読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「奇跡の2000マイル」:駱駝と犬とともに砂漠を徒歩で縦断する女性をミア・ワシコウスカが好演、人間と厳しい自然の関わりを感じる作品

「奇跡の2000マイル」(原題:Tracks)は2013年公開のオーストラリアのドラマ映画です。オーストラリア西部に広がる砂漠2000マイル(約3000キロ)を横断した女性ロビン・デヴィッドソンの回顧録「Tracks」を原作とし、ジョン・カラン監督、ミア・ワシコウスカ主演で、オーストラリア各地で大規模ロケを敢行、ラクダ4頭と愛犬を連れ、アリス・スプリングスからウルル(エアーズロック)を経由しインド洋へと彼女がたどった旅を再現しています。

 

 「奇跡の2000マイル」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:ジョン・カラン
脚本:マリオン・ネルソン
原作:ロビン・デヴィッドソン「Tracks」
出演:ミア・ワシコウスカ(ロビン・デヴィッドソン)
   アダム・ドライバー(リック・スモラン)
   ロリー・ミントゥマ(ミスター・エディー)
   ブレンダン・マクリーン (ピーター)
   ライナー・ボック (カート)
   ジェシカ・トヴェイ(ジェニー)
   エマ・ブース(マーグ)
   ほか

あらすじ

1977年、どこにも居場所を見つけられない24歳の女性ロビン・デヴィッドソン(ミア・ワシコウスカ)は、うまくいかない人生に変化を求め、都会の家族や友だちから離れてひとり、砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングスにやってきます。彼女がこの地を訪れた目的は、広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す2000マイルもの旅に出ることでした。町のパブで働きながら、牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、荷物持ちとなる4頭のラクダと、心の支えになってくれる一匹の愛犬を引き連れて、町を出発します。厳しい大自然の中を、自らの足でしっかりと大地を踏みしめて進むロビンは、旅の道中で一生の宝になるような出会いと経験を重ねていきます・・・。

レビュー・解説 

オーストラリアの荒野の映像と、ミア・ワシコウスカの卓越したパフォーマンスにより、「オーストラリア」を強く感じさせる素晴しい映画です。オーストラリア各地で大がかりなロケーション撮影を敢行、物資の運送が困難なほど険しい岩場、草原、砂漠に35ミリのフィルムカメラを持ち込んで撮影された映像には、雄大で荒々しく、時に神秘的なまでに美しい大自然が描かれています。一人の女性の旅を通して、善くも悪くもその厳しい自然と共に生きて来なければならなかったオーストラリアの人々を感じさせる、壮大なロードムービーです。

 

GPSもない時代に、コンパスと地図を頼りに1日あたり約32キロのペースで歩き、7ヵ月を費やして、たった一人でオーストラリア西部の砂漠およそ3000キロ(約2000マイル)を横断した旅を綴った原ロビン・デヴィッドソンの回顧録「Tracks」は、少なくとも18の言語に翻訳され世界的ベストセラーとなりました。1981年に出版されて以来、何度も映画化が企てられ、ジュリア・ロバーツや、ニコール・キッドマンを主演とする企画もあり、ミア・ワシコウスカが生まれ前から試みられていた映画化がようやく実現したものです。

 

主演のミア・ワシコウスカには、他の作品には見られないほどに情感が漂っている様な気がします。これは恐らく、祖国オーストラリアに対する並々ならぬ思いでしょう。彼女は次のように語っています。

I hadn't made a film in Australia since I was 17, so I felt like I was reconnecting with my own roots and reconnecting with the Australian industry. Only a couple of months after the film I decided to definitely stay in Australia and live there, so it was really important for me on a personal level as well, because my film world and home world had always been separate.

私は17歳以降、オーストラリアの映画に出演した事がなかったの。だから、私のルーツやオーストラリアの映画界と再びつながったように感じたわ。映画撮影から何ヶ月もしないうちに、オーストラリアにとどまり、そこで暮らそうと思ったの。私個人にとっても、この映画はとても重要なものになったわ。だって、私の映画の世界と私の故郷の世界はずっと別でしたもの。

 

若者や女性が並外れた事をして自分に期待される役割を超えたがる時代で、原作者のロビン・デヴィッドソンがこの無謀とも言える挑戦を試みた理由もそうした個人的な理由からでした。見せ物にしようとか、名声を得ようという意識もなく、むしろ誰の興味もひかないだろうと思っていました。こうした動機は時代とともに変わるのものですが、この旅で得た事について彼女は次のように語っています。

An experience like that is bound to be transformative and it certainly was for me in all sorts of ways. During that period of solitude and being in that astonishing landscape, I think I came together as a person on one level, but on another level I entered into that landscape in a way that's very difficult to describe. You go through certain mind changes, you change your consciousness. As to how much of that I've preserved, I don't know. It's very difficult to keep hold of it when we live in very distracting modern times for sure. But I'm deeply glad that I had it.

そうした経験は「変わる事」と強く結びついていますが、私の場合もいろいろな意味でそうでした。孤独と信じ難い光景の中で、私は一人の人間に落ち着くとともに、筆舌に尽くし難い形でその光景に入り込みました。思考だけではなく、意識まで変わるのです。それが私にどれだけ残っているかわかりませんが、せわしない現代社会で持ち続ける事が困難であることは確かです。でも、私はその経験がとても嬉しかった。

 

ロビンが大自然の中で感じた意識は、開拓時代のオーストラリアの人々の多くが経験したものでしょう。この映画を見て多くの人が共感するのは、おそらくは自然の中での暮らしが、人間が本来持っているある種の意識をくすぐるからかもしれません。

 

余談になりますが、実はオーストラリアは世界で最も多くラクダが生息する国です。元々は開拓のための足として持ち込まれたものですが、ラクダはオーストラリアのほとんどの面積を占める生命を寄せ付けない過酷なアウトバックでも、自生している植物と水で成長、繁殖することができました。現在、オーストラリアには100万頭のラクダが生息しており、この個体数は8年で2倍になるペースで増加していると言われています。ラクダはオーストラリアの通信網や鉄道網を敷設など、国家の基盤作りにおいて重要な役割を担ったのですが、野生化し急増した結果、農作地に入り込み、水を探して農作地を荒らすようになった為、害獣として駆除の対象になっています。ちょっと可哀想な話ですね。

 

ミア・ワシコウスカ(ロビン・デヴィッドソン)

f:id:DaysLikeMosaic:20151223054204j:plain

 

アダム・ドライバー(リック・スモラン、右)

f:id:DaysLikeMosaic:20151223054221j:plain

 

4頭のラクダと愛犬とともに荒野を行く

f:id:DaysLikeMosaic:20151223054247j:plain

 

果てしない砂漠を前に

f:id:DaysLikeMosaic:20151223054314j:plain

 

原作者のロビン・デビッドソン

f:id:DaysLikeMosaic:20151223054322j:plain

関連作品

「奇跡の2000マイル」の原作本Amazon

  Robyn Davidson "Tracks"【Kindle版】

 

カメラマンから見た「奇跡の2000マイル」Amazon

 Robyn Davidson/Rick Smolan "Inside Tracks: Robyn Davidson's Solo Journey Across the Outback"

 

ミア・ワシコウスカ出演作品のDVD(Amazon

  「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)

  「キッズ・オールライト」(2010)

  「ジェーン・エア」(20102)

  「嗤う分身」(2013)

  「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2013)

 

アダム・ドライバー出演作品のDVD(Amazon

  「リンカーン」(2012年)

  「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013年)

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」(2014年)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)

    「ミッドナイト・スペシャル」(2016年)

  「パターソン Paterson」(2016年)

 

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

奇跡の2000マイル(字幕版)

奇跡の2000マイル(字幕版)