夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「20センチュリー・ウーマン」:1970年代後半のカリフォルニアを舞台に母や身近な女性達との関係を描いた半自伝的ヒューマン・コメディ

20センチュリー・ウーマン」(原題:20th Century Women)は2016年公開のアメリカのヒューマン・コメディ&ドラマ映画です。マイク・ミルズ監督、アネット・ベニンググレタ・ガーウィグエル・ファニングら出演で、1970年代後半のカリフォルニアを舞台に、ミルズ監督自身の母親とそれをとりまく人々を半自伝的に描いています。第89回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品です。

 

 「20センチュリー・ウーマン」のDVD(Amazon

 iTunesで観る*1  Amazonビデオで観る*2

 

目次

キャスト・スタッフ

監督:マイク・ミルズ
脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニング(ドロシア・フィールズ、下宿の管理人、シングルマザー)
   グレタ・ガーウィグアビゲイル・ポーター、写真家、子宮頸がんを患う)
   エル・ファニング (ジュリー・ハムリン、ジェイミーの親友)
   ルーカス・ジェイド・ズマン(ジェイミー・フィールズ、ドロシアの息子)
   ビリー・クラダップ(ウィリアム、大工、ヒッピーのコミュニティにも顔を出す)
   アリア・ショウカット(トリッシュ
   ダレル・ブリット=ギブソン(ジュリアン)
   テア・ギル(アビーの母親)
   ローラ・ウィギンス(リネット・ウィンターズ)
   ナタリー・ラヴ(シンディ)
   ワリード・ズエイター(チャーリー)
   アリソン・エリオット (ジュリーの母親)
   ほか

あらすじ

  • 1979年、カリフォルニア州南部にある町サンタバーバラ。一人で息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)を育てるドロシア(アネット・ベニング)は、15歳になり思春期を迎える彼をどう教育したらいいか頭を悩ませています。そこで、ルームシェアするパンクな写真家アビー(グレタ・ガーウィグ)と、ジェイミーの幼馴染で友達以上恋人未満の関係にあるジュリー(エル・ファニング)に、彼の成長を手助けしてほしいと願い出ます。
  • ジェイミーはロサンゼルス通いを始め、ロックコンサートに足を運ぶようになります。帰宅したジェイミーは、親友のジュリーから「クラスメートと避妊せずにセックスをしてしまった」と打ち明けられます。ジェイミーは妊娠検査薬を購入、検査の結果、妊娠せずに済んだことが判明します。ジェイミーは、病院に子宮頸がんの検査結果を聞きに行くアビーに付き添います。彼女のガンは治癒しましたが、妊娠・出産が難しいと診断されます。ガンになったのは母親が流産防止剤を使用したからで、ガンと診断された為に自分はニューヨークから離れざるを得なくなったと、アビーはジェイミーに打ち明けます。
  • ある日、「本当に惹かれているはウィリアムなのに、なぜ堅実な男性との恋愛ばかり追い求めるのか?」とジュリーに詰め寄られたドロシアは、アビーとともにパンククラブに出かけ、ウィリアムは初めてキスをします。しかし、ウィリアムがアビーと肉体関係を続けていると知ったドロシアは、それ以上の関係を断ります。ドロシアを愛していたウィリアムはアビーとの関係を清算、ショックを受けたアビーはジェイミーとジュリーに「成功したいならサンタバーバラを離れなさい」と言い放ちます。
  • ジェイミーはアビーとともに出かけたロッククラブで酔っ払い、見知らぬ女性とキスします。その頃、ドロシアは、一夜限りの愛ばかり追い求めてきたウィリアムに恋愛の育み方を教授します。クラブから帰ってきたアビーに、クラブを楽しむジェイミーの写真を見せられたドロシアは、ジェイミーは自分の傍では充実した人生を送れないのではないかと感じます。そして、ジェイミーがフェミニズムへの関心を強めるにつれて、良好だったドロシアの下宿に住人たちの人間関係が徐々に緊張していきます・・・。

レビュー・解説

1970年代後半のカリフォルニアを舞台に、アネット・ベニンググレタ・ガーウィグエル・ファニングが演じる母や身近な女性たちと若かりしマイク・ミルズ監督との関係を、ユーモラスに、リアルに、そしてヴィヴィドに描いた、半自伝的なヒューマン・コメディ&ドラマ映画です。

 

母や身近な女性たちと若かりしマイク・ミルズ監督との関係を描いた半自伝的作品

f:id:DaysLikeMosaic:20180403045729j:plain

母やとりまく女性との関係を描いた半自伝的コメディ

私は1970年代後半のカリフォルニアに住んでいたわけでもないし、またアメリカ人の母親がいるわけでもないのですが、身近な人々をモデルに入念に書かれたマイク・ミルズ監督の脚本とアネット・ベニンググレタ・ガーウィグエル・ファニングらの卓越したパフォーマンスに、ミルズ監督の母親や当時の女性たちの息遣いが感じられるようです。母のドロシアを太陽とすれば、ちょっと凸凹のあるアビーやジュリーは太陽の周りを回る惑星で、原題の「20th Century Women」は1970年代後半のカルチャーを背景に描かれたそんな彼女たちの群像を意味しています。1925年生まれのドロシアはグレイテスト・ジェネレーション(1901~1926年生まれで大恐慌を経験、第二次世界大戦を戦い現代米国の基礎を築いた世代)で、本作は大恐慌第二次世界大戦の経験そのものを描くものではありませんが、様々なエピソードを通してドロシアの人物像が描かれていきます。彼女の息子ジェイミーはジェネレーションX(1965~1980年生まれのMTV世代、共働きまたは離婚した親に育てられた鍵っ子で、懐疑的で孤立感と独立心を併せ持つ)で、ドロシアは戸惑いながらもアビゲイルやジュリーの助けを借りて世代のギャップを超えて繋がろうとする様子がユーモラスに描かれています。

身近な人々をモデルに独特の人間味と暖かさを醸し出す

ゲイだと突然カミングアウトし人生を謳歌する75歳の父親と、その姿に戸惑う息子とフランス人女優のロマンスを、暖かな眼差しでユーモラスに描いた半自伝的な映画「人生はビギナーズ」(2010年)で、マイク・ミルズ監督は一躍有名になりました。「君とボクの虹色の世界」(2005年)で知られるパフォーマンスアーティスト、ミュージシャン、作家、女優、映画監督のミランダ・ジュライは彼の配偶者ですが、これら二作品のタイトルを聞いただけで、本作がどんな映画なのかわくわくします。「人生はビギナーズ」に少しだけ登場するエキセントリックな母親のモデルはミルズ監督自身の母親で、撮影の際にスタッフやキャストに彼女がどのような人だったか説明している時に、母をメインに据えた映画を作ろうと思い立ち、実現したのが本作です。「人生はビギナーズ」にはミルズ監督の父、母、グラフィック・デザイナー時代の監督自身、パートナー、飼い犬をモデルにしたキャラクターが登場しますが、本作の登場人物もミルズ監督の母、高校生の監督自身、姉、同級生の女の子たちをモデルにしており、パーソナルな雰囲気の中に、独特の人間味と暖かさを醸し出しています。

本作は僕自身の人生にインスパイアされているんだけど、僕は本当にとても強い母親に育てられたんだ。母は1925年生まれで、社会が押し付けた制約には縛られない女性だった。「フェミニズム」という言葉こそ使わなかったけど、フェミニストだったんだ。ショートヘアで、いつもパンツを履いていて、父よりも男らしかった。僕の父は隠していたけれどゲイだった。そして、僕には2人のとても強い姉がいた。だから、ジェンダーについて何か意見があるとしたら、僕の家ではすべてがとても流動的でフィックスされたポジションはなかったんだ。(ジェンダーは、)生まれ持ったわけではなく、後から位置付けられたようなもので、着脱できるマスクみたいなものというか、流動的なんだ。

アビーは姉のメグに基づいている部分が大きいんだ。メグはアビーのようにニューヨークへ行って、アートやパンクや写真に出会い、でも子宮頸がんを患ってサンタバーバラに帰って来なければならなかった。メグとグレタは2人だけで会って話をしてくれて、それはとても興味深かったよ。メグは自分の一部を見せてくれたんだ。

ジュリーは、何人かの同級生がベースになってる。彼女たちはドラッグをやったり年上の男の子たちとセックスをしたり。そして夜になるとぼくの部屋の窓辺にやってきて話をする。ぼくは聞き上手だから、彼女たちにとってはいいリスナーだったんです。

(ウィリアムのような男は、)70年代のサンタバーバラにはゴロゴロいたんですよ。実際の知り合いでもウィリアムに近い人がいて、メカニックらしいんだけど、実際はなにをしてるのかよくわからない、でも必ずいい女が横にいる。女には困らない。(中略)彼は、夢を失いパワフルな男性性は失っているんだけど、セクシーさだけは失わずに生きている。それを武器に生きている。普通だと逆ですよね。セクシーさだけで生きる女性の逆。ただ、ウィリアムはずっとそうやって女性の注目を惹き付けて生きているんだけど、本当の意味での愛にはなかなかめぐり逢えない、そういう男なんだ。(マイク・ミルズ監督)
https://www.fuze.dj/2017/06/mike_mills_interview.html
https://ginzamag.com/culture/mikemills-interview1/

 

独特の人間味と暖かさを醸し出すミルズ監督の脚本と演出は、俳優のパフォーマンスをフルに引き出します。「人生はビギナーズ」で父親役を演じたクリストファー・プラマーは第84回アカデミー賞助演男優賞を受賞しましたが、本作のアネット・ベニングも存在感たっぷりに嬉々として演じており、第74回ゴールデン・グローブ主演女優賞にノミネートされています。

強い女性に囲まれたミルズ監督

アネット・ベニング扮するドロシアは、実によくタバコを吸います。1970年代は、喫煙者の健康被害に加えて受動喫煙の危険性が認知されはじめた時期ですが、まだまだ喫煙者も多く、今となっては信じがたいことに自立した女性には煙草が似合うといったイメージが残っていた時代でもあります。そう言えば、フランス人女優のメラニー・ロランがノーメイクで煙草を吸いながらインタービューを受けるビデオを見たミルズ監督が彼女に一目惚れし、脚本の設定を書き換えて「人生はビギナーズ」に起用したというエピソードを思い出しました。強い母と二人の強い姉に囲まれて育ったミルズ監督にとって、飾らず、隠さず、自然体で煙草を吸いながら話す女性は、自立し、解放された女性のイメージと重なったのかもしれません。

 

ミルズ監督の配偶者のミランダ・ジュライは、「君とボクの虹色の世界」で知られるパフォーマンスアーティスト、ミュージシャン、作家、女優、映画監督ですが、彼女はフェミストで、こんなプラカードを持って Women's March  (女性たちの行進)に参加しています。

 

Women's March  (女性たちの行進)のミランダ・ジュライ(左)

 

Miranda Julyさん(@mirandajuly)がシェアした投稿 -

 

強い母、強い姉たちに囲まれて育ち、配偶者もフェミニストというミルズ監督の感性が興味深いのですが、なんと二人の息子は自宅でこの Women's March  (女性たちの行進)のプラカードを掲げて、得意げに歩き回っていたとのこと。彼が大人になる頃は、どんな時代になっているのかさらに興味深いのですが、父と母それぞれをモデルに素晴らしい映画を制作したミルズ監督の次の作品は、配偶者であるミランダ・ジュライがモデルかもしれません。

 

アネット・ベニング(ドロシア・フィールズ、下宿の管理人、シングルマザー)

f:id:DaysLikeMosaic:20180403044614j:plain

アネット・ベニング(1958年〜)は、カンザス州出身のアメリカの女優。サンフランシスコ州立大学で学び、劇団に所属して舞台に立つ。1987年にブロードウェイの舞台でトニー賞にノミネートされ、1988年に映画デビュー。「グリフターズ/詐欺師たち」(1990年)で助演女優賞、「アメリカン・ビューティー」(1999年)、「華麗なる恋の舞台で」(2004年)、「キッズ・オールライト」(2010年)で主演女優賞と、アカデミー賞に4度ノミネートされている。1992年に「バグジー」で共演した俳優のウォーレン・ベイティと結婚、4人の子供がいる。

 

グレタ・ガーウィグアビゲイル・ポーター、写真家、子宮頸がんを患う)

f:id:DaysLikeMosaic:20180403044628j:plain

グレタ・セレスト・ガーウィグ(1983年〜)は、サクラメント出身のアメリカの女優、映画監督、脚本家。元々は脚本家志望であったが、在学中に端役でマンブルコア映画に出演したのがきっかけとなり、以降、マンブルコア映画運動で知名度を上げた。「フランシス・ハ」(2012年)、「ミストレス・アメリカ」(2015年)では出演と脚本をこなし、「レディ・バード」(2017年)では脚本と監督を務め、作品、監督、脚本など、アカデミ−賞5部門にノミネートされている。

 

エル・ファニング (ジュリー・ハムリン、ジェイミーの親友)

f:id:DaysLikeMosaic:20180403044640j:plain

エル・ファニング(1998年〜)は、ジョージア出身のアメリカの女優。姉は女優のダコタ・ファニング。2歳8か月の時に演劇を開始、「アイ・アム・サム」(2001年)に出演する。以降、数多くの映画にコンスタントに出演し、「SUPER8/スーパーエイト」(2008年)、「ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界」(2012年)、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(2015年)などに出演している。

 

ルーカス・ジェイド・ズマン(ジェイミー・フィールズ、ドロシアの息子、高校生)

f:id:DaysLikeMosaic:20180403044652j:plain

ルーカス・ジェイド・ズマン(2000年〜)は、シカゴ出身のアメリカの俳優。「フッテージ デス・スパイラル」(2015年)などに出演している。

 

ビリー・クラダップ(ウィリアム、大工、ヒッピーのコミュニティにも顔を出す)

f:id:DaysLikeMosaic:20180403044704j:plain

ビリー・クラダップ(1968年〜)は、ニューヨーク出身のアメリカの俳優。ノースカロライナ大学とニューヨーク大学で学び、1995年にブロードウェイ・デビュー、2007年にはトニー賞を受賞している。「あの頃ペニー・レインと」(2000年)、「プリズン・エクスペリメント」(2015年)、「スポットライト 世紀のスクープ」(2015年)、 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」(2016年)などに出演している。

 

サウンドトラック

 iTunesで聴く*3 Amazon MP3で聴く*4

20センチュリー・ウーマン」 のサウンドトラックCD(Amazon

1 Santa Barbara, 1979 by Roger Neill
2 Don't Worry About The Government by Talking Heads
3 Basin Street Blues by Louis Armstrong And His Hot Five
4 Fairytale In The Supermarket by The Raincoats
5 Love In A Void by Siouxsie And The Banshees
6 Modern People by Roger Neill
7 In A Sentimental Mood by Benny Goodman & His Orchestra
8 Media Blitz by The Germs
9 DJ by David Bowie
10 All Of My Objects by Roger Neill
11 After Hours On Dream Street by Sandy Williams
12 Cheree by Suicide
13 This Heart Of Mine by Fred Astaire
14 Gut Feeling (Slap Your Mammy) by Devo
15 Everything On Television by Roger Neill
16 The Big Country by Talking Heads
17 As Time Goes By by Rudy Vallee & His Connecticut Yankees
18 Why Can't I Touch It? by Buzzcocks
19 The Politics of Orgasm by Roger Neill

撮影地(グーグルマップ)

関連作品

マイク・ミルズ監督・脚本作品のDVD(Amazon

  「人生はビギナーズ」(2010年)

 

アネット・ベニング x エル・ファニング共演作品のDVD(Amazon

  「ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界」(2012年)

 

アネット・ベニング出演作のDVD(Amazon

  「グリフターズ/詐欺師たち」(1990年)

  「バグジー」(1991年)

  「リチャード三世」(1995年)

  「アメリカン・プレジデント」(1995年)

  「アメリカン・ビューティー」(1999年)

  「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」(2003年)

  「キッズ・オールライト」(2010年)

 

グレタ・ガーウィグ x ビリー・クラダップ共演作品のDVD(Amazon

  「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」(2016年)

 

グレタ・ガーウィグ出演作品のDVD(Amazon

  「フランシス・ハ」(2012年)出演・脚本

  「EDEN/エデン」(2014年)

  「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」(2015年)

  「ミストレス・アメリカ」(2015年)出演・脚本

  「レディ・バード」(2017年)監督・脚本:輸入盤、日本語なし

 

エル・ファニング出演作品のDVD(Amazon

  「SUPER8/スーパーエイト」(2011年)

  「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(2015年)

 

ビリー・クラダップ出演作品のDVD(Amazon

  「あの頃ペニー・レインと」(2000年)

  「プリズン・エクスペリメント」(2015年)

スポットライト 世紀のスクープ」(2015年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jpdayslikemosaic.hateblo.jp