夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「マンハッタン」:ほろ苦いニューヨーカーの恋愛模様を美しいモノクロ映像で描く、ウディ・アレンの代表的ロマンティック・コメディ

「マンハッタン」(原題:Manhattan)は、1979年公開のアメリカのロマンティック・コメディ&ドラマ映画です。ウディ・アレン監督・共同脚本・主演、ダイアン・キートン、マリエル・ヘミングウェイメリル・ストリープら出演で、ニューヨーク、マンハッタンを舞台に、一人の中年作家と彼を取りまくニューヨーカーたちの恋愛模様を描いています。第52回アカデミー賞脚本賞ウディ・アレン/マーシャル・ブリックマン)、助演女優賞(マリエル・ヘミングウェイ)にノミネートされ、また文化的に重要としてアメリカ国立フィルム登録簿に登録、アメリカ議会図書館に永久保存されている作品です。

 

 「マンハッタン」のDVD(Amazon

Amazonビデオで観る*1

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:ウディ・アレン
脚本:ウディ・アレン/マーシャル・ブリックマン
撮影:ゴードン・ウィリス
出演:ウディ・アレンアイザック
   ダイアン・キートン(メリー)
   マイケル・マーフィー(エール)
   マリエル・ヘミングウェイ(トレーシー)
   メリル・ストリープ(ジル)
   エミリー(アン・バーン)
   ほか

 あらすじ

  • テレビ作家のアイザックウディ・アレン)と教師のエール(マイケル・マーフィ)は友人です。42才のアイザックは、17才の女子学生、トレーシー(マリエル・ヘミングウェイ)と付き合っています。エールには妻エミリー(アン・バーン)がいるものの、雑誌ジャーナリストのメリー(ダイアン・キートン)と浮気しています。アイザックはメリーを紹介されますが、頭でっかちな考え方に辟易します。
  • アイザックはテレビ番組の笑いのレベルが年々低下していることに嫌気が差し、スタッフと喧嘩して仕事を辞めてしまいます。二度の離婚により、養育費を払っているアイザックは生活が困窮、引っ越しします。同性の恋人に走った2番目の妻のジル(メリル・ストリープ)は、アイザックとの結婚生活を暴露本として出版しようとします。
  • メリーはエールが妻と別れようとするのを嫌い、エールも妻と別れず、結局、破局します。エールはアイザックにメリーと付き合うように勧め、アイザックも17才のトレーシーとは別れなければならないと思っており、メリーと付き合うことにします。トレーシーがロンドンで演劇の勉強をすることになり、それを機会にアイザックはトレーシーに別れ話をします。
  • アイザックとメリーは一緒に暮らすようになりますが、エールがメリーに会いたいと電話をかけてきます。メリーもエールを忘れられず、やがて二人はまた会うようになります。メリーはアイザックにエールの元に帰ると言い、それに怒ったアイザックは授業中のエールの元に怒鳴り込み、怒りを爆発させます・・・。

レビュー・解説

ガーシュインラプソディ・イン・ブルーをバックにモノクロのマンハッタンの風景で始まる本作は、ビタースイートなニューヨーカーの恋愛模様をウィットの効いたセリフで品よくユーモラスに描き、初期の作品の中で最もウディ・アレンらしさが感じられる、彼の代表的ロマンティック・コメディ&ドラマ映画です。

 

モノクロのニューヨークの風景が美しい

f:id:DaysLikeMosaic:20170318024946j:plain

 

ニューヨーカーのビタースイートな恋愛模様やライフスタイルをユーモラスに描く

f:id:DaysLikeMosaic:20170318024954j:plain

 

冒頭、クラリネットのソロで始まるガーシュインラプソディ・イン・ブルーをバックに、美しいマンハッタンの風景がモノクロで映し出され、心を鷲掴みにされます。ウディ・アレン監督は、このモノクロのロマンティックな映画の制作を、ガーシュインのレコードから触発されたと言います。「ラプソディ」(狂詩曲)には、「民族音楽風で叙事詩的な、特に形式がなく自由奔放なファンタジー風の楽曲」という意味があります。ジャズをアメリカにおける一種の民族音楽と捉えるガーシュインが、「アメリカン・ラプソディ」というタイトルでジャズ風のピアノと管弦楽の為の曲を作曲、後によりジャズを連想させるタイトルに改題されたのが、「ラプソディ・イン・ブルー」(ジャズ風のラプソディ)です。ウディ・アレン自身、ジャズを好むクラリネット奏者ですが、彼の音楽センスと映像センスが見事に結実した作品と言えます。

 

ゴッドファーザー」シリーズ(1972年〜1990年)の陰影に満ちたライティングと琥珀色のノスタルジックな色彩、絵画のように構成された映像で映画界に衝撃を与え、「暗闇の王子」と呼ばれた撮影監督のゴードン・ウィリスは、「アニー・ホール」(1977年)でウディ・アレン監督と組み、ウディ・アレン映画作家としての才能を飛躍させました。その後、二人は「マンハッタン」の撮影を始めますが、二人ともニューヨークはモノクロで撮らねばならないと考えており、モノクロ撮影は昼食を食べながらいとも簡単に決まりました。制作会社のユナイテッド・アーティスツは、当初、その市場性を懸念しましたが、最終的にモノクロでの撮影に合意しました。ニューヨークの美しい風景が挿入されている他、驚くくらい数多くの場所でロケをしており、ウディ・アレンのニューヨーク愛が感じられる作品でもあります。

 

アニー・ホール」の成功により、ユナイテッド・アーティスツに好きな映画を撮って良いと言われていたウディ・アレン監督は、「アニー・ホール」と「インテリア」(1978年)を組み合わせる様な形で本作を制作します。彼は「インテリア」で初めてシリアスなドラマに挑戦したものの、興行的に失敗、本作ではコミカルなドラマの方向性を目指したものと思われます。

 

ウディ・アレンアイザック

f:id:DaysLikeMosaic:20170318025007j:plain

 

ダイアン・キートン(メリー)

f:id:DaysLikeMosaic:20170318025016j:plain

アニー・ホール」で演じたアニーに比べて屈折した役柄だが、都合8回、ウディ・アレンの映画に出演、そのうち7回を彼が監督を務め、6回が彼との共演というキートンは、ウディ・アレンとぴたりと呼吸の合った演技を見せる。

 

マイケル・マーフィー(エール)

f:id:DaysLikeMosaic:20170318025028j:plain

 

マリエル・ヘミングウェイ(トレーシー)

f:id:DaysLikeMosaic:20170318025044j:plain

当時18歳、内気で怖気づいていたというヘミングウェイは、ウディ・アレン監督の巧みなリードで、ナチュラルで新鮮な素晴らしいパフォーマンスを見せ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

 

メリル・ストリープ(ジル)

f:id:DaysLikeMosaic:20170318025056j:plain

アイザックの別れた妻役を演じるメリル・ストリープは、存在感が半端ない。出番は多くないが、彼女が登場すると画面がぴりりと引き締まる。ウディ・アレンの映画が、一瞬、彼女の映画になる印象だ。

 

トレイシー役の第一選択は、マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」(1972年)で12歳の少女娼婦アイリス役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされたジョディ・フォスターでしたが、結局、実現せず、作家アーネスト・ヘミングウェイの孫である、マリエル・ヘミングウェイに白羽の矢が立ちました。当時、18歳で、内気で怖気づいていたというヘミングウェイは、次の様に語っています。

ウディは映画製作の一部のように私を扱ったわ。私が内気で怖気づいていたことを知っていた彼は、私を美術館に連れていき、マンハッタンに住む若い女の子がどんな風だか、経験させてくれたの。今となっては、滅多にないことよ。彼は基本的に、俳優任せなの。だから、一度、親しくなることによって、それを私にわからせようとしたんだと思うわ。だから、映画で彼が別れを切り出すシーンでは、家族と別れるような雰囲気を自然と感じたわ。それは私がよく知っている雰囲気で、私は彼を友人のように思っていたから。彼の目をじっと見ながら彼の言うことを聞いた、とてもとても注意深くね。(マリエル・ヘミングウェイ

 

16歳の時に「アニー・ホール」出演、編集でカットされた女優のステイシー・ネルキンは、17歳の時に42歳のウディ・アレン監督と恋愛関係にあり、本作のステイシーのモデルは彼女自身であるとしていますが、ウディ・アレン監督は彼女との関係はもっと後のことだとしています。真偽のほどはわかりませんが、ニューヨーク州の性的合意年齢は18歳の為、彼はステイシーの言い分を認められない立場にあります。なお、ステイシー・ネルキンは本作に出演していませんが、後に「ブロードウェイと弾丸」(1995年)に小役で出ています。

 

ダイアン・キートン演じるメリーは「アニー・ホール」で演じたアニーに比べて屈折した役柄ですが、都合8回、ウディ・アレンの映画に出演しており、そのうち7回を彼が監督を務め、6回が彼との共演というキートンは、ウディ・アレンとの呼吸もぴったりです。メリル・ストリープは主人公の別れた妻役で、存在感が際立っています。出番は多くありませんが、彼女が登場すると画面がぴりりと引き締まり、ウディ・アレンの映画が、一瞬、彼女の映画になる印象です。因みに、ストリープは、同年に公開された「クレイマー、クレイマー」で、ダスティン・ホフマンを相手に同じく別れた妻役を演じています。本作でエールの妻、エミリーを演じているアン・バーンは、実生活でダスティン・ホフマンの別れた妻で、ウディ・アレンとキートンが一時、恋愛関係にあったことに加え、くっついたり離れたりしながらも同じ業界で、時に同じ仕事をしている現実が、本作で描かれている恋愛事情と重なり、興味深いです。

 

ウディ・アレンは「アニー・ホール」、「インテリア」に続いて本作と、三年連続でアカデミー脚本賞にノミネートされました。ナチュラルで新鮮な、素晴らしいパフォーマンスを見せたヘミングウェイも、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされてます。本作からのノミネートはヘミングウェイになりましたが、主人公の別れた妻を演じたストリープは同年公開の「クレイマー、クレイマー」で同じく別れた妻役を演じ、アカデミー助演女優賞を獲得しています。ヘミングウェイにとっては残念ですが、これはもはや格の差としか言いようがありません。

 

高い評価を得、興行的にも成功した本作ですが、ウディ・アレン本人自身は失敗作と考え、もう一本、ギャラなしで撮るからこの映画は公開しないでくれと、制作会社のユナイテッド・アーティストに頼んでいます。

これしかできないなら、制作会社は私に制作費を払うべきじゃないと考えたんだ。

自分で見て夢中になれなかった。今日に至るまで、がっかりしたことしか思い出せない。ゴードン・ウィリスが撮ったモノクロ映像だ、美しく撮れている。出演者もいい。でも、脚本が説教じみていて、独善的なんだ。(ウディ・アレン

  

しかし、逆に言えば、他の作品に比して彼の価値観がより強く滲み出ている、より彼らしい作品で、ウディのファンにとってはそこが何よりの魅力です。ウディ・アレンの価値観を感じさせる場面は随所にありますが、卑近な例では、アイザックが挙げる「生きる価値をもたらすもの」は、紛れもなくウディ・アレン自身のものです。

 

 「マンハッタン」のポスター(Amazon

 

余談になりますが、主人公の友人、エールはスポーツカーが好きで、最初はフォード・マスタングの1967年型のコンバーチブルに乗っており、これをポルシェ356に乗り換えます。フォード・マスタングは、ベビーブーマー世代向けの中型車として開発されました。低価格ながらスポーティーな外観と充分な性能で、T型フォード以来と言われる大ヒットとなり、「ポニー・カー」(マスタング(野生馬)に引っ掛けた仔馬の車という意味で、日本で言うスポーティ・カーに近い)という新たな分類を生み出しました。シリーズは未だに健在で、「ブリット」、「007 ダイヤモンドは永遠に」、「バニシングin60″」、「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」など、数多くの映画に登場します。 

フォード・マスタング1964年型コンバーチブルのミニカー(Amazon

 

一方、エールが乗り換えるポルシェ356は、1948年から1985年まで生産されたドイツの高級スポーツカーです。どこかしら大衆性を感じさせるフォード・マスタングに比べて、よりスノッブなイメージを持つ車です。こちらも映画「トップガン」で女性教官がさっそうと乗り回すほか、「ノーマンズランド」、「ブリット」、「スペースカウボーイ」などの映画に登場します。本作の中で、「ニューヨークでは車は不要」という下りがありますが、そんなニューヨークでいずれもスポーツカー、さらにオープンというのがミソで、エールのスノッブな人物像を象徴しています。 

 

 ポルシェ356 カブリオレのミニカー(Amazon

サウンドトラック

 Manhattann Original Soundtrack 輸入版 CD(Amazon

1. Rhapsody in Blue (Inst.) by Gary Graffman & New York Philharmonic Orchestra
2. Land Of The Gay Caballero (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
3. Someone To Watch Over Me (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
4. I've Got A Crush On You (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
5. Do, Do, Do (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
6. Mine by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
7. He Loves And She Loves (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
8. Bronco Busters (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
9. Oh, Lady Be Good (Inst) by Zubin Mehta;New York Philharmonic Orchestra
10. 'S Wonderful (Inst) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
11. Love Is Here To Stay by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
12. Sweet And Low-Down (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
13. Blue, Blue, Blue (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
14. Embraceable You (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
15. He Loves And She Loves (Inst.) by Zubin Mehta;New York Philharmonic Orchestra
16. Love is Sweeping the Country/Land of the Gay Caballero (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
17. Strike Up The Band (Inst.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra
18. But Not For Me (Instr.) by Zubin Mehta & New York Philharmonic Orchestra

動画クリップ(YouTube

撮影地(グーグルマップ)

 

 「マンハッタン」のDVD(Amazon) 

関連作品

ウディ・アレン監督作品 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る