夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「キャプテン・フィリップス」:穏やかな日常から緊張のクライマックスへ、実話に基づく救出劇

キャプテン・フィリップス」(原題:Captain Phillips)は、2013年公開のアメリカの映画です。2009年にソマリア沖で海賊の襲撃により人質になり、アメリカ海軍特殊部隊「SEALs」によって救出されたマースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップスの回顧録「キャプテンの責務」を映画化したものです。

 

 「キャプテン・フィリップス」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで見る*2

 

目次

キャスト・スタッフ 

監督:ポール・グリーングラス
脚本:ビリー・レイ
原作:リチャード・フィリップス/ステファン・タルティ「キャプテンの責務」
出演:トム・ハンクス(リチャード・フィリップス、マースク・アラバマ号の船長)
   バーカッド・アブディ(アブディワリ・ムセ、海賊のリーダー)
   ほか

あらすじ 

2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号はインド洋を順調に航行していましたが、ソマリア沖で4人組の武装した海賊に襲われます。船長のリチャード・フィリップスは乗組員を機関室にかくまい、単身で海賊たちと救命艇に乗り移ります。襲撃の報告を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始します・・・。

レビュー・解説 

海賊は遠い昔の話ではないんですね。アフリカの組織化されたちいさなグループがお金を目的に船舶を攻撃します。巨大な運搬船は、小さなボートに乗った武装した海賊に対して、十分に防備されていませんでした。実話に基づいた「キャプテン・フィリップス」は、穏やかに始まり、緊張感に満ちたクライマックスに向けて、徐々に盛り上がっていきます。巧みに監修された、スリリングな娯楽作品です。トム・ハンクスのパフォーマンスは、名人芸の領域です。

 

海賊の襲撃シーン〜「キャプテン・フィリプス」

 

実際の事件の際、救命ボートの内部は摂氏38度を超える暑さでした。映画ではそれほど極端に描かれていませんが、リチャード・フィリップス本人は、如何に居心地が悪く、緊張に拍車をかけたか描いています。救命ボートから脱出しようとした際、サメが出没する海を泳いでいることを知りながらも、一時でもその暑さから逃れられることが、彼にとって大きな救いでした。映画の撮影は、水の上に浮かべられたスケールモデルの中で行われましたが、ボートは常に揺れており、トム・ハンクスは狭苦しいスペースで船酔いした撮影クルーに吐きかけられてしまいました。

 

救命ボートに乗り移るシーン〜「キャプテン・フィリプス」

 

4人のソマリア人俳優は、この映画が演技の初デビューでした。予告編で有名になった、 

Muse: Look at me! I'm the captain now.

ムセ:俺を見ろ。今から、俺が船長だ。

は、この新人俳優のアドリブでした。トム・ハンクスは、艦橋襲撃シーン撮影の際に初めてこのソマリア人俳優たちに会いました。これは、ポール・グリーングラス監督による意図的な配慮で、乗組員役と海賊役の俳優達の間に緊張感を生む為のものでした。

 

実際の事件で、リチャード・フィリップス船長は五日間、救命ボードで過ごし、海賊達に処刑の真似事などの肉体的拷問を受けました。排尿の為に外に出ることも、家族に手紙を書く事もできませんでした。救出後、ショックに襲われた彼を手当した衛生兵のダニエル・アルバート本人が映画に出演し、船長を即興で診察しています(口調がとてもリアルだと思いましたが、本物の衛生兵でした)。彼女は通常の手順で良いと言われていたのですが、スターに会えた感激の余り固まってしまい、「固まる役は君ではなく、僕だ」と、トム・ハンクスにからかわれました。彼女を含む、すべての海軍のクルーの演技は勤務扱いで行われた為、ノー・ギャラでした。

 

ダニエル・アルバートが手当をするシーン〜「キャプテン・フィリップス

翻訳は脚注参照*3

厳しい状況から、医療の管理下に入った安心感が伝わってきます。

 

 「キャプテン・フィリップス」のDVD(Amazon

関連作品

キャプテン・フィリップス」の原作本Amazon

  リチャード・フィリップス著「キャプテンの責務」

 

ポール・グリーングラス監督作品のDVD(Amazo)

  「ユナイテッド93」(2006年)

  「ボーン・アルティメイタム」(2007年)

 

トム・ハンクス出演作品のDVD(Amazon

  「ビッグ」(1988年)

  「アポロ13」(1995年)

  「すべてをあなたに」(1996年)

  「プライベート・ライアン」(1998年)

  「グリーンマイル」(1999年)

  「キャスト・アウェイ」(2000年)

  「ロード・トゥ・パーディション」(2002年)

  「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2002)

  「ターミナル」(2004年)

  「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(2007年)

     「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015年)

     「ハドソン川の奇跡」(2016年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

*1:本文に戻る

*2:本文に戻る 

 

*3:ダニエル・アルバートが手当をするシーンの翻訳

Corpsman: I’m Chief O'Brien. I’ll be here for your appointment today. Can you tell me what’s gong on? Can you talk? Can you tell me what’s gong on?
Captain: Yeah. I’m okay.
Corpsman: Are you okay? But you don’t look okay. Are you in any pain right now? Are you in any pain right now? Right there, on your side. Okay. Let me see it really quick. Can you lift up your arm a little bit? Does that hurt? Little bit?
Captain: Little bit.
Corpsman: Okay. Is it tender? Go ahead and put your arm down. I need you to look at me. I need you to calm down… and I need you to breathe… there you go. Deep breaths. There you go. Very good. Awesome. Now I want you to relax your arm. Okay. We’re gonna put this on your finger, get heart rate and oxygen level… make sure you’re breathing. Okay?
Captain: Okay.
Corpsman: I want you to keep doing that, okay?  What happened to your head? Captain, can you tell what happened to your head?
Captain: They...
Corpsman: It's okay, take your time.Take your time. There are 2 cm laceration on the left elbow. It’s okay. It’s all right.
Captain: Okay. Okay.
Corpsman: I want you to look at me and I want you to breathe. Do you understand?
Captain: Yeah.
Corpsman: Okay, all right. He’s got a 4 cm gap. Little laceration there on the left temple. Okay, very good. All right. You’re doing great, okay? Did all this blood come from your eyebrow on your head?
Captain: What?
Corpsman: Did all this blood come from your eyebrow right hear and your head? All of this.
Captain: Well, no not all of it.
Corpsman: Okay.
Captain: That’s not mine.
Corpsman: Okay. all right. Look at me. We are gonna lay you down.
Captain: Okay.
Corpsman: All right.
Captain: Yeah.
Corpsman: I want you to lay down nice and gently. Nice and gently. You’re okay. I got you. There you go. Very good. Captain, you are safe now, Okay?
Captain: Thank you.
Corpsman: You are welcome. You’re okay.
Captain: Thank you.
Corpsman: You are welcome.
Captain: Does my family know?
Corpsman: Your family knows you’re safe. And you’ll be able to call them as soon as you are taken care of. Sir, I need you to breathe, okay?  You’re safe and you`re fine. It’s gonna be okay.  Everything’s gonna be okay.  It’s gonna be okay.
衛生兵: 本日、あなたを担当する看護師長のオブライエンです。今、どんな具合か話してください。話せますか?今、どんな具合か話してください。
船長: はい。大丈夫です。
衛生兵: 大丈夫ですか?そうは見えませんよ。どこか、痛いところはありますか?どこか、痛いところはありますか? 脇のそのあたりですね。はい。 ちょっと、腕を持ち上げてください。痛みますか?少し?
船長: 少し。
衛生兵: はい。痛みますか? はい、いいですよ、腕を降ろしてください。私をみてください。落ち着いて… 息を吸ってください... はい。 … 深く息を吸って、はい。いですよ、いいですよ。腕を楽にしてください。いいですよ。これを指につけて、心拍と酸素をレベルを測りますから。ちゃんと息をしてください。
船長: はい。
衛生兵: ずっと、そうしてください。 頭はどうしましたか?船長、頭をどうしたか、話してもらえますか?
船長: 彼らが・・・。
衛生兵: いいですよ。ゆっくりで。ゆっくりで、いいですよ。左の眉に2センチの裂傷。大丈夫。大丈夫ですよ。
船長: はい。はい。
衛生兵: 私を見て息をして。わかりますか?
船長: はい。
衛生兵: いいですよ。 4センチほど裂けています。左のこめかみに小さな裂傷。いいですよ、いいですよ。ちゃんと出来ていますよ。大丈夫ですか? この血は、全部、あなたの眉から出たものですか?
船長: えっ?
衛生兵: この血は、全部、あなたの眉から出たものですか?これ全部。
船長: いや、全部じゃない。
衛生兵: わかりました。
船長: 私のじゃない。
衛生兵: はい。大丈夫ですよ。私をみてください。横にしますからね。
船長: はい。
衛生兵: いいですよ。
船長: はい。
衛生兵: ゆっくりと横になってくださいね。ゆっくりと。大丈夫ですよ。掴んでいますからね。 はい。いいですよ。船長、もう大丈夫です。
船長: ありがとうございます。
衛生兵: どう致しまして。大丈夫ですよ。
船長: ありがとうございます。
衛生兵: どう致しまして。
船長: 家族は知っていますか?
衛生兵: ご家族はご無事をご存知です。処置が終わり次第、連絡がとれますからね。 しっかりと息をしてくださいね。 もう安心ですよ。もう大丈夫です。もう大丈夫ですよ。もう大丈夫ですよ。