたジョングは、得体の知れない祭壇や事件の現場を写した写真などとともに、娘ヒョジン(キム・ファニ)の靴を見つけ、疑いを決定的なものにします。
  • ジョングが男と関わってから高熱を発していたヒョジンはすぐに回復したものの、これまで嫌っていた食べ物を貪り食い、ジョングに対しても罵詈雑言を吐くなど奇行を繰り返します。その体に一連の事件の容疑者と同じ発疹が現れ、ついには、家族が目を離した隙に怖れていた事件を起こしてしまいます。
  • 事態を収拾するため家族が呼んだ祈祷師のイルグァン(ファン・ジョンミン)は、謎の日本人を悪霊と断じ、抹殺のための儀式を行います。一方、同じ時間に謎の日本人も山中で儀式を行います。苦しむヒョジンを見かねたジョングは儀式の中止を訴えてイルグァンを追い出しますが、ヒョジンの容態はさらに悪化し、発疹も全身に広がります。娘を案じ仲間とともに山中の家に押しかけたジョングは、ついに謎の日本人を追い詰めます・・・。

レビュー・解説

序盤、中盤、終盤と少しずつトーンを変えながら、シャーマニズムを題材に156分の長編で人間の側面を丹念に描くナ・ホンジンの監督・脚本、異端を演じ外国人として初めて韓国の青龍映画賞を受賞した國村準のパフォーマンスが光るサスペンス・スリラーです。

 

ホラー・コメディを思わせる軽さのある序盤から、徐々にシリアスになり、中盤から終盤にかけて迫力ある祈祷の応酬、そしてひねりの効いたダークなドラマへとトーンを少しずつ変えながら、156分の長編を通して人間の側面を丹念に描いている監督・脚本の力量に舌を巻きます。

いつの間にか映画は一層ダークになっていて、いつの間にかさらに暗くなっている。そんなふうに、ずっと、ゆっくりと前に進み続けながらスリル感を高めていくようなスタイルの映画を作りたかったんです。今までとは違うスリル、違う緊張感をお見せしたかったんです。(ナ・ホンジン監督)
http://cinetri.jp/interview/kokuson_nahongjin/

韓国版エクソシストとも言える作品ですが、アジア的シャーマニズムを主体にしながらキリスト教を軽く絡ませてテイストに深みを出しているのもなかなかです。

 

謎の日本人を演じ、外国人として初めて青龍映画賞で男優助演賞、人気スター賞を受賞した國村準の突出した演技が光ります。映画は、新約聖書の引用、

人々は恐れおののき、霊を見ていると思った。 そこでイエスが言った。「なぜ怖じ惑うのか。どうして心に疑いを持つのか。私の手や足を見なさい。まさしく私だ。触れてみなさい。霊には肉や骨はないが、見ての通り、私にはあるのだ。」(「ルカによる福音書」第24章37節〜39節)

で始まりますが、國村準が演じる役柄について、ホンジン監督は次のように語っています。

新約聖書のイエスから非常に大きなヒントを得ています。映画全体も、イエスと、イエスを迎えるユダヤ人の関係をベースに作りました。イエスエルサレムに向かう時、ユダヤ人はイエスにまつわる色々な噂話を耳にします。「奇跡を起こした」とか「神の子である」という。そして、実際にイエスを目の当たりにした時に「混沌」を感じます。噂を信じる人もいれば信じない人もいて、結局イエスユダヤ人に殺害されてしまうわけですが、そうした人類史上における最も大きな混乱を引き起こした「イエス」をモチーフにしたのです。(ナ・ホンジン監督)
http://getnews.jp/archives/1652581

 

謎の日本人は果たして悪魔なのか、神の子なのかは別にしても、韓国の反日感情を考えれば、こうした異端的な存在に日本人を起用したのは、韓国の観客の心を掴むホンジン監督の絶妙なキャスティングで、國村準は見事にその期待に応えています。韓国や中国における侵略や残虐行為、従軍慰安婦問題に対する安倍政権の対応は正攻法(?)ですが、韓国や中国の国民は日本政府の言い分になかなか耳を傾けてくれません。国民感情を相手にするのであるならば、彼らが受け入れやすいように演じ、こいつはたいした男だと外国人で初めて青龍映画賞(男優助演賞、人気スター賞)を受賞した國村隼に、日本政府も学ぶところがあるのではないかと感じさせる、素晴らしいパフォーマンスです。

 

徐々にシリアスな展開になり、最後には「所詮、この世の中、信ずるに足るものなどない」とまで感じさせる作品ですが、ひねりで二転三転するにも関わらずストーリーに厚みを与えているのは、丹念に作り込まれた脚本です。主人公は徐々に追い詰められていきますが、止むに止まれずとは言え、その発端となるのはすべて主人公の言動です。絶対悪を描きながらそれが仮想化され、被害を招くのは人間自身であるという現実を突きつける一方、そうした中にも人は慰めを見出すことを示唆するエンディングです。

 

クァク・ドウォン(右、ジョング、 平和な村に妻子らと暮らす警察官)

f:id:DaysLikeMosaic:20170903023058j:plain

 

ファン・ジョンミン(イルグァン、祈祷師)

f:id:DaysLikeMosaic:20170903023129j:plain

 

國村隼(村にやってきた日本人、番犬とともに山中の家で孤独な生活を送る)

f:id:DaysLikeMosaic:20170903023146j:plain

 

チョン・ウヒ(ムヒョン、謎に包まれた事件の目撃者)

f:id:DaysLikeMosaic:20170903023207j:plain

 

キム・ファニ(ジョングの娘、ジョングが謎の男と関わってから異変が起こり始める)

f:id:DaysLikeMosaic:20170903023237j:plain

 

  「哭声/コクソン」のDVD(Amazon

関連作品

ナ・ホンジン監督作品のDVD(Amazon

  「チェイサー」(2008年)

  「哀しき獣」(2010年)

 

ファン・ジョンミン出演作品のDVD(Amazon

  「甘い人生」(2005年)

  「ベテラン」(2015年)

 

國村準出演作品のDVD(Amazon

  「オーディション」(2000年)

  「キル・ビル Vol.1」(2003年)

  「ヴィタール」(2004年)

 

チョン・ウヒ出演作品のDVD(Amazon

  「母なる証明」(2009年)

  「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」(2014年)

*1:本文に戻る 

哭声/コクソン (字幕/吹替)

哭声/コクソン (字幕/吹替)

  • ナ・ホンジン
  • スリラー
  • ¥2000

*2:本文に戻る