読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「パーフェクト・カップル」:クリントンをモデルに大統領選挙戦の舞台裏を描いたポリティカル・コメディ

アメリカ映画

「パーフェクト・カップル」(原題:Primary Colors)は、1998年公開のアメリカのコメディ映画です。1992年のビル・クリントンの最初の大統領キャンペーン材をとったベストセラー「プライマリー☆カラーズ 小説大統領選」(早川書房刊)の映画化で、大統領選に出馬した矢先にスキャンダルに巻き込まれた州知事とその妻の大騒動を描き、第71回アカデミー書の助演女優賞キャシー・ベイツ)と脚色賞にノミネートされています。

 

 「パーフェクト・カップル」のDVD(Amazon

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:マイク・ニコルズ
脚本:エレイン・メイ
原作:ジョー・クライン「プライマリー☆カラーズ 小説大統領選」
出演:ジョン・トラボルタ(ジャック・スタントン)
   エマ・トンプソン(スーザン・スタントン)
   ビリー・ボブ・ソーントン(リチャード・ジェモンズ)
   キャシー・ベイツ(リビー・ホールデン
   ラリー・ハグマン(フレッド・ピッカー)
   エイドリアン・レスター(ヘンリー・バートン)
   モーラ・ティアニー(デイジー・グリーン)
   ポール・ギルフォイル(ハワード・ファーガソン
   レベッカ・ウォーカー(マーチ・カニンガム)
   キャロライン・アーロン(ルシール・カウフマン)
   ジーヤ・カリディス(カシミア)
   ほか

あらすじ

大統領選に出馬した州知事ジャック・スタントン(ジョン・トラヴォルタ)とその妻スーザン(エマ・トンプソン)は選挙キャンペーンに追われていました。大学での出会い以来、持ち前の楽天的な性格とコネで政治の道に進み州知事に登りつめたジャックと、彼を支えながら自らエリート弁護士として辣腕をふるったスーザンは、世間から理想の夫婦と見られていましたが、ジャックは女グセが悪く、キャンペーンがはじまった矢先から不倫暴露テープの発覚、逮捕歴疑惑、妊娠騒動とスキャンダルが続々と浮き上がってきます。選挙対策本部長のヘンリー(エイドリアン・レスター)はそのたびに対応に追われ、凄腕の選挙コンサルタントのリチャード(ビリー・ボブ・ソーントン)やスキャンダル潰しのプロであるリビー(キャシー・ベイツ)らの協力を要請したりとてんてこまいです。スーザンは夫に愛想をつかしながらも、未来のファーストレディとして理想の夫婦を演じ続けます。彼女はジャックを誰よりも良く理解し、ジャックも浮気をや失敗を重ねながらも、そんな彼女を誰よりも心の支えにしていまう。結局のところ愛し合っているふたりは、共に闘いながら、世間の荒波を乗り切っていこうとします。

レビュー・解説 

「パーフェクト・カップル」とロマンティックな邦題がついていますが、基本的には政治(選挙)のコメディです。原作となった「プライマリー☆カラーズ 小説大統領選」は、実在の人物と事件、即ちビル・クリントンと彼の最初の大統領選のキャンペーンを描いたフィクションで、最初は覆面作家の形で出版されました。ビル・クリントン以外も、以下の実在の人物をモデルにしていると言われています。

  • ジャック・スタントン:ビル・クリントン
  • スーザン・スタントン:ヒラリー・クリントン
  • リチャード・ジェモンズ:ジェームズ・キャバレリ
  • リビー・ホールデン:ベツィ・ライト/ヴィンス・フォスター
  • フレッド・ピッカー:ジェリー・ブラウン他
  • ヘンリー・バートン:ジョージ:ステファノプロス
  • デイジー・グリーン:マンディ・グルンワルド/ディ・ディ・メイヤーズ
  • ハワード・ファーガソン:ハロルド・イッカーズ
  • ルシール・カウフマン:スーザン・トーマセス
  • カシミア:ジェニファー・フラワーズ

この映画を面白くしているは、ジャック・スタントンという架空の人物が、まさにビル・クリントンのように前向きで憎めない性格として描かれており、さらにジョン・トラボルタが明らかにビル・クリントンをモデルに演技していることです。映画の中で、ジャック・スタントンの女癖の悪さが示唆される一幕がありますが、ちょうどこの映画が公開される頃に、ビル・クリントンとモニカ・ルインスキーの不倫事件が発覚し大統領の弾劾裁判にまで発展したのは、もともとビル・クリントンの性格がそういうリスクを内在していたということなのかもしれません。大統領の弾劾は上院で否決されましたが、この映画で描かれているキャンペーン・スタッフ同様、大統領のスタッフも大変な思いをしたに違いありません。

 

スタントン夫妻(ジョン・トラボルタエマ・トンプソン

f:id:DaysLikeMosaic:20150914035512j:plain

 

選挙キャンペーンのスタッフ

f:id:DaysLikeMosaic:20150914035532p:plain

 

選挙戦の理想と現実が、この映画のもうひとつのポイントになっています。

HENRY: I wondered how it would be to work with someone. . . who actually cared about. . . I mean. . . It couldn't always have been the way it is now. It must have been different in my grandfather's time. You were there. You had Kennedy. I didn't. I've never heard a president say "destiny" and "sacrifice" without thinking, "bullshit." Okay, maybe it was bullshit with Kennedy, too. but. . . but people believed it. and I guess, that's what I want. I want to believe it. I want to be part of something that's history.
ヘンリー:国民と向き合っている人の下で働きたかったんです。つまり、昔は政治が今のようだったとは思えないんです。祖父の時代、ケネディの時代、ケネディの「運命」とか「犠牲」って言葉に嘘っぽさは無かった。本当は口先だったのかもしれないけど、それでも人々は彼を信じた。僕もそういうものを信じて、その一部になりたい。歴史の一部になりたい。

LIBBY: She can't hurt us. She's selling a story. She has no proof. It's the tip of the iceberg. Jackie's done some pretty stupid things. He's poked his pecker in some sorry trash bins. stop them before they stop us. Crush 'em and sweep 'em up. From now on, you can call me the Dustbuster.
リビー:大丈夫よ。彼女はネタを売ってるだけ。証拠はないわ。氷山の一角よ。ジャッキーは馬鹿な事をしてくれたわ。ゴミみたいな女とやっちゃったのよ。潰される前に潰すのよ。掃除しちゃうのよ。これからは私をゴミキラーと呼んで。

LIBBY: I said to Jack, We got to get the same capability as the CIA. Remember, Jack? We have to do dirt, too. And you said, No. Our job is to end all that. Our job is to make it clean. Becausee if it's clean, we win. Because our ideas are better. You remember that, Jack?
JACK: That was a long time ago.
SUSAN: Libby, you said it yourself. We were young. We didn't know how the world worked. Now we know.
リビー:私はジャックに言ったの、CIAのように汚い手で対抗しなきゃって。覚えてる?あなたは「そうしたことを終わらせるのが我々の仕事だ、政治を浄化すれば勝てる、我々の政策の方がいいのだから」って。覚えてる?
ジャック:それは昔の話だ。
スーザン:あなたも言ったわ。「私たちは若かった」って。何もわかっていなかったのよ。今は違う。

JACK: This is it, Henry. This is the price you pay to lead. You don't think Lincoln was a whore before he was president? He had to tell his stories and smile his back-country grin. He did that so one day he'd have the opportunity. . . to stand before the nation and appeal to our better nature. That's where the bullshit stops. That's what it's all about. Making the most of it, doing it the right way. You know that there are plenty of people in this game. . . . who don't think that way. They'll sell their souls. . . Iie to people, divide them, play on their fears, for nothing. Just for the prize.
ジャック:これが勝つ為に支払う代償だ。リンカーンも大統領になる前は、大衆の前で朴訥な田舎者の芝居をした。いつの日か、国民の前で、人類の理想を掲げるチャンスを得る為だ。これが汚い戦いの終点だ。手にした力を正しいことの為に役立てる。もちろん、そうではない政治家は多い。自分の魂を売り、どぶの中を這いずり、自分の利益の為に嘘をつき、人々の対立心を恐怖心を煽る。

JACK: We can do incredible things. We can change this whole country. I'm going to win this. And when I do, we' re going to make history. Look at me and tell me it's not going to happen. Look at me and tell me you don't want to be part of it.
ジャック:改革を打ち出そう。この国を変えよう。私は選挙に勝ち、新しい歴史を作る。私の目を見ろ、きっとそうなる。目を見ろ、その歴史を作りたいだろ?

関連作品 

パーフェクト・カップル」の原作本

  ジョー・クライン「プライマリー カラーズ 小説大統領選」(Amazon

 

ジョン・トラボルタの出演作

  「サタデー・ナイト・フィーバー」のDVD(Amazon

  「グリース」のDVD(Amazon

  「ミッドナイトクロス」のDVD(Amazon

  「パルプ・フィクション」のDVD(Amazon

  「フェイス/オフ」のDVD(Amazon

  「ヘアスプレー」のDVD(Amazon

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp