読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「シンプル・プラン」:金に目がくらんでしまった貧しくも善良な人たちの幸せとは?

アメリカ映画

シンプル・プラン」(原題: A Simple Plan)は、1998年公開のアメリカのクライム・スリラー&サスペンス映画です。スコット・スミスの同名小説をサム・ライミ監督が映画化したもので、ふとしたことで大金を手にした人々が平凡ながらもかけがえのない人生を見失っていく姿を描いています。

 

 「シンプル・プラン」のDVD(Amazon

楽天市場で探す*1

 

監督: サム・ライミ

脚本: スコット・スミス

原作: スコット・スミス

出演: ビル・パクストン(ハンク・ミッチェル)

    ブリジット・フォンダ(サラ・ミッチェル)

    ビリー・ボブ・ソーントン(ジェイコブ・ミッチェル)

    ブレント・ブリスコー(ルー・チェンバース)

    チェルシー・ロス(カール・ジェンキンス保安官)

    ほか

 

【あらすじ】

雪深い田舎町。飼料店に勤めるハンク(ビル・パクストン)は、薄給ながらも妊娠中の妻サラ(ブリジット・フォンダ)の為に黙々と働いていました。大みそか、失業中の独身中年男の兄ジェイコブ(ビリー・ボブ・ソーントン)とその悪友のルー(ブレント・ブリスコー)に連れ出されたハンクは、帰り道に森の中で墜落したセスナ機を発見します。機内にはパイロットの死体と、440万ドル(約5億円)もの大金がありました。犯罪がらみの金と決めつけたジェイコブとルーは着服しようと持ちかけ、最初は反対したハンクも同意、彼が預かることにします。最初は混乱したサラも、出産後の生活苦を考え着服に加担します。サラの提案で、ハンクはジェイコブと一緒に金の一部を森に戻しに行きますが、森に狩りに行こうとした老人ドワイト(ジャック・ウォルシュ)を、動揺したジェイコブがバールで殴ってしまいます。ハンクは、息を吹き返したドワイトのとどめをさして事故死に見せかけ、辻棲あわせの嘘が始まります。さらに借金漬けのルーが金をよこせと二人を脅迫、ハンクとジェイコブは彼とその妻ナンシー(ベッキー・アン・ベイカー)をなりゆきで殺してしまいます。正当防衛で罪には問われませんでしたが、ジェイコブは良心の呵責に苦しみます。ほどなく保安官のカールから呼び出され、誘拐事件の身代金を乗せたままこの付近で消息を絶ったセスナ機について、FBIバクスターと名乗る捜査官に情報提供を求められます。FBI捜査官に不審を覚えたサラは、誘拐犯の一人ということを突き止めてハンクに連絡、彼は身を守る為に保安官の銃を盗みます。森の中で保安官を殺したバクスターを、ハンクは倒します。それを見ていたジェイコブは、ハンクに自分も殺してくれと懇願します。兄の最後の頼みと迫る彼を、ハンクは泣きながら射殺します。結局、札番号が控えられ大金は使えないことが判明、ハンクは暖炉で燃やします・・・。

 

とても着服するとは思えない善良な夫婦が金に目をくらませていく様を、ビル・パクストンブリジット・フォンダがリアルに演じています。また、アクの強い独身中年男の兄を一貫して演じるビリー・ボブ・ソーントンも、見事です。

 

ビル・パクストン〜「シンプル・プラン

ビル・パクストン

 

ブリジット・フォンダ〜「シンプル・プラン

ブリジット・フォンダ

 

ビリー・ボブ・ソーントン〜「シンプル・プラン

ビリー・ボブ・ソーントン

 

貧しい独身中年男の兄や、産後の生活苦を抱える妻の、「お金があったら・・・」という話が切実です。

 

お金があれば(ジェイコブ)

JACOB: You know, maybe I can get a family of my own now. I mean, with the money and all. Why? Don't you think somebody would marry me if I’m rich?

HANK: You don't need money for that.

JACOB: Hank.

HANK: Hey, come on. What about... what was her name? Carrie Richards? She liked you even though you were broke-dick.

JACOB: Oh, her. Yeah. That was a whole different deal. That was...her--her friends, they pitched in bucks altogether and betted her that she wouldn't go steady with me for a month.

HANK: Jesus, Jacob. I… I thought you guys had a thing. I don't know.

JACOB: It... it weren't that bad. I mean, actually, it was kind of cool. We used to walk around together a lot, you know. Take walks, you know? And, uh, we talked about all kinda cool stuff. I held hands with her one time. We were walking around, but my hand sweated so much she kinda had to let it go. I was nervous, i guess. But it was cool. When the month was over, she, uh... you know, kinda would say hi to me sometimes in the hallway when i'd see her. She didn't have to do that. That was cool of her. God, hank, you know, I’ve never-- I’ve never even kissed a girl before. And you know what? If being rich will change that, I’m all for it. I don't care. I just wanna feel it, you know? I just wanna know what people do, you know? I don't care if it's 'cause of the money. Hank? I’m gonna be happy now, right?

HANK: Sure you are. We all are.

JACOB: Yeah, that's right.

ジェイコブ:俺もやっと家族が持てる、金が入ればね。金持ちになれば結婚できる。

ハンク:金は関係ない。

ジェイコブ:あるさ。

ハンク:なんてなまえだったっけ?あの女の子。キャリー・リチャーズ?貧乏でも兄さんが好きだった。

ジェイコブ:あれには裏があったのさ。彼女の友達みんなで100ドル出して賭けをした。「ジェイコブとひと月つきあえ」と。

  ハンク:知らなかった。いい仲だったとばかり。

  ジェイコブ:そんな悪い気分でもなかった。俺にはいい感じだった。彼女と一緒にあちこち散歩もしたし、いろいろ話もしたよ。一度は手も握った、散歩している時に。でも俺の手が汗ばんで手を離した。緊張していたんだ。楽しかったよ。ひと月が過ぎても、すれ違ったりすると彼女は挨拶してくれた。そんな必要ないのに、親切だった。俺は女とキスをした事も無いんだ。金持ちになって事態が変わるなる、俺は何だってかまわない。相手にしてくれるなら、金が目当てでもいいんだ。俺は幸せになれるな?

ハンク:もちろん、みんな幸せになれる。

ジェイコブ:そうさみんな幸せに。

 

お金があれば(サラ)

HANK: Well, I’ve got a plan! I’m taking the money back right now-- all of it.

SARA: Hank.

HANK: No! I’m gonna put it back, and everything's gonna be just like it used to be.

[baby crying]

HANK: That money, God damn it! Fxxkin' money!

SARA: Is that what you think? Is that what you think you want? Walking off to the feed store every morning for the next 30 years, waiting for tom Butler to retire or die so you can finally get a raise? And what about Amanda? Do you think she's gonna like growing up in somebody else's hand-me-down clothes? Playing with some kid's old toys because we can never afford to buy her anything new?

HANK: Don't say any more.

SARA: And me. What about me? Spending the rest of my life, 8 hours a day, with a fake smile plastered on my face checking out books. And then coming home to cook dinner for you-- the same meals over and over again, whatever the week's coupons will allow. Only going out to restaurants for special occasions-- birthdays or anniversaries. And even then having to watch what we order-- skipping the appetizer, coming home for dessert. You think that's gonna make me happy?

HANK: That's enough.

SARA: No, no. I haven't done Jacob yet. It's back to the welfare office for Jacob. The occasional odd job. But with Lou gone now... Just himself and his dog all alone in that filthy apartment. How long do you give him, Hank?

HANK: Stop it!

SARA: Sounds wonderful, doesn't it? Everything just like it used to be.

ハンク:僕のプランを言おう!金を戻してくる、一銭残らず!あの金さえ戻せば、すべて元通りになるんだ。すべて金のせいだ。

サラ:本気なの、本当にそうしたいの?飼料店に30年勤め、トムが引退か、死ぬのを待ち、やっと昇給するの?アマンダは?よその子の古着で我慢しろと?玩具もお古、新しい物を買えないから。

ハンク:それ以上言うな。

サラ:私は?私はどうなの?毎日8時間、愛想笑いをして働けと?図書館で本を並べ、家に戻りあなたの食事を作る。いつも同じ料理。特売で買える物ばかり。レストランに行くのは特別な日だけ、つつましい注文しかしない。前菜はとらず、デザートは家で。それで私が幸せだと?

ハンク:もう、いい。

サラ:ジェイコブはどうなのよ。生活保護を受け、仕事は臨時雇いだけ。ルーは死んだけど、彼と犬はいつまで面倒を見るつもり?

ハンク:黙れ!

サラ:うんざりだわ。元の生活は嫌。

 

お金が無くても幸せに暮らせれば良いのですが・・・。人は幸せだと働かなくなるので、世の中は人々を競争させ、お金がないと幸せになれない仕組みを一生懸命作っています。なので、「このお金があれば・・・」という葛藤がこの世からなくなることはないでしょう。そして、この葛藤に負けてしまうと、より大きな不幸せが待ち受けています。結局のところ、人それぞれ「フェアに」幸せになる事を目指すしかないのですが、人並みの夢を見てしまい、罪悪感を感じて生きている意味がないと命を断ってしまう独身中年男の兄が可哀想です。

 

僕は幸せに気づかなかった(ハンク)

HANK: I remember my father telling me what he thought that it took for a man to be happy. Simple things, really... A wife he loves, a decent job, friends and neighbors who like and respect him. And for a while there, without hardly even realizing it, I had all that. I was a happy man.

ハンク:僕がまだ子供の頃、よく父が言っていた。男の幸せに必要なものは単純なことばかり。愛する妻、まともな仕事、尊敬してくれる友や隣人。あの頃、僕は知らずにそれらを手に入れていた。僕は幸せな男だった。

 

シンプル・プランの原作本

   スコット・B・スミスシンプル・プラン」(Amazon

*1:本文に戻る
  「シンプル・プラン」のDVD(楽天市場