読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ヘイル、シーザー!」:1950年代のハリウッド映画撮影現場を再現、まぬけな俳優やスタジオ幹部ら映画人を豪華キャストで描くコメディ

アメリカ映画

「ヘイル、シーザー!」(原題:Hail, Caesar!)は、2016年公開のアメリカのコメディ映画です。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督・脚本、ジョシュ・ブローリンジョージ・クルーニーレイフ・ファインズら出演で、1950年代のハリウッドを舞台に、スター俳優の誘拐事件をめぐる騒動を描いています。

 

 「ヘイル、シーザー!」のDVD(Amazon

 iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

キャスト・スタッフ

監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:ジョシュ・ブローリン(エディ・マニックス
   ジョージ・クルーニー(ベアード・ウィットロック)
   レイフ・ファインズ(ローレンス・ローレンツ
   アルデン・エーレンライク(ホビー・ドイル)
   ジョナ・ヒルジョー・シルヴァーマン)
   スカーレット・ヨハンソン(ディアナ・モラン)
   フランシス・マクドーマンド(C・C・カルフーン)
   ティルダ・スウィントン(ソーラ・サッカー/セサリー・サッカー)
   チャニング・テイタム(バート・ガーニー)
   アリソン・ピル(コニー・マニックス
   ウェイン・ナイト(エキストラ)
   クリストファー・ランバート(アーン)
   フレッド・メラメッド(フレッド)
   パトリック・フィッシュラー(脚本家)
   デヴィッド・クラムホルツ(脚本家)
   フィッシャー・スティーヴンス(脚本家)
   クランシー・ブラウン(「ヘイル、シーザー!」の出演者)
   ロバート・ピカード(ラビ)
   カイル・ボーンハイマー(アシスタント・ディレクター)
   ドルフ・ラングレンソ連潜水艦の艦長)
   マイケル・ガンボン(ナレーター)
   ほか

あらすじ

1950年代、ハリウッドが夢を作り世界中に贈り届けていた時代、テレビの台頭に危機感を抱いたハリウッドは、スタジオの命運を賭けて史上空前のスペクタクル超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影が開始します。しかしその撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されるという大事件が発生します。スタジオが大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている「スタジオの何でも屋」エディ(ジョシュ・ブローリン)でした。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など撮影中の個性溢れるスターたちの騒動をさばきながら、エディは難事件に挑んでいきます・・・。

レビュー・解説

1950年代の様々なハリウッド映画の撮影シーンを再現、まぬけな歴史スペクタル主演俳優や、スターの不始末を片付けるスタジオの幹部ら当時の個性的な映画人を豪華キャストで描く本作は、コーエン兄弟が戦後のハリウッド映画を称える贅沢なコメディです。

 

本作を監督したコーエン兄弟は、これまでに 

ジョージ・クルーニーを起用していますが、最初の「オー・ブラザー!」を監督した時に、まぬけな二枚目俳優が「ヘイル、シーザー!」という宗教大作を撮るというアイディアを彼に話しました。この話を彼がいたく気に入った為、当初は映画にするつもりはなかったのですが、数年後に腰を据えて脚本を書くことになったといいます。

 

ジョージ・クルーニーが演じるベアード・ウィットロックは、 

など、当時のハリウッド大作映画の伝説的俳優を参考にしています。第2次世界大戦が終わり、最盛期を迎えたハリウッドは、テレビに差別化する為に大掛かりなセットを駆使し、大量のスターを起用した娯楽大作を生み出していました。

 

 

しかし、こうした華やかなハリウッド映画の舞台裏は、陰りを見せ始めていました。背景にあったのは、テレビの普及や、独占禁止法による規制などですが、1940年代の終りに下院非米活動委員会が共産主義への圧力を強め、亡命者や共産党員が多いハリウッドにも官憲の手が及んで10人が有罪判決を受けます(ハリウッド10)。さらに、1950年代に入るとメジャー系映画会社の経営が崩壊し始め、官憲による共産党狩り(レッドパージ)が進む中、アメリカに亡命してきたチャップリンなど、多くの左翼的、容共的とみなされた映画人がアメリカの映画産業を追われ、国外に亡命し始め、ハリウッド映画の内容にも大きな影響を与えることになります。こうした時代の流れが、ジョージ・クルーニー扮するベアード・ウィットロックが誘拐される背景となっています。

 

そしてこの映画の主軸となる誘拐事件に彩りを添えるのが、虚実入り交じる当時の映画人たちです。 

 

4人のオスカー俳優、3人のオスカー候補を含む贅沢なキャスティングです。

 

また、華やかなハリウッドの再現する為に、歴史スペクタクル、西部劇、水中レビューなど、様々な映画のシーンが出てきますが、実はこれが結構大変だったようです。

映画の中の映画のためのシーンを撮影するのは、ロジスティック的にはとても大きな挑戦だったね。毎週違う映画を撮影するようなものだからね。普通、アート部門や衣装部門、特殊効果部門は皆、ひとつの映画の撮影で、ひとつのことをするために準備するんだ。ウェスタンだったら、カウボーイと馬を用意し、スタッフと制作部門はそういう映画を撮る際に必要な問題を解決するために準備するわけだ。しかし、これだけいろいろなことをやろうとすると、ある週はウェスタン、翌週は違うジャンルになるから、カウボーイはもういらないけれど、タンクとシンクロの水泳選手を探して、どうやって照明を当てるかを考えなければならない。(ジョエル・コーエン監督)

 

コーエン兄弟の作品らしく、いずれも主役を張れそうなほどしっかりとキャラクターが描かれており、また見どころ満載でまさに百花繚乱の観がありますが、政治的な背景もあってか誘拐のカタルシスが十分ではなく、陰りはあるもののハリウッドはまだ華やかという背景と相まって、オチのインパクトが半減しているようでもあります。とは言うものの、そこはコーエン兄弟監督・脚本作品、十分に楽しめる内容で、笑いながらも思わず1950年代のハリウッドに思いを馳せてしまう、そんな作品です。

動画クリップ(YouTube

撮影地(グーグルマップ)

ホビーが投げ縄をして、カルロタを待つ場所

 

 「ヘイル、シーザー!」のDVD(Amazon

関連作品

 コーエン兄弟監督作品

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

ジョージ・クルーニー出演作品

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

ジョシュ・ブローリン出演作品のDVD(Amazon

  「アメリカの災難」(1996年)

  「ノーカントリー」(2007年)

  「アメリカン・ギャングスター」(2007年)

  「ミルク」(2008年)

  「トゥルー・グリット」(2010年)

    「ボーダーライン」(2015年)・・・楽天市場

 

ジョナ・ヒル出演作品

dayslikemosaic.hateblo.jp

関連記事 

 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

ヘイル、シーザー! (字幕版)

ヘイル、シーザー! (字幕版)

  • Joel Coen & Ethan Coen
  • コメディ
  • ¥2000
ヘイル、シーザー! (吹替版)

ヘイル、シーザー! (吹替版)

  • Joel Coen & Ethan Coen
  • コメディ
  • ¥2000

*2:本文に戻る