夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「セイ・エニシング」:ユーモラスで誠実なジェネレーションXの恋人達の旅立ちを、優しい眼差しで爽やかに描く

「セイ・エニシング」(原題:Say Anything...)は、1989年公開されたアメリカの青春恋愛映画です。キャメロン・クロウ脚本・監督、ジョン・キューザック、アイオン・スカイらの出演で、憧れの女性と恋に落ちたX世代の青年の成長を描いています。

 

 「セイ・エニシング」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:キャメロン・クロウ
脚本:キャメロン・クロウ
出演:ジョン・キューザック(ロイド・ドブラー)
   アイオン・スカイ(ダイアン・コート)
   ジョン・マホーニー(ジェームズ・コート)
   リリ・テイラー(コリー・フラッド)
   ジョーン・キューザック(コンスタンス)
   ほか

あらすじ

キック・ボクシング好きの若者ロイド・ドブラー(ジョン・キューザック)は、高校の卒業式の朝、女友達のコリー・フラッド(リリ・テイラー)の前で、美しく優等生のダイアン・コート(アイオン・スカイ)に恋人アタック宣言します。無謀とも思われたアタックですが、ダイアンはロイドの卒業パーティへの誘いを承諾します。ダイアンは、両親の離婚後、父親ジェームズ(ジョン・マホーニー)のもとで何不自由なく育てられていました。優等生ゆえに学校の友達から敬遠され、一抹の淋しさを感じていたダイアンは、パーティで知りあったロイドの友人たちを通して、彼の人間的魅力に心魅かれていきます。一方、父親のジェームズは、英国留学を直前に控え平凡な男に傾いている娘に逆上しますが、父親思いの彼女は父親の経営する養老院の仕事をすることで気を紛らせていました。そんな折、ジェームズは、国税庁から養老院の人々の私有財産を着服しているという疑惑をかけられます・・・。

レビュー・解説 

ジェネレーションXを描いた映画で、ユーモラスながらも誠実な子供達の新たな生き方を感じさせる爽やかな映画です。社会の為にと大上段に構えて生きるのではなく、自らの感性を大切に、自分の愛する人の為に生きていこうとするジェネレーションXを、優しい眼差しで描いています。ジョン・キューザック中道左派を象徴するイメージを強く印象づけた作品でもあります。

 

高校卒業は、将来への希望と不安が入り交じる時期ですが、ジョン・キューザック扮するロイドはやりたいことがないからという理由で将来を決めず、父が望む陸軍にも入隊しません。これから流行するかもしれないとキックボクシングに熱中しています。一方、ダイアンは両親の離婚を経験したものの、父の元で何不自由無く育った優等生です。ダイアンの父は将来へのビジョンもないロイドを快く思いませんが、そんな父に横領の疑惑がかかり、ダイアンの心は揺れ動きます。頼りなげな二人ですが、彼らなりの方法でこの問題を解決していきます。

 

ジェネレーションXは、1961年から1981年までの20年間、ケネディ政権の時代からベトナム戦争終結後までの時代にアメリカに生まれた世代です。日本で言えばしらけ世代や新人類に相当する世代であり、ベトナム戦争の最中から終結直後にかけての時代に10歳を迎えました。生まれた時期はテレビの爆発的な普及が始まった時期であり、ヒッピーの衰退やベトナム戦争終結による「しらけムード」の中で10代を過ごします。冷戦末期からソ連崩壊の時期に成人しますが、ちょうど大資本家がリストラ、ダウンサイジングと称した整理解雇ブームを惹き起こした時期で、軒並み就職難に遭遇しました。ミー・ジェネレーションとも言われ、個人主義と内向性を特徴とし、政治や社会に対して冷めている傾向が強いと言われています。

 

ちなみに次の世代はジェネレーションYと呼ばれ、1975年から1989年、ベトナム戦争終結からベルリンの壁崩壊までの時代に生まれた世代です。子供の頃に冷戦の終結と社会主義の没落に遭遇、10歳〜20歳の時期にインターネットの爆発的普及を経験しています。この為、インターネットを駆使して活躍する者が多いと言われ、また、15歳〜25歳の時期にアメリカ同時多発テロ事件に遭遇、政府の経済や社会政策への介入を肯定的に見る者が多い世代とも言われています。この世代を描いた代表的な作品に「ソーシャル・ネットワーク」があります。

 

ジョン・キューザック(ロイド・ドブラー)

f:id:DaysLikeMosaic:20160119235135j:plain

 

アイオン・スカイ(ダイアン・コート)

f:id:DaysLikeMosaic:20160119235148j:plain

 

ジョン・マホーニー(ダイアンの父)

f:id:DaysLikeMosaic:20160119235202j:plain

 

ジョーン・キューザック(ロイドの姉、ジョーンはジョン・キューザックの実の姉)

f:id:DaysLikeMosaic:20160119235211j:plain

動画クリップ(YouTube) 

僕の将来〜「セイ・エニシング」

LLOYD: You two are amazing, you know? The way you, the way you, the way you talk. I'm just like that with... I'm not even like that with anybody.
LLOYD: Stellar jukebox, sir.
JIM: Thanks Lloyd.
LLOYD: How do you pay for one of those?
JIM: Well, we pay for the Wurlitzer. That guy didn't want to part with it, a little matter of nine thousand dollars.
ACCOUNTANT: So Lloyd, you graduated Lakeside, right?
LLOYD: Yes sir.
ACCOUNTANT: What are you going to do now?
JIM: Yeah Lloyd. What are your plans for the future?
LLOYD: Spend as much time as possible with Diane before she leaves.
JIM: Seriously, Lloyd.
LLOYD: I'm totally and completely serious.
JIM: No, really.
LLOYD: You mean like career? Uh, I don't know. I've, I've thought about this quite a bit sir, and I'd have to say considering what's waiting out there for me, I don't want to sell anything, buy anything or process anything as a career. I don't want to sell anything bought or processed, or buy anything sold or processed, or... process anything sold, bought or processed, or repair anything sold, bought or processed, you know, as a career I don't want to do that. So, uh, my father's in the army, he wants me to join, but I can't work for that corporation, so what I've been doing lately is kickboxing, which is really a, uh, new sport, but I think it's got a good future. As far as career longevity goes, I don't really know, because, you know, you can't really tell. Your training sticks as a fighter, you know, but it's no good, you know, you have to be great, but I can't really tell if I'm great until I've had a couple of pro fights. But I haven't been knocked out yet. I don't know, I can't figure it all out tonight sir, I'm going to hang with your daughter.

ロイド:素晴しいですね、お二人の会話の仕方。僕は誰ともそんな風には話せません。
ロイド:ステラのジュークボックスですね。
ジム:気づいてくれたね。
ロイド:どうやって手に入れたのですか?
ジム:ヴァーリッツアーの店でね。手放したくなかったのを9000ドルで無理矢理売らせたんだ。
会計士:ロイド、君は高校を卒業した訳だ。
ロイド:はい。
会計士:今後はどうするんだい?
ジム:将来の計画は?
ロイド:時間が許す限り、ダイアンと過ごします。
ジム:真面目に。
ロイド:僕は真面目です。
ジム:そうかい?
ロイド:将来の話ですか?わかりません。いろいろ考えましたが、これだけは言えます。ものを買ったり、売ったり、商品にする仕事はしたくありません。買ったもの、商品にされたものを売ったり、売ってるものや商品にされたものを買ったり、売ってるものや買ったもの、商品にされたもを商品にしたり、売られているものや買ったもの、商品にされたものを修理する仕事はしたくありません。父は僕に軍隊に入って欲しいのですが、あの組織は肌に合いません。それでキックボクシングをやっています。新しいスポーツですが、将来盛んになります。寿命の長い仕事かどうかわかりません。僕の実力はプロの試合をしてみないとわかりません、これまでノックアウトされたことはありませんが。とりあえず、今はお嬢さんと・・・。

関連作品 

キャメロン・クロウ監督・脚本作品のDVD(Amazon

  「初体験/リッジモント・ハイ」 (1982年)・・・脚本のみ

  「セイ・エニシング」(1989年)

  「シングルス」(1992年)

  「ザ・エージェント」 (1996年)

  「あの頃ペニー・レインと」(2000年)

 

ジョン・キューザック出演作品のDVD(Amazon

  「エイトメン・アウト」(1988年)

  「グリフターズ/詐欺師たち」(1990年)

  「ブロードウェイと銃弾」(1994年)

       「マルコヴィッチの穴」(1999年)

  「ハイ・フィデリティ」(2000年)

  「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」(2015年)

 

ジェネレーションXを描いた映画のDVD(Amazon

  「ビフォア・サンライズ」(1995年)

  「セイ・エニシング」(1989年)

  「ヘザース/ベロニカの熱い日」(1988年)

  「バッド・チューニング 」(1993年)

  「ブレックファスト・クラブ」(1985年)

  「クラークス」(1994年)

  「ウェインズ・ワールド」(1992年)

  「シングルス 」(1992年)

関連記事 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

*2:本文に戻る