夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「トップガン」:実写でジェット戦闘機のドッグファイトを描いた不朽の名作

トップガン」(原題:Top Gun)は、1986年公開のアメリカの映画です。サンディエゴの海軍航空隊基地を舞台に、世界最高のパイロットを養成する為に戦闘機パイロットの上位1パーセントに空中戦技を指導する養成機関「トップガン」の訓練生達を描いています。本作は1986年度の全米興行成績1位を記録し、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たしました。助演のヴァル・キルマーメグ・ライアンらの出世作としても知られています。

 

 「トップガン」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

キャスト・スタッフ 

監督:トニー・スコット
脚本:ジム・キャッシュ/ジャック・エップス・Jr
出演:トム・クルーズ(マーベリック)
   ケリー・マクギリス(チャーリー)
   アンソニー・エドワーズ(グース)
   ヴァル・キルマーアイスマン
   メグ・ライアン(キャロル)
   トム・スケリット(バイパー)
   ほか

あらすじ

マーベリック(トム・クルーズ)は無鉄砲で型破りな操縦を行う一匹狼的な、アメリカ海軍のF-14パイロット。心優しく陽気なレーダー要員グース(アンソニー・エドワーズ)を相棒として、僚機のクーガー/マーリンと共に、インド洋上で遭遇した国籍不明のMiG-28相手に空中機動を行ないます。クーガー機に執拗に張り付くMiGの頭上でマーベリックが背面降下し、キャノピーが擦れ合うほど接近、敵パイロットに向かって中指を突き立てます。後席のグースがポラロイドで記念撮影し挑発しますが、MiGは呆れて離脱していきます。実戦でロックオンされた恐怖で金縛りになってしまったクーガーは、もはや限界と任務に見切りをつけます。マーベリックとグースは繰り上がり、「トップガン」に送られてドッグファイトの戦技を磨くことになります。歓迎パーティでマーベリックは民間人の教官とは知らずにチャーリー(ケリー・マクギリス)に一目惚れ、チャーリーの専門領域であるMiG-28を見たマーベリックとチャーリーは、立場を超えて恋愛感情を持つようになります。ある日の訓練中にマーベリック機はエンジン・ストールにより操縦不能に陥り、脱出の際の事故でグースを失います。事故調査委員会の査問でパイロットの責任は問われませんでしたが、「彼を飛ばし続けろ」と言うヴァイパー教官(トム・スケリット)の願いも空しく、自責の念にかられるマーベリックは自信喪失、弱気なパイロットに成り下がります。昇進でワシントンに異動するチャーリーも、失望して去ってしまいます。今後について迷うマーベリックに、彼の父親の戦友だったヴァイパーは、父の死は友軍機を救う為に多数の敵機の攻撃に身を晒し犠牲となった英雄的行為であったと励まし、復活を促します。周囲の励ましもあってマーベリックはトップガンの卒業式に出ますが、そこでインド洋上の巡洋艦援護の緊急出撃命令が出ます。トップガンでのマーベリックの弱気を聞いていた空母飛行隊長は彼をバックアップに回しますが、数で圧倒的に勝る敵機によってアイスマンヴァル・キルマー)らは苦戦します。ハリウッド機が撃墜され、出撃を余儀なくされたマーベリックは、アイスマン機1機に対する敵機5機の猛烈な攻撃を目にして愕然、気を取られて一時的な制御不能に陥ります。グースを失った恐怖の記憶が甦り、マーベリックは戦闘域から離脱してしまいます・・・。

レビュー・解説

戦闘機を扱った映画は数多く観ましたが、未だにこの映画を超えるものがないように思います。最大の理由は、アメリカ海軍の全面協力により、ミラマー海軍基地や原子力空母「エンタープライズ」内で撮影が行われ、現用戦闘機の空撮を含めて、美しく迫力のある実写映像に満ちていること。冒頭の背面飛行のワンカットを除いて、CGはもちろんのこと、光学合成も行われていません。俳優も実機に登場して体験飛行をしていますが、コックピットのシーンは、F14の実物を再利用した自在に回転するジンバルを用いて撮影されています。

 

伝説的なオープニング・シーンは空母の甲板の作業を美しく再現したもので、臨場感溢れる映像に度肝を抜かれます。ドッグファイトのシーンも、空撮とジンバルを用いて撮影されたコックピットのシーンが効果的に組み合わされ、迫力ある映像となっています。

 

マーベリックが乗っているバイクは、当時世界最速と言われたカワサキGPZ900R。チャーリーがポルシェ356スピードスターに乗って、これを追いかけます。追いついた彼女は、マーベリックに首ったけなことを誰にも悟られたくないと、主張します。実は、ここでマーベリックのセリフがあったのですが、トム・クルーズはど忘れしてしまい、アドリブでケリー・マクギリスにキスします。トニー・スコット監督がこれを気に入り、脚本が書き変わりました。「トップガン」には当初、ベッドシーンが無かったのですが、スクリーニング・テストで映画ファンからラブシーンがないという不満が出て、急遽、撮り足しました。この時、ケリー・マクギリスは既に次の映画の為に髪を濃く染めており、ベッドシーンは濃いブルーのモノトーンで髪の色がわからない様に撮影されました。トム・クルーズの前髪も長くなっています。

 

トップガン」では、トム・クルーズアンソニー・エドワーズが二人で歌うシーンが二度あります。一度目はチャーリーを口説くシーン、二度目は見事、チャーリーを射止めたマーベリックがグース夫妻が一緒に食事するシーン。二人の歌もさることながら、二度目の食事のシーンでハイ・テンションのグースの妻を演じるメグ・ライアンが若々しいです。グースの妻は未亡人になってしまうのですが、こうしたシーンの後だけに哀しみもひとしおです。

 

現在、チャーリが住んでいた家の周囲は整地され、フェンスで囲まれていますが、再開発でもされるのでしょうか?グースのピアノで歌ったレストランもボヤがあり、修復されたものの、多くの記念の品物が破壊されてしまいました(ピアノとマーベリックのヘルメットは残っている)。撮影後の時の流れを感じます。

 

トップガン」以降、戦闘機がハイテク化し、機密保持の為、軍の撮影協力が得られにくくなったと言われていますが、実は「トップガン2」の映画化の話が進められています。ドローンなど無人兵器の発達により人間の戦闘機乗りが役割を終えようとする現代を舞台に、トム・クルーズは30年前の主人公マーベリックを再び演じるようです。設定に時代の流れを感じますし、マーベリックが30年経っても現役でパイロットをしている設定は考えづらいところですが、トム・クルーズはフルCGではなく実際に飛行機に搭乗しての撮影を望むだろうと言われています。ちなみにここで言う「ドローン」は最近日本でも世間を騒がせた小型ラジコンヘリのようなドローンではなく、米軍が実戦投入している遠隔操作の無人偵察機無人攻撃機などのUAV、ロボット戦闘攻撃機X-47Bなどを意味すると思われます。いずれにせよ、完成が楽しみです。

 

トム・クルーズ(マーベリック)

f:id:DaysLikeMosaic:20160806190342j:plain

 

ケリー・マクギリス(チャーリー)

f:id:DaysLikeMosaic:20160806185926j:plain

 

アンソニー・エドワーズ(左、グース)

f:id:DaysLikeMosaic:20160806185940j:plain 

 

ヴァル・キルマーアイスマン

f:id:DaysLikeMosaic:20160806190018j:plain

 

メグ・ライアン(キャロル)

f:id:DaysLikeMosaic:20160806190033j:plain

動画クリップ(YouTube) 

伝説のオープニング・シーン〜「トップガン

 

ドッグ・ファイト・シーン〜「トップガン

 

グースのピアノで歌うシーン〜「トップガン

撮影地(グーグルマップ) 

 「トップガン」のDVD(Amazon

関連作品 

ジェット戦闘機を描いた映画のDVD(Amazon

  「ファイナル・カウントダウン」(1980年)

  「ファイヤーフォックス」(1982年)

  「アイアン・イーグル」(1986年)

   「イントルーダー 怒りの翼」(1990年)

  「インデペンデンス・デイ」(1996年)

  「エネミーライン」(2001年)

  「ナイト・オブ・ザ・スカイ」(2005年)

  「ステルス」(2005年)

 

トム・クルーズ出演作品

dayslikemosaic.hateblo.jp

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

*2:本文に戻る

トップガン (字幕版)

トップガン (字幕版)