夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「はじまりへの旅」:アメリカの大自然の中で子供達と自給自足、体育、知育、理想の子育てが巻き起こす騒動を描いたファミリーコメディ

「はじまりへの旅」(原題:Captain Fantastic)は、2016年のアメリカのコメディ&ヒューマン・ドラマ映画です。 マット・ロス監督・脚本、ヴィゴ・モーテンセンら出演で、アメリカ北西部の山奥で自給自足の暮らしをする一家が、母親の死を弔うため、2400キロ離れたニューメキシコを目指す旅を描いています。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞、第89回アカデミー賞で主演男優賞(ヴィゴ・モーテンセン)にノミネートされた作品です。

 

 「はじまりへの旅」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2 

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:マット・ロス
脚本:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン(ベン・キャッシュ)
   ジョージ・マッケイ(ボゥドヴァン「ボゥ」キャッシュ)
   サマンサ・アイラー(キーラー・キャッシュ)
   アナリース・バッソ(ヴェスパー・キャッシュ)
   ニコラス・ハミルトン(レリアン・キャッシュ)
   シュリー・クルックス(ザジャ・キャッシュ)
   チャーリー・ショットウェル(ナイ・キャッシュ)
   キャスリン・ハーン(ハーパー)
   トリン・ミラー(レスリーアビゲイル・キャッシュ)
   スティーヴ・ザーン(デイブ)
   イライジャ・スティーブンソン(ジャスティン)
   テディ・ヴァン・イー(ジャクソン)
   エリン・モリアーティ(クレア)
   ミッシー・パイル(エレン)
   フランク・ランジェラ(ジャック)
   アン・ダウド(アビゲイル
   ほか

あらすじ

  • 資本主義社会や現代アメリカ人の生き方に幻滅したベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)は、6人の子供たちとともに、アメリカ北西部ワシントン州の森の奥深くで暮しています。ベンは、子どもたちにサバイバル技術と哲学を教え込み、健康で活発な肉体と批判的精神を養う為に厳しい訓練を実施、森での生活を通じてテクノロジーに頼らず自然と共生する素晴らしさを体験させています。
  • そんな父親仕込みの訓練と教育により、アスリート並みの体力を持つ子供たちはいくつもの外国語を流暢に話すことができます。18歳の長男ボゥドヴァン(ジョージ・マッケイ)は名立たる大学すべてに合格するほど優秀ですが、女子と話すのが苦手です。キーラー(サマンサ・アイラー)とヴェスパー(アナリース・バッソ)は双子の姉妹で、キーラーはエスペラント語、ヴェスパーは狩りが得意です。レリアン(ニコラス・ハミルトン)は他の兄弟と違い、ただ一人、森での生活に疑問を持ち、ベンに反発します。好奇心旺盛なサージ(シュリー・クルックス)は動物の剥製を作るのが趣味で、末っ子のナイ(チャーリー・ショットウェル)は裸でいるのが大好きです。
  • 森のなかで幸せな生活を送っていたキャッシュ一家ですが、双極性障害で入院していたベンの妻レスリー(トリン・ミラー)が自らの命を絶ってしまいます。妹のハーパー(キャスリン・ハーン)からこの事実を知らされたベンは、義父のジャック(フランク・ランジェラ)と葬儀の手配についての話し合いますが、レスリーの遺志に従い仏式の火葬にしたいベンと、キリスト教の流儀に従い土葬にしたいジャックは言い争いになってしまいます。結局、葬儀はキリスト教式で行われることになり、ベンはレスリーの遺志を守る為に、子供たちを連れて葬儀の行われるニューメキシコまで2400キロの旅に出ます。かくして、チョムスキーは知っていてもコーラもホットドッグも知らない世間知らずな子供たちが、初めて森の外の生活を体験することになります・・・。

レビュー・解説

アメリカ北西部の美しい大自然とワイルドで知的な自給自足のライフスタイル、理想の子育てが巻き起こすつ騒動を、ヴィゴ・モーテンセンと6人の子役たちのコミカルなパフォーマンスで描き、知的な触発、笑いと感動が見る人を惹きつけるファミリー・コメディ&ドラマ映画です。

ワイルドなライフスタイルとホーム・スクーリング

ワシントン州立大学が保護するアメリカ北西部の森林で撮影されていますが、ロケ地を取り巻く大自然が美しく、また、その中で繰り広げられるキャッシュ一家のワイルドな自給自足生活がとても魅力的です。実は、1980年代にマット・ロス監督の母親が隣のオレゴン州で小規模なコミューン(共同生活体)を始め、ロス監督自身も一番近い民家まで90分もかかるような人里離れた森の奥深くで暮らしていました。映画で描かれているワイルドなライフスタイルは、そんな彼の経験に基づいたリアルなものです。

 

大自然の中で自給自足の生活を送るキャッシュ一家

f:id:DaysLikeMosaic:20180317213723j:plain

 

主人公のベンは、自らの哲学に従い子供たちを自分で教育していますが、アメリカではそういう人たちが少なからずおり、必ずしも非現実的なキャラクターではありません。日本では学校教育法の規定により、義務教育を家庭で行うことが認められていませんが、米国では学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習することが認められています。一般に、家庭で教育を行う理由には、

  • 家が学校から遠い
  • 宗教的・思想的な理由で、子どもや保護者が学校での教育内容に満足できない
  • 宗教・思想・学習内容が合う適切な教育機関が通学範囲にない
  • 健康面等の問題、いじめなどの問題、子どもが不登校になっている
  • 保護者が英才教育を希望している

などがありますが、アメリカでは「子供により良い教育を受けさせる為」、「世俗的価値観から子どもの精神を守る為」という理由で家庭での教育を選択することが多く、また「教科書や机に拘束される学校環境を嫌う」、「アナーキストや反体制主義者で学校組織に組み込まれるのを嫌う」、「学校での食育を嫌う」家庭もあります。本作のベンの教育方針は、ホーム・スクーリングを行うこうしたアメリカ人の意識を反映していることがわかります。

自分がなりたい父親を描いたファンタジー

アメリカの子どもたちは、多くの場合、大学進学を機に親元を離れていきます。子供と過ごす時間が、とても短いことに気づいたマット・ロス監督は、自分がどんな父親になりたいのか、どんな子育てをしたいのかを考え、ちゃんと子供と向き合える、きちんと「存在する」父親でありたいと思うようになりました。これが、この作品を作るきっかけになったと言います。

「はじまりへの旅」は、アメリカのライフスタイルや子育て、親であることなど、多くのことを描いていますが、その核となるのは我々の選択とそれが周囲に与える影響についてです。この作品は私が書いた中で最も私的な作品です。私には二人の子供がいますが、彼らが生まれるまでこれほど深く他の人間を愛することができることを知りませんでした。ロマンティックな愛、兄弟愛、親族への愛、親への愛、友人への愛は知っていました。でも、私自身が子供を持つまで、これほど深い、無私の、深遠な愛を知らなかったのです。

だから、脚本を書き始めは、子育てや父親であること、自分の価値などに関する疑問と、自分の価値を如何に子供たちに受け渡していくか、或いは受け渡さないかといったことで一杯でした。多くの親の様に子供には自分と同じ過ちを繰り返して欲しくないと思うだけではなく、人生で何が重要なのかを案内する道具を与えるというこだわりが私にはあり、未だにこだわっています。もちろん、それぞれの親にはそれぞれ異なったこだわりがあります。

私たちは限られた時間を仕事と家庭に割り振らなければなりません。一日の時間は限られ、多くの人々が仕事の手を抜いてしまった、あるいは家事・育児の手を抜いてしまったと感じながら暮しています。そんな中で、子供たちに何を食べさせ、何を食べさせないのか、何を読ませ、何を読ませないのか、何を観させ、何を観させないのか、私たちは判断し、子供たちの暮しを監督しています。他人とどう関係するのか、どう愛するのか、何を信じるのかなどを、子供たちに教えています。それは親に課された深遠な責任ですが、すべてはあっという間に過ぎてしまいます。

脚本を書いている時に、私が娘とともに過ごせるのは、彼女が大学にいくまでのわずか8年間であることに気がつきました。だから私は、自分が目覚めている時間をすべて子供たちとその教育に捧げるファンタジーを描き始めたのです。何が気違いじみたことで、何が最大の贈り物なのか、私は数多くの疑問を話しの中に入れ込みました。何らかのメッセージを伝えようとしているわけではありません。私は知的な体験をし、刺激をもらい、考えて人生に反映したいし、感動して、泣いたり笑ったりしたいと思っています。私は映画を観てそんな体験をしたいし、映画を観た人にそんな体験をしてもらえればと思ています。(マット・ロス監督)
http://www.entertainment-focus.com/film-section/film-interviews/matt-ross-captain-fantastic-interview/ 

本作の原題は「Captain Fantastic」ですが、そこには子供たちの人生を船長のように導く父親というマット・ロス監督の夢が込めらていることがわかります。

見事にコメディを演じたヴィゴ・モーテンセン

ヴィゴ・モーテンセンというと、

など、シリアス系ドラマのイメージが強く、本作のようなコメディの主役はちょっと意外でした。結論から言うと、さすが大俳優、見事、コメディの主役をこなしただけではなく、「イースタン・プロミス」(2007年)に続く二度目のアカデミー主演男優賞にノミネートされるという快挙を成し遂げています。このキャスティングについて、マット・ロス監督は次のように語っています。

ヴィゴはベン・キャッシュ役の第一選択で、私と一緒に泥の中で映画を作ることに彼が合意してくれたのは、私には過分の幸運でした。表面的なことはさておき、彼は相応の年齢で、例えば実直さ、知性、感情表現を兼ね備えた稀な俳優です。彼は並々ならぬ知性を持ち、読書家で、生来の多才な芸術家(写真家、詩人、画家、作家)です。そんな芸術家としての能力を持つ彼と一緒に仕事をしたいと、私は思っていました。もちろん、彼は自身の解釈で役を演じますが、そこには彼のテイスト、ウィット、魂、深遠な職業倫理、感受性といったものがにじみ出て来るのです。(マット・ロス監督)
http://www.entertainment-focus.com/film-section/film-interviews/matt-ross-captain-fantastic-interview/

子役のパフォーマンスの引き出し方

ベンには6人の子供がいて、この子供たちのコミカルな言動が本作の大きな面白さになっています。演技経験の乏しい子供もいる中、この6人をフレームの中に収めて撮影していくのは大変なことですが、マット・ロス監督はヴィゴとキャッシュ家の子供たちを演じる子役を集めて、撮影の何週間も前からワシントン州でブートキャンプをやり、また、火の起こし方、動物の捕まえ方、寝るためのシェルターの作り方といったサバイバル術など、映画の中で彼らにやってもらうことを事前に体験させました。子役の出演契約の中には、撮影期間は砂糖とジャンクフードを採らないという一項もあったようですが、彼らはこのワイルドな体験をこの上なく楽しんだようです。

舞台劇の原稿をplay(戯曲)と言いますが、これは明らかに動詞の play(遊ぶ)から来たものです。子供たちは遊びにやってくるのです。本当に遊ぶのです。彼らはこれをキャリアだとか、仕事だとか、重要な何かとは考えていません。彼らはやって来て、話を聞いて、その場で起こっていることや、他の人達がやっていることを一緒にやるのです。ですから、(彼らを演出することは)多くの人が考えるよりは、ずっと簡単です。

子供たちについては、何度もオーディションを行い、即興、演劇ゲーム、歌、遊びや探検も行いました。それから、撮影の数週間前にみんなをワシントン州に連れて行って、ブートキャンプをやったんです。彼らは「荒野でのスキルとサバイバル・キャンプ」に参加して、シェルターの作り方、火の起こし方、動物の捕まえ方を学びました。次に、朝から夕方までの授業を何週間か行いました。彼らはロッククライミング、音楽のリハーサル、外国語、武術、ヨガを学びました。十代の少女ふたりは羊をさばき、ナイフの使い方を覚えました。ヴィゴはバグパイプのレッスンを受けながら、ずっと子供たちと一緒にいました。 これら一連のトレーニングのポイントは、そもそも短期間では不可能なスキルを習得することではなく、子役たちに映画が描く世界を知ってもらうことです。私の期待は彼らがグループとして結束することでした。子供たちが、ヴィゴをメンター、信頼できる友人、そして願わくば父親代わりとして見ることが、私の期待でした。これはうまくいき、子供たちは最終的にヴィゴを Smmer Dad(夏のパパ)と読んでいました。(マット・ロス監督)
http://www.entertainment-focus.com/film-section/film-interviews/matt-ross-captain-fantastic-interview/

ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアラゴルン役のヴィゴ・モーテンセンを子供たちがよく知っていたことも、ヴィゴが子供たちを惹きつける理由のひとつだったのではないかと思います。なお、大人は血糖値の低下など体調の変化を自覚しますが、子供は気がづかない為、突然体調を崩したりすることもあったそうで、演技指導より子供たちの体調管理が大変だったそうです。

 

アメリカの文化や子育てへのマット・ロス監督の強い思い、アメリカ北西部の美しい大自然とワイルドなライフスタイル、ヴィゴ・モーテンセンと子役たちのコミカルなパフォーマンスに恵まれて素晴らしい作品となった本作ですが、実は本作には独自の5つのチャレンジがあったと言います。

  • フレームの中に6人の子供たちが入ってくるシーンがほとんどだが、台詞のある子供たちをカメラで追っていくのは簡単なことではなかった
  • 労働基準により子供が一日に働ける時間が限られており、また撮影日数も限られているので、すべての撮影をこなすのが大変だった
  • ロードムービーなので毎日のように異なった場所で撮影する必要があったが、これらのロケ地はたどり着くのさえ大変な森の奥であることが少なくなかった
  • 子供たちの演技にスタントを使うシーンがふたつあるが、準備が大変だった
  • ワシントン州とニュー・メキシコ州、ふたつの州で撮影した

目には見えない所にもいろいろな苦労があったようです。

 

ヴィゴ・モーテンセン(ベン・キャッシュ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180317164901j:plain

ヴィゴ・モーテンセン(1958年〜)は、マンハッタン出身の俳優、詩人、写真家。「ロード・オブ・ザ・リング」三部作(2001年〜2003年)のアラゴルン役で世界的な名声を得、「イースタン・プロミス」(2008年)と本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。日本版ではぼかしが入るが、いずれもフルヌードのシーンがある。本人の入れ込み様を反映していると言えるかもしれない。

 

左から、シュリー・クルックス(ザジャ・キャッシュ)
チャーリー・ショットウェル(ナイ・キャッシュ)
ジョージ・マッケイ(ボゥドヴァン「ボゥ」キャッシュ)
ニコラス・ハミルトン(レリアン・キャッシュ)
サマンサ・アイラー(キーラー・キャッシュ)
アナリース・バッソ(ヴェスパー・キャッシュ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180317213758j:plain

 

トリン・ミラー(レスリー・キャッシュ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180317164933j:plain

 

エリン・モリアーティ(クレア)

f:id:DaysLikeMosaic:20180317164946j:plain

エリン・モリアーティ(1994年〜)は、ニューヨーク出身のアメリカの女優。テレビドラマシリーズに出演する他、「キングス・オブ・サマー」(2013年)、「ブラッド・ファーザー」(2016年)などの映画に出演している。

 

キャスリン・ハーン(左、ハーパー)とスティーヴ・ザーン(右、デイブ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180317164959j:plain

キャスリン・ハーン(1973年〜)は、イリノイ州出身のアメリカの女優。「10日間で男を上手にフル方法」(2003年)、「俺たちニュースキャスター」(2004年)などに出演している。役柄と同じ二児の母親でもあり、キャッシュ一家を迎えてのディナーシーンはなかなかの名演である。

スティーヴ・ザーン(1967年〜)は、ミネソタ州出身のアメリカのコメディアン、俳優。「リアリティ・バイツ」(1994年)で映画デビュー、「すべてをあなたに」(1996年)、「ニュースの天才」(2003年)、「戦場からの脱出」(2007年)、「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)、「猿の惑星: 聖戦記」(2017年)などに出演しています。

 

フランク・ランジェラ(右、ジャック)とアン・ダウド(左、アビゲイル

f:id:DaysLikeMosaic:20180317165014j:plain

フランク・ランジェラ(1938年〜)は、ニュージャージー州出身のアメリカの舞台・映画俳優。大学卒業後から舞台に立ち、1975年の舞台「海の風景」を皮切りに、これまでに4度トニー賞を受賞している。映画では、「デーヴ」(1993年)、「グッドナイト&グッドラック」(2005年)、「フロスト×ニクソン」(2008年)、「素敵な相棒 〜フランクじいさんとロボットヘルパー〜」(2012年)、「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」(2016年)などに出演、「フロスト×ニクソン」でアカデミー主演男優賞にノミネートされている。本作の出演時間は限られるが、非常に説得力のある演技を見せている。

アン・ダウド(1956年〜)は、マサチューセッツ州出身のアメリカの女優。「ロレンツォのオイル」(1992年)、「終わりで始まりの4日間」(2004年)、「クライシス・オブ・アメリカ」(2004年)、「コンプライアンス 服従の心理」(2012年)、「サイド・エフェクト」(2013年)などに出演、助演を務めることが多い。「コンプライアンス 服従の心理」で演じたマクドナルドの責任者が強く印象に残っているが、どこにでもいるような普通の人を、存在感たっぷりに、印象深く演ずることができる女優で、本作でも短い出演時間でレスリーの母のキャラクターを見事に印象づけている。 

サウンドトラック 

 「はじまりへの旅」サウンドトラックCD(Amazon) 

1. Goldberg Variations
2. My Heart Will Go On
  (Love Theme from ‘Titanic’)

3. Varoeldur
4. Rain Plans
5. I Shall Be Released
6. Unaccompanied Cello Suite No.4 in E-Flat Major,
 BWV1010 Prelude

7. Goldberg Variations;BWV988, Variation 30 a 1 Clav. Quodlibet
8. Boy 1904
9. Scotland The Braver
10. Sweet Child O Mine

撮影地(グーグルマップ)

 

 「はじまりへの旅」のDVD(Amazon

関連作品

ヴィゴ・モーテンセン出演作品のDVD(Amazon

  「ロード・オブ・ザ・リング」(2001年)

  「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」(2002年)

  「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(2003年)

  「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)

  「イースタン・プロミス」(2007年)

  「ギリシャに消えた嘘」(2014年)

  「約束の地」(2014年)

関連記事 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

はじまりへの旅 (字幕版)

はじまりへの旅 (字幕版)

  • マット・ロス
  • ドラマ
  • ¥2000

*2:本文に戻る