読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「マジカル・ガール」:日本的魔法少女をフックに、男女の欲望の連鎖を多重的な螺旋構造と独自のトーンで描くフィルム・ノワール的悲喜劇

「マジカル・ガール」は、2014年公開のスペインのフィルム・ノワール風ダーク・コメディです。日本のテレビアニメ「魔法少女ユキコ」に憧れる少女をフックに、カルロス・ベルムト監督・脚本、ホセ・サクリスタン、バルバラ・レニーら出演で、4人の男女の欲望…

「フラメンコ・フラメンコ」:フラメンコの息吹をダイナミックに描く、フラメンコを撮り続けたカルロス・サウラ監督の集大成的傑作

「フラメンコ・フラメンコ」は、2010年公開のスペインのドキュメンタリー映画です。スペイン映画界を代表する存在でもあり、フラメンコやスペインの伝統的舞踊を題材にした作品を数多く手がけた巨匠カルロス・サウラ監督が、現在のフラメンコ界を牽引する若…

「人生スイッチ」:ちょっとしたきかっけで暴走する感情とそれがもたらす様々な結果を、風刺を効かせユーモラスに描いたアンソロジー

「人生スイッチ」(原題:Relatos salvajes(西), 英題: Wild Tales)は、2014年公開のアルゼンチン・スペイン合作のブラック・コメディ映画です。アルゼンチンのダミアン・ジフロン脚本・監督により、不運の連鎖や暴力と復讐によって思いも寄らぬ運命をた…

「おとなのけんか」:オスカーの強者4人による緊迫のリアルタイム室内劇

「おとなのけんか」(原題: Carnage)は、2011年公開のフランス・ドイツ・ポーランド・スペイン合作のコメディ映画です。皮肉で知的なブラックユーモアで国際的に高い評価を得ている劇作家ヤスミナ・レザによる戯曲「大人は、かく戦えり」(原題:Le Dieu du…

「アレクサンドリア」:宗教の狭間に殉じた女性科学者/哲学者ヒュアパティア

「アレクサンドリア」(原題:Ágora)は、2009年公開のスペインの映画です。西暦4世紀、キリスト教が定着し異教の排斥が行なわれ始めた時代のアレクサンドリアを舞台に、数学者、天文学者、哲学者であったギリシャ人女性ヒュパティアの半生を描いています。 …

「グロリアの青春」:若さとは諦めない心の状態!

「グロリアの青春」は、(原題:Gloria)は、2013年公開のスペイン・チリ合作のドラマ映画です。監督はセバスティアン・レリオ、出演はパウリナ・ガルシアほか。 【あらすじ】 舞台は チリの首都、サンティアゴ。58歳になるグロリア(パウリナ・ガルシア)は…

「スパニッシュ・アパートメント」:シェア・ハウスは成長するヨーロッパの象徴

「スパニッシュ・アパートメント」は、2002年公開のフランス・スペイン合作のロマンティック・コメディ&ドラマです。セドリック・クラピッシュ監督、ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、ケリー・ライリー、ケヴィン・ビショップら出演で、バルセロナの経…