夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「僕と世界の方程式」:数学オリンピックを目指す自閉症スペクトラムの少年をリアルに描き、思慮深く愛の大切さを訴える、質の高いドラマ

「僕と世界の方程式」(原題:X+Y、米題:A Brilliant Young Mind)は2014年公開のイギリスのドラマ映画です。モーガン・マシューズ監督のドキュメンタリー映画「Beautiful Young Minds」(2007年)をベースに、同監督、エイサ・バターフィールドら出演で、数学に突出した才能を持ちながらも心を閉ざす少年が、国際数学オリンピックのイギリス代表候補となり、台湾での合宿を経て、愛に目覚めていく姿を瑞々しく描いています。

 

 「僕と世界の方程式」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1  Amazonビデオで観る*2 

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:モーガン・マシューズ
脚本:ジェームズ・グレアム
原案:モーガン・マシューズ/ジェームズ・グレアム
出演:エイサ・バターフィールド(ネイサン・エリス)
   レイフ・スポール(マーティン・ハンフリーズ)
   サリー・ホーキンス(ジュリー・エリス)
   エディ・マーサン (リチャード)
   ジョー・ヤン(チャン・メイ)
   ジェイク・デイヴィス(ルーク・シェルトン)
   アレクサ・デイヴィーズレベッカ
   マーティン・マッキャン(マイケル・エリス)
   アレックス・ロウザー(アイザック・クーパー)
   エドワード・ベイカー=クローズ(9歳のネイサン・エリス)
   ほか

あらすじ

  • イングランド中部シェフィールドに住む、9歳の少年ネイサンは自閉症スペクトラムと診断されます。ネイサンは大好きだった父マイケル(マーティン・マッキャン)を事故で亡くし、母ジュリー(サリー・ホーキンス)や周囲の人々に心を閉ざしてしまいます。彼は他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学に関しては飛びぬけた才能を持っていました。普通の学校では対応できない息子の才能を伸ばそうと、ジュリーはかつての数学オリンピック出場者で多発性硬化症を患う数学教師マーティン(レイフ・スポール)に特別な指導を託します。
  • 数年後、マーティンの献身的な教育の成果もあり、ネイサン(エイサ・バターフィールド)は数学オリンピックのイギリス代表チームの候補に選ばれます。代表チームの監督リチャード(エディ・マーサン)の指導のもと、ネイサンは台北での合宿に参加します。合宿はイギリスの最大のライバルである中国チームと合同で行われ、ネイサンはそこで中国チームの美しく聡明な少女チャン・メイ(ジョー・ヤン)とパートナーを組むことになります。彼女と共に学ぶ日々は、心を閉ざしていたネイサンの人生をカラフルに変え、彼を大きく成長させていきます。
  • やがて台北での合宿が終了し、イギリスチーム、中国チームともに数学オリンピック本番のためにイギリスのケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに集結します。帰国したネイサンがメイと難なく会話し、しかも恋愛感情を抱いていることに気づいたジュリーは、ネイサンに「メイが好きなのか」と尋ねますが、愛という概念を理解できないネイサンは、自分がメイが好きなのかどうか判断がつきません。そしてオリンピック当日、ネイサンは大きな選択を迫られることになります・・・。

レビュー・解説

数学オリンピックを目指す自閉症スペクトラムの少年という刺激的な題材を、リアルに瑞々しく描く一方で、思慮深く、暖かい眼差しで愛の大切さ訴える、ドキュメンタリーでじっくりと被写体と向き合ってきた監督ならではの、質の高いドラマ映画です。

 

数学オリンピックを目指す自閉症スペクトラムの少年をリアルに描く

f:id:DaysLikeMosaic:20180108050530j:plain

ドキュメンタリーから生まれたフィクション

モーガン・マシューズ監督は、剥製技術のワールド・コンペのドキュメンタリーを制作、これがBBC2で放映され、数多くの賞の対象になるなど高い評価を得ます。このような、かつてないようなワールド・コンペのドキュメンタリーをシリーズで撮ることをBBCから依頼された彼は、理髪のワールド・コンペ、エルビスのモノマネのワールド・コンペ、世界的な伝書鳩レースなどのドキュメンタリーを企画しましたが、うまくいくかどうかわからなかったので、バックアップが必要と考えました。この時にプロデューサーから紹介されたのが、数学オリッピックのイギリス代表チーム候補の少年少女たちでした。彼らはずば抜けた才能に恵まれていましたが、その一方で厳しい時を過ごしていました。それは、彼らが心身の変化が著しい10代の真っ只中でいたこと、そして個性的なメンバーの何人かは自閉症スペクトラムでコミュニケーションや社会生活への適応が難しかったことによります。人類の将来を作り上げるような優秀な子供たちが日常生活に苦労していることを、彼は非常に興味深く感じます。マシューズ監督は、この数学オリンピックと素晴らしいメンバーたちを題材に、ドキュメンタリー映画「Beautiful Young Minds」(2007年)を制作します。そして、さらに5年以上の歳月をかけてドラマ映画にしたのが本作です。

それは私には未知の豊かな世界でした。数学への興味の有無とか、得意不得意といったことではありません。こうした信じがたい才能を持った若者達は、我々とは別の世界の存在のように感じられました。私は凡人で、彼らは魔法使いでした。私にとって彼らはヒーローでしたが、彼らはそうしたことに気づいておらず、彼らの才能は彼らにとって重荷でさえあったのです。彼らは学校で同年代の少年少女に虐められ、仲間はずれにされていました。

ドキュメンタリーの良い点は、リアルであり、撮る時に何が起こるのかわからなくても一向にかまわないことですが、そうした物語りをしながら、いつかしら、創造的な挑戦をする必要があると感じました。それが、「僕と世界の方程式」です。

(イギリス代表チーム候補者の中で)特にダニエルに魅力を感じました。ドキュメンタリーを通して何人かの型破りな人々に会いましたが、ダニエルの旅にはとても興味深いものがありました。彼は中国に行って、中国語を独学し、中国人の恋人を連れて帰ってきました。しつこすぎるのでこの映画のエンディングでは割愛していますが、数ヶ月後には結婚してしまいまいました。彼がアスペルガー症候群と診断されたのも、ドキュメンタリーの撮影期間中の話です。彼は彼自身の数学を見つけるために旅をし、数学オリンピックを戦いますが、この話はつまるところ、彼の極めて個人的な体験でもあるのです。(モーガン・マシューズ監督)
http://www.scotcampus.com/interview-morgan-matthews-x-y
https://www.filmfestivals.com/blog/martin_i_petrov/glasgow_ff_2015_interview_with_morgan_matthews_for_xy

実話が物語の核

本作はフィクションですが、核となる部分はモデルとなったダニエルの実体験に基づいています。

ダニエルは、彼にとって普通のコミュニケーションが難しい、どういう顔をしていいのかわからないと言います。彼は人の顔の表情も読むことができず、また何を話していいのかもわかりません。何が適切で、何が不適切なのか、わからないのです。だから彼は殻に閉じこもり、基本的なコミュニケーションさえトラウマになってしまうのです。しかし、彼は中国文化に出会い、惹かれます。イギリスの人々と違い、中国の人々は数学を讃えてくれました。中国では偉大な数学者はヒーローです。数学オリッピックのチームは、中国では普通に子供たちと呼ばれますが、イギリスではオタクとか、マニアと蔑視されます。彼は中国文化を受け入れ、中国語の独学を始めます。これはドキュメンタリーで追った実在の少年のひとり、ダニエルの話です。彼は三ヶ月間、中国語を勉強し、中国に行って中国人の恋人を連れて帰ってきます。中国で中国語を学んだ時、彼は言葉だけではなく、顔の表情や手の仕草も一緒に学ぶことができたと言います。彼は言葉と一緒に表情も学んだのです。英語よりも中国語で話している方が、彼には心地よく感じられました。彼は、自分を奇妙と感じることはありませんでした。中国人には、欧米人は皆、奇妙に映るに違いないと思っていたのにもかかわらずです。(モーガン・マシューズ監督)
https://wegotthiscovered.com/movies/exclusive-interview-with-x-ys-asa-butterfield-and-jo-yang-plus-director-morgan-matthews/

脚色された部分と創造的挑戦

ドキュメンタリー自体が感動的な話ですが、本作では次の部分が脚色されています。

  1. 実際の合宿は中国で行われ、台湾を中国として撮影する予定だったが、ロケ地があまりにも魅力的だった為、脚本の合宿の舞台を中国から台湾に書き変えた。
  2. 数学オリンピックスロベニアで行われたが、ストーリーをシンプルにする為か、本作ではイギリスのケンブリッジに変更された。
  3. ダニエルの父は健在だが、本作ではネイサンが9歳の時に事故死する設定になった。
  4. ダニエルのメンターはミギー・ビラーというヨーク・カレッジの数学部門のトップを務める女性だが、本作では多発性硬化症で夢破れた男性の数学教師という設定になった。

特に3.と4.の脚色が興味深いところですが、これらはマシューズ監督が不幸を自閉症スペクトラムから拡散し、普遍的なテーマである「愛」にフォーカスする為の創造的な挑戦と思われます。即ち、最愛の父を失うことはネイサンが心を閉ざすきっかけになるだけではなく、意思疎通もままならない自閉症スペクトラムの息子を一人で育てなけらばならない未亡人ジュリーの孤独と困難を際立たせます。多発性硬化症で夢破れた孤独な男性数学教師は、ネイサンに数学を教えるだけではなく、自身が孤独と困難と戦う中、ジュリーとほのかな想いを交わすようになります。これらはネイサンがチャン・メイとの触れ合いを契機に、愛し、愛される人の大切さを学んでいくことの伏線となるとともに、本作を単なる数学オリンピック自閉症スペクトラムに関する話にとどまらない、「愛」という広がりを持った作品として性格づけています。ネイサンは他人と感情を共有するのが苦痛で、最愛の父の死後、殻に閉じこもっていましたが、チャン・メイが触媒となって、封印していた感情を再び開放できるようになります。

ある意味、映画の中には孤独や孤立を感じ人が何人もいます。それはネイサンであり、彼の母であり、彼の先生であるマーティンです。しかし、ネイサンは他の二人とは大きく異なります。彼は、数学では解決できない、人生の大きな問題を解決しなければならないことに気づきます。ネイサンは父の死後、あまりに母を遠ざけていましたが、一生、他の人々や過去の幻影を避け続けることはできないことを理解するのです。(モーガン・マシューズ監督) https://www.filmfestivals.com/blog/martin_i_petrov/glasgow_ff_2015_interview_with_morgan_matthews_for_xy

当事者にも評価の高い、傑出した演技

自閉症スペクトラムスペクトラムを持つネイサンを演じたエイサ・バターフィールドと、その母ジュリーを演じた サリー・ホーキンスのパフォーマンスが傑出しています。バターフィールドは、本作がファイナンスが付く前から脚本を読み始め、今までに演じたことのない役に挑戦することに決めたといいます。彼はドキュメンタリーを見て、ダニエルに会い、ダニエルの頭の中で何が置きているのかを学んで、キャラクターを作り上げました。ダニエルは内向的に見えますが、彼にとってコミュニケーションが難しいのは何故なのか、人の表情を読んで反応する為にどれだけ悪戦苦闘しなければならないのか、それを避ける為にはコミュニケーションそのものを避けるしかないことを、しっかりとバターフィールドに説明しました。これが彼の役作りの大きく貢献しているのは間違いありません。また、バターフィールドは実在するメンバーで同じく自閉症スペクトラムのルークと、スペクトラムの子供たちの特別学校に行き、彼らと共に過ごしています。結果、バターフィールドは内向的ながら共感できるキャラクターの創造に成功しただけではなく、ダニエルをしてネイサンは自分自身だと言わしめました。「この映画を見て、最初の三回は泣いてしまった。自分が感じていたが言葉できなかった事を、この映画は伝えてくれる。」と、ダニエルは語っています。また、実際に自閉症スペクトラムの子供を持つ母親達に会い、役を研究したサリー・ホーキンスのパフォーマンスも出色です。

自閉症スペクトラムのコミュニティからの反応としては、映画祭での上映後、たくさんの親御さんが来て、ネイサンの母ジュリーは彼らの自身の経験に近いと話してくれました。また、自身が自閉症スペクトラムとされている人々は、本作を真正であると感じてくれました。(モーガン・マシューズ監督)
http://www.scotcampus.com/interview-morgan-matthews-x-y

自閉症スペクトラムの多様性

自閉症スペクトラム障害ASD)とは、従来の自閉症アスペルガー症候群などが統合されてできた診断名で、コミュニケーションに困難さや、限定された行動、興味、反復行動などなどを特徴とします。症状には多様性があり、連続体として重なり合っているという考え方が、「スペクトラム」という用語に込められています。本作に登場するルークも自閉症スペクトラムですが、ネイサンとは症状の出方も強度もかなり異なります。自閉症スペクトラムといっても多様で個人差があり、社会適応の困難さも各人各様です。一方で、自閉症スペクトラムのコミュニティは映画やテレビでの描かれ方にうんざりしていると言います。というのは、スペクトラムの才能あふれる部分に必要以上にフォーカスしているからです。そんな人はほんの僅かしかいません。自閉症スペクトラムの人ならば、誰でも天才的資質を持っているというのは明らかに誤った見方なのです。そうした状況を考慮し、本作でもネイサンの天才ぶりは必要以上に強調されていません、ネイサンは一人の個性であり、自閉症スペクトラムを代表する人格ではないのです。 

<ネタバレ>

モデルとなったダニエルは数学オリンピックで銀メダルを獲得していますが、本作のネイサンはギリギリでイギリス代表になるものの、最終的にはオリンピックを途中で棄権、中国に帰ろうとするチャン・メイを追いかけます。本作ではネイサンの数学的な資質をいたずらに強調するのではなく、数学オリンピックという刺激的な題材を通して、10代の子供たちならではの悩み。自閉スペクトラムの主人公や周囲の人々が抱える悩み、そして愛の大切さといった人間的なテーマを追求しています。ドキュメンタリー作品を通してじっくりと被写体と向き合ってきたマシューズ監督ならではの、思慮深く、暖かい眼差しが感じられる、質の高い作品です。

<ネタバレ終わり>

 

エイサ・バターフィールド(ネイサン・エリス)

f:id:DaysLikeMosaic:20180108044110j:plain

エイサ・バターフィールド(1997年〜)は、イングランド出身のイギリスの俳優。7歳から演技を学び始め、2006年にテレビ映画で初めて役を得る。「縞模様のパジャマの少年」(2008年)で主演に抜擢され、いくつかの賞にノミネートされた。5部門でアカデミー賞を受賞したマーティン・スコセッシの監督の「ヒューゴの不思議な発明」(2011年)の主演を務めている。

 

レイフ・スポール(マーティン・ハンフリーズ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180108044126j:plain

レイフ・スポール(1983年〜)は、イングランド出身のイギリスの俳優。舞台及び映画で活動している。

 

サリー・ホーキンス(ジュリー・エリス)

f:id:DaysLikeMosaic:20180108044143j:plain

サリー・ホーキンス(1976年〜)は、ロンドン出身のイギリスの女優。王立演劇学校を卒業、主にイギリス国内の舞台・テレビ・映画で活躍している。マイク・リー監督の「ハッピー・ゴー・ラッキー」(2008年)でベルリン国際映画祭銀熊賞ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞、ウディ・アレン監督の「ブルージャスミン」(2013年)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされている演技派の女優。

 

エディ・マーサン (リチャード)

f:id:DaysLikeMosaic:20180108044159j:plain

エディ・マーサン(1968年〜)は、ロンドン出身のイギリスの俳優。父はトラックの運転手、母親は教師の助手という労働者の家庭に生まれる。舞台で活動を始め、1992年にテレビに初出演する。マイク・リー監督の「ハッピー・ゴー・ラッキー」(2008年)で、全米映画批評家協会賞助演男優賞などを受賞している。

 

ジョー・ヤン(チャン・メイ)

f:id:DaysLikeMosaic:20180108044213j:plain

ジョー・ヤンは中国出身のイギリスの女優。中国に生まれ、8歳の時からロンドンに住む。中国語、英語に堪能。北京電影学院を卒業、中国のテレビや映画に出演し、本作が初めての英語劇。

撮影地(YouTube

 

 「僕と世界の方程式」のDVD(Amazon

関連作品

自閉症スペクトラムを描いた映画のDVD(Amazon

  「レインマン」(1988年)

  「モーツァルトとクジラ」(2004年)

  「マラソン」(2005年)

  「スノー・ケーキ」(2006年)・・・輸入版、リージョン1,日本語なし

  「彼女の名はサビーヌ」(2007年)

  「恋する宇宙」(2009年)

  「マイネーム・イズ・ハーン」(2010年)

  「海洋天堂」(2010年)

  「メアリー&マックス」(2008年)

  「シンプル・シモン」(2010年)

  「Wretches & Jabberers」(2011年)・・・輸入版、日本語なし

  「ザ・コンサルタント」(2016年)

 

エイサ・バターフィールド出演作品のDVD(Amazon

  「ヒューゴの不思議な発明」(2011年)

 

サリー・ホーキンスエディ・マーサン共演作品のDVD(Amazon

  「ヴェラ・ドレイク」(2004年)

  「ハッピー・ゴー・ラッキー」(2008年)

 

サリー・ホーキンス出演作品のDVD(Amazon

  「人生は、時々晴れ」(2002年)

  「レイヤー・ケーキ」(2004年)

  「17歳の肖像」(2009年)

  「ファクトリー・ウーマン」(2010年)・・・Amazonビデオ

  「ジェーン・エア」(2011年)

  「サブマリン」(2011年)

  「ブルージャスミン」(2013年)

  「パディントン」(2014年)

  「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年)

パディントン 2 」(2017年)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」(2017年)

 

エディ・マーサン 出演作品のDVD(Amazon

  「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」(2008年)

  「アリス・クリードの失踪」(2009年)

  「思秋期」(2011年)

  「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る 

僕と世界の方程式 (字幕版)

僕と世界の方程式 (字幕版)

*2:本文に戻る 

僕と世界の方程式 [DVD]

僕と世界の方程式 [DVD]