夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ベルファスト71」:北アイルランド紛争を背景に、一兵士のサバイバルをスリリングに描いたドキュメンタリー・タッチのドラマ

ベルファスト71」は、2014年公開のイギリスのドラマ映画です。ヤン・ドマンジュ監督、レゴリー・バーク脚本、ジャック・オコンネルらの出演で、北アイルランド紛争が続く北アイルランドの町ベルファストを舞台に、政治的思想も持たないまま戦いに駆り出され一人敵地に取り残されてしまった若きイギリス軍兵士と、複雑に絡み合う活動家たちを描いています。第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門エキュメニカル審査員賞スペシャル・メンションを受賞した作品です。

 

 「ベルファスト71」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

監督:ヤン・ドマンジュ
脚本:グレゴリー・バーク
出演:ジャック・オコンネル(ゲイリー)
   ポール・アンダーソン(レスリー・ルイス軍曹)
   リチャード・ドーマー(イーモン)
   ほか

 

【あらすじ】

北アイルランド紛争が激化した1971年。イギリス軍の新兵ゲイリー(ジャック・オコンネル)らは、カトリック系の過激派組織IRAを制圧すべく北アイルランドの町ベルファストに派遣されます。活動家たちの思惑が複雑に絡み合うこの町で警戒中に、争いに巻き込まれたゲイリーは、敵対派の少年に銃を盗まれ、少年を追ううちに敵地に入りこんでしまいます。右も左もわからない敵地にたった一人取り残されたゲイリーは、誰が敵で誰が味方かわからない中、何とかして生き延びようとします。

 

北アイルランド紛争を背景に一人の兵士が闘いに巻き込まれて翻弄される様が、手持ちカメラによるドキュメンタリータッチの映像で、ストイックかつスリリングに描かれています。

 

19世紀以降、アイルランドの民族運動が高揚、 イギリスではアイルランド人に自治権を与えようとする意見が出てきましたが、独立運動が高まる中、17世紀にアイルランドに移住したイングランド系やスコットランド系入植者の子孫であるプロテスタント系住民は、カトリック系住民が多数をしめる新国家で少数派となることを恐れ、独立に反対する傾向がありました。この傾向はアイルランド島全32州のうちプロテスタント住民が多数派を占める北部のある6州でもっとも強く、1922年にアイルランド全島がアイルランド自由国としてイギリスの自治領となった翌日、北アイルランド政府はアイルランド自由国 からの離脱を決定、イギリスへの再編入を希望することをイギリス政府に公式に通告、北アイルランドは独自の議会と政府を持つ、イギリス連合王国の構成国のひとつとなるなど、揺れ動く歴史を持っています。

 

1921年から1971年にかけて北アイルランドは「プロテスタントによるプロテスタント国家」として統治されました。アイルランドを統一すること、即ち、北アイルランドをイギリスから分離させて全アイルランドを統一することを目的とするIRAは、1920年代以降、北アイルランド政府やその警察組織に対して断続的にテロ行為を行うようになります。1969年に北アイルランド各地でカトリック住民と現地警察との間で大規模な暴動が繰り返し発生し、騒乱を鎮めるため8月14日に英軍部隊が北アイルランドに派遣され現地の警察に代わり町の警備につきます。紛争は血の日曜日事件が発生した1970年代前半に頂点を迎えました。

 

本作は、1972年の血の日曜日事件の前夜、きな臭い北アイルランドベルファストの街を舞台にしています。街は通りを挟んで、カトリック系の住民とプロテスタント系の住民が生活しているという複雑な状況です。本作はそうした政治的な状況を追求するというよりは、そこに迷い込み、宗教的な理由ではなく、イギリス兵であるということだけで命を狙われる一兵士の恐怖の視点で描かれています。北アイルランドアイルランドとイギリスの間で揺れ動いたように、活動家達の思惑も複雑で、誰が味方で、誰が敵かもわかりません。

 

遠くない過去に、アフリカや中東ではなく、西欧でこのような民族紛争があったことは衝撃的ですが、グローバル化が進む中、我々にとっても民族紛争は身近な問題となりつつあります。親がなく、幼い弟を養う優しいゲイリーですが、ベルファストの街では思想的、宗教的対立もないまま、イギリス軍兵士というだけで命を狙われます。ゲイリーが直面する現実は、もはや「関係のない他人」ではいられない今日の我々が直面する問題かもしれません。

 

ジャック・オコンネル(ゲイリー)

f:id:DaysLikeMosaic:20160421143140j:plain

 

警察の家宅操作を警護する軍と住民

 

家宅捜査のシーンが撮影された場所

舞台設定は北アイルランドベルファストだが、撮影のほとんどはイングランドで行われた。

 

アイルランドの紛争を描いた映画のDVD(Amazon

  「クライング・ゲーム」(1992年)

  「父の祈りを」(1993年)

  「マイケル・コリンズ」(1996年)

  「ブラディ・サンデー」(2002年)

  「麦の穂をゆらす風」(2006年)

  「シャドー・ダンサー」(2011年)

 

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:

ベルファスト71 (字幕版)

ベルファスト71 (字幕版)

*2:

ベルファスト71

ベルファスト71