読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

スティーブン・ソダーバーグ監督〜若くして頭角を現し、商業的成功も収めた、撮影、編集も自らこなすオールマイティな監督

監督

スティーブン・ソダーバーグ(1963年 - )は、ジョージア州アトランタ出身のアメリカの映画監督・脚本家・プロデューサーで、「アウト・オブ・サイト」、「エリン・プロコビッチ」、「トラフィック」、「オーシャンズ」シリーズなど、数々の名作、ヒット作の監督して知られています。

 

f:id:DaysLikeMosaic:20170122184418j:plain

 

目次

略歴と作品の傾向

高校生の時から16ミリで映画を作りはじめ、卒業後は進学せず、ハリウッドで編集者として働きます。その後、ルイジアナで映画制作と脚本執筆を続け、長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」(1989年)でサンダンス映画祭観客賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを史上最年少(26歳)で受賞します。しばらく商業的低迷が続きますが、ジョージ・クルーニー主演の「アウト・オブ・サイト」(1989年)で成功を収め、2000年には「エリン・ブロコビッチ」と「トラフィック」でアカデミー監督賞にダブルノミネート(第11回アカデミー賞のマイケル・カーティス以来62年ぶり2人目の快挙)、後者で受賞を果たします。翌年の「オーシャンズ11」ではジョージ・クルーニーマット・デイモンブラッド・ピットジュリア・ロバーツドン・チードルなど豪華オールスターキャストを揃え、全世界で4億ドル以上の興行収入を記録します。

脚本、撮影、編集など、監督以外の役割も自ら手がけることが少なくなく、しばしば別名でクレジットされます。特に撮影を手がけることが多く、セリフのないシーンを映像で語ることができるのが彼の作品の特徴のひとつとなっています。また、ジョージ・クルーニー(6回)、マット・デイモン(7回)など、同じ俳優を繰り返して起用する傾向があります。

2013年の「サイド・エフェクト」を最後に一旦、映画監督から引退しましたが、今年(2017年)、復帰作が公開される予定です。

撮影、編集等の兼務と俳優の出演傾向

主な作品 公開 スティーブン・
ソダーバーグ
出演傾向 備考
監督 脚本 撮影 編集 ジョージ・クルーニー マット・デイモン
セックスと嘘とビデオテープ 1989       アカデミー脚本賞候補
アウト・オブ・サイト 1998       ◯     
イギリスから来た男 1999            
エリン・ブロコビッチ 2000           アカデミー監督賞候補
トラフィック 2000       ◯  アカデミー監督賞受賞
オーシャンズ11 2001     ◯   
ソラリス 2002 ◯     
オーシャンズ12 2004     ◯   
さらば、ベルリン 2006   ◯     
オーシャンズ13 2007     ◯  ◯   
チェ 39歳 別れの手紙 2008          
インフォーマント! 2009       ◯   
コンテイジョン 2011       ◯   
エージェント・
マロリー
2012        
マジック・マイク 2012        
サイド・エフェクト 2013        
恋するリベラーチェ 2013     ◯   

主な監督作品

主なスティーブン・ソダーバーグ監督作品のDVD(Amazon

  「セックスと嘘とビデオテープ」(1989年)

  「アウト・オブ・サイト」(1998年)

  「イギリスから来た男」(1999年)

  「エリン・ブロコビッチ」(2000年)

トラフィック」(2000年)

  「オーシャンズ11」(2001年)

  「ソラリス」(2002年)

オーシャンズ12」(2004年)

  「さらば、ベルリン」(2006年)

  「オーシャンズ13」(2007年)

  「チェ 39歳 別れの手紙」(2008年)

  「コンテイジョン」(2011年)

  「エージェント・マロリー」(2012年)

  「マジック・マイク」(2012年)

  「サイド・エフェクト」(2013年)

  「恋するリベラーチェ」(2013)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp