読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「最強のふたり」:車椅子の富豪と型破りな移民の介護人、フランスの実話に基づく大ヒット・ヒューマン・コメディ

フランス映画

最強のふたり」(原題: Intouchables) は、2011年公開のフランスのコメディ/ドラマ映画です。頸髄損傷の為、体が不自由で車椅子で生活する富豪と、その介護人となった貧困層の移民の黒人青年という、全く境遇の異なる2人が深い友情で結ばれていく様子を、実話をベースに描いています。フランスではフランス映画歴代観客動員数で2位となる大ヒット作となり、日本でも日本で公開されたフランス語映画歴代1位のヒット作となりました。

 

 「最強のふたり」のDVD(Amazon

 iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督: エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
脚本: エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演; フランソワ・クリュゼ(フィリップ、頸髄損傷の富豪)
    オマール・シー(ドリス、スラム街出身の黒人青年)
    アンヌ・ル・ニ(イヴォンヌ、フィリップの助手)
    オドレイ・フルーロ(マガリー、フィリップの秘書、口述筆記など担当)
    アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(エリザ、フィリップの娘)
    ドロテ・ブリエール・メリット(エレノア、フィリップの文通相手)
    ほか

あらすじ

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、パラグライダーの事故で原因で頸髄を損傷、首から下が麻痺して感覚も無く、体を動かすことができません。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇う為、パリの邸宅で候補者の面接を行います。スラム出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)は職探しで面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来ます。ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を継続する為、紹介された面接を受け、不合格を証明する書類にサインが欲しいだけでした。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、面接で言いたい事を言い介護の資格も経験もないドリスを雇うことにします。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタなどなど、その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まりますが、ふたりとも本音で生きる姿勢は同じでした。互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わり、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていきます。心配してドリスの経歴を調べた親戚が、宝石強盗で半年服役した前科者だから気をつけるようにとフィリップに忠告しますが、フィリップは、「彼は私に同情していない。そこがいい。彼の素性や過去など、今の私にはどうでもいい事だ」と答えます。「馬みたいだ」とフィリップを車の荷台に乗せるのを嫌がって助手席に座らせたり、早朝に発作を起こした彼を街へ連れ出して落ち着くまで何時間も付き合ったり、ドリスには自然な思いやりや優しさがありました。そんなある日、ヘマをして仲間にシメられたドリスの弟が、ドリスのもとに逃げ込んで来ます。家族のことを真剣に思うドリスを見たフィリップは、「やめにしよう。これは君の一生の仕事じゃない」と提案、翌朝、ドリスは名残を惜しむ邸の人々に、陽気に別れを告げます。フィリップは真っ当な介護者を雇い、ドリスは運転手の仕事を見つけますが、フィリップは再び孤独に陥いり、真夜中にドリスを呼び出します・・・。

レビュー・解説 

名優フランソワ・クリュゼを相手に、オマール・シーの魅力が炸裂する映画です。ドリスは実際はアルジェリア出身ですが、前作でオマール・シーを気に入ったエリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ両監督が、オマール・シーを起用する為に設定を西アフリカ出身に変えたものです。オマール・シーはコメディアンでもあり、パワフルに笑いを振りまきますが、家族の問題で悩んだり、フィリップに優しさを見せたりと広がりのある演技を見せています。

 

フィリップを演じるフランソワ・クリュゼは、フランスのアカデミー賞に相当するセザール賞には受賞を含めて10回もノミネートされているベテランの実力派俳優です。頸椎損傷のフィリップを顔の表情だけで演じ、パワフルなオマール・シーと好対照のベテランの味を出しており、まさにキャストも最強のふたりとなっています。

 

最初は障害者ネタのきついジョークにびっくりしましたが、これにはフィリップが事故後の人生にも誇りを持っており、下手な同情をされるよりは、遠慮なしにガンガン言ってくるドリスに魅力を感じていたという背景があります。フィリップはからかわれても、嬉々としています。そういう意味では、これは単なる介護の映画ではなく、住む世界は違うが誇りを持った大人同士が心を触れ合い、高校生の悪ふざけのようなユーモアでお互いのつらい人生を生き抜くという映画でもあります。

 

この映画のモデルになったフィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴは、1951年生まれ、1993年に事故で頸髄損傷となり、2001年に自身のことや介護人アブデル・ヤスミン・セローとのことを書いた本を出版しました。フィリップとアブデルは2002年にテレビに取り上げられ、2003年にドキュメンタリーが製作されました。このドキュメンタリーを観たエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが、フィリップに会いに行き、「事故を境に二つの人生を生きることができた。その両方の人生に誇りを持ち、幸せを感じている。ユーモアが僕たち2人を救ってくれた」という話を聞いて、脚本を書き上げ、映画化しました。

 

アブデルは10年間にわたってフィリップの面倒を見ました。頸椎損傷の予後には乾燥した土地が良いことにアブデルが気づき、二人はモロッコへ移住しますが、アブデルが現地の女性を好きになった為、フィリップはアブデルの将来を考えて契約を解除しました。アブデルはその後、結婚、会社の社長となり、三人の子供がいます。フィリップも再婚、二人の子供がいます。二人の友情は今も続いています。

 

なお、原題の「Intouchables」について、フィリップ本人は次のように語っています。

映画タイトルになった「Intouchables(アントゥーシャブル)」という言葉は、フランス語で「触れ合わない」「触れられない」の意味。北アフリカ移民アブデルもフランスでは常に疎外された存在だし、アブデルに言わせると金はあるが四肢麻痺の自分は「金ピカの檻」に閉じこもり、痛みをもたらさないように周りの人が触れることを恐れている存在。ふたりとも「アントゥーシャブル」なのだ。

 

よそ見をしながら食事を介護するドリス〜「最強のふたり

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152345j:plain

 

感覚のない下半身に試しにお湯をかけてみるドリス〜「最強のふたり

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152359j:plain

 

夜の街に連れ出し話し相手になるドリス〜「最強のふたり

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152418j:plain

 

きちんと介護をするようになるドリス

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152431j:plain

 

ドリスの介護に大喜びのフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152454j:plain

 

高速に改造した電動車椅子に大喜びのフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152504j:plain

 

ドリスに連れられ雪原を楽しむフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152515j:plain

 

マッサージ嬢を呼んでもらって大喜びのフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152529j:plain

 

フィリップとハンググライダーに出かけるも高い所は苦手なドリス

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152539j:plain

 

文通相手の手紙の開封をじらされるフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152551j:plain

 

フィリップを連れ出し深夜のパリを爆走

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152609j:plain

 

髭剃りで遊んで楽しそうなドリスとフィリップ

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152621j:plain

 

フィリップとアブデル(いずれも本人)

f:id:DaysLikeMosaic:20160801152956j:plain

動画クリップ(YouTube) 

オマール・シーのダンスシーン

/p>

 

 「最強のふたり」のDVD(Amazon

関連作品 

物語のモデルとなったフィリップとアブデルの二人と、主演のフランソワ・クリュゼとオマール・シー、そして監督が誕生秘話を語るドキュメンタリーも制作されています。

 

 ドキュメンタリー:最強のふたり 字幕版(Amazonビデオ)

 

最強のふたり」の原作本Amazon

   

フィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ 著「A Second Wind」

 

フランソワ・クリュゼ出演作品のDVD(Amazon

  「ラウンド・ミッドナイト」のDVD(1986年)

  「唇を閉ざせ」のDVD(2006年)

 

移民を描いたフランス映画Amazon

  「トリコロール/白の愛」(1994年)フランス・ポーランド・スイス合作

  「憎しみ」(1995年)

  「クスクス粒の秘密」(2007年)フランス・チュニジア合作

  「パリ20区、僕たちのクラス」(2008年)

  「預言者/アンプロフェット」(2009年)

  「パリ警視庁:未成年保護部隊」(2011年)

  「最強のふたり」(2011年)

  

ル・アーヴルの靴みがき」(2011年)フィンランド・フランス・ドイツ合作

  「ある過去の行方」(2013年)

  「ディーパンの闘い」(2015年)

 

移民を描いた映画のおすすめ

dayslikemosaic.hateblo.jp

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る 

最強のふたり(吹替版)

最強のふたり(吹替版)

  • エリック・トレダ
  • ドラマ
  • ¥1000
最強のふたり(吹替版)

最強のふたり(吹替版)

  • エリック・トレダ
  • ドラマ
  • ¥1000

*2:本文に戻る

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)