読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「偽りなき者」:児童への性的虐待を疑われバッシングを受ける教師にどのような対処ができるのか、深く考えさせられる、示唆に富んだ作品

「偽りなき者」(原題:Jagten、英題:The Hunt)は、2012年公開のデンマークのヒューマン・ドラマ映画です。トマス・ヴィンターベア監督・共同脚本、マッツ・ミケルセンら出演で、クリスマスを迎えるデンマークの小村を舞台に、無実の罪を着せられた男の孤…

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」:アイルランドの伝説を基に、妖精の母を失った少年の冒険談を美しい映像と音楽でほろ苦く描く

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」(原題:Song of the Sea)は、2014年公開のアイルランド・ベルギー・ルクセンブルグ・デンマーク・フランス合作の長編アニメーション映画です。アイルランドに伝わる民話や神話を基に、トム・ムーア監督・原案、ウィル…

「しあわせな孤独」:コペンハーゲンの街を背景に、事故で揺れ動く人間の感情を女性監督ならでは感性で描く、現実感溢れる叙情的恋愛映画

「しあわせな孤独」(原題:Elsker dig for evigt、英題:Open Hearts)は2002年公開のデンマークのドラマ映画です。ドグマ95のルールに従い、スサンネ・ビア監督、ソニア・リクター、マッツ・ミケルセンら出演で、突然の不幸に見舞われた2組のカップルを主…

「アルマジロ」:ヘルメットカメラが捉えた激しい戦闘と前線に立つ若者の心理に現代の戦争が浮かび上がる、緊迫感溢れるドキュメンタリー

「アルマジロ」(原題:Armadillo)は、2010年公開のデンマークのドキュメンタリー映画です。ヤヌス・メッツ監督が、国際平和活動(PSO)の一環でデンマーク陸軍からアフガニスタン南部のアルマジロ前線基地に派遣された若い新兵たちを、7か月間に渡って密着…

「アクト・オブ・キリング」:未だ罰せられる事のないインドネシアの大量虐殺事件の加害者の心情を生々しく描き出すドキュメンタリー

「アクト・オブ・キリング」(原題:The Act of Killing)は、2012年公開のイギリス、デンマーク、ノルウェー合作のドキュメンタリー映画です。1965年、インドネシア大統領スカルノがクーデターにより失脚、その後、右派勢力による「共産党員狩り」と称した…

「ルック・オブ・サイレンス」:真相の究明も補償もないインドネシアの大量虐殺事件の被害者と加害者が対峙する衝撃的なドキュメンタリー

「ルック・オブ・サイレンス」は2014年公開のデンマークのドキュメンタリー映画です。、1965年インドネシアで起こった軍事クーデターに端を発し、共産主義者掃討を掲げた勢力に100万人以上が虐殺された事件に関して、兄を殺された眼鏡技師が、視力検査を装っ…

「バベットの晩餐会」:北欧の寒村の暖かいフランス料理

「バベットの晩餐会」は、1987年公開のデンマークのドラマ映画です。アイザック・ディネーセン(カレン・ブリクセン)の同名小説を原作に、ガブリエル・アクセル監督、ステファーヌ・オードランら出演で、19世紀後半のデンマークを舞台に、質素な生活を送っ…