夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

その他

【閑話休題】字幕派ですか?吹き替え派ですか?

皆さんは、字幕派ですか?吹き替え派ですか? 私は、オリジナルの雰囲気を楽しみたいので、字幕派です。テレビ放送を録画しても、吹き替えだったりするとプライオリティが下がって、いつまでも観なかったりします。二カ国語放送にして、日本語字幕を字幕放送…

信ずること、諦めないこと〜字幕にかけた戸田奈津子さんの人生

洋画ファンならば、戸田奈津子さんの名前を知らない人はいないでしょう。字幕翻訳者は映画スターや監督と違って地味な存在です。顔も声も出ず、長いエンドロールの最後に名前が出るだけです。戸田奈津子さんは、多い時で年間50本もの字幕翻訳を手がけていま…