夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ラブ・トライアングル」:亡き恋人の兄と同性愛の姉の狭間で揺れる妹のロマンティック&ヒューマン・コメディ

「ラブ・トライアングル」は、2011年公開のアメリカのロマンティック&ヒューマン・コメディ映画です。ひょんなことから一緒に生活をすることに故人にまつわる三人の男女の、心の葛藤や関係を繊細かつユーモラスに描いています。日本では劇場未公開ですが、ソフトで観ることができます。

 

 「ラブ・トライアングル」のDVD(Amazon

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:リン・シュルト
脚本:リン・シェルトン
出演:エミリー・ブラント(アイリス)
   ローズマリー・デウィット(ハンナ)
   マーク・デュプラス(ジャック)
   ほか

あらすじ

弟を亡くしたショックから立ち直れないジャック(マーク・デュプラス)は、弟の恋人だったアイリス(エミリー・ブラント)に勧められ、彼女の亡父が残した離島の別荘で静養することにしました。ところが別荘に着いてみると、アイリスの姉でレズビアンのハンナ(ローズマリー・デウィット)が、パートナーと別れた傷心を癒すために内緒で滞在していました。お互い予期せぬ出会いに戸惑いますが、一緒にお酒を飲むうちに意気投合したジャックとハンナは、一夜の関係を持ってしまいます。その翌朝、落ちこむジャックの前に突然、アイリスが現われます。慌てたジャックとハンナは関係を持ったことをアイリスに内緒にすることに決め、アイリスを加えた3人の生活が始まりますが、実はアイリスはジャックに想いを寄せていました・・・。

レビュー・解説

主演のエミリー・ブラントは、悪女や頑な女性を演ずる事が多いのですが、「ラブ・トライアングル」では普通っぽい女性を演じています。リン・シュルトン監督は俳優とともにじっくりと役作りをしますが、セリフはかなり即興が多く、自然で普通っぽいエミリー・ブラントを楽しむ事ができます。特にローズマリー・デウィットとのからみでは、女性同士のおしゃべりの感じが良く出ています。

 

一方、プロットは普通っぽくなく、従来のロマンティック・コメディが触れなかった部分を描きながら、人間関係を愛で包んでいます。リン・シュルトン監督は信じられないような結果を、説得力もって展開するのを得意とします。レズビアンのパートナーと別れて傷心の姉が、子供欲しさにコンドームにこっそり穴を開けて男と一夜を共にするあたりは、如何にも女性らしい発想という気がします。妹の意中の男とは知らずの出来事ですが、当然、妹は反発、男も居場所がなくなります。その後、三人の微妙な心の動きを捉えながら、エンディングに持っていく展開は妙に納得観があります。

 

当初、ハンナはレイチェル・ワイズが演じる予定でしたが、撮影の三日前になって急に都合がつかなくなり、急遽、ローズマリー・デウィットが起用されました。ローズマリー・デウィットは大胆なるも心優しいレズビアンの姉をよく演じており、彼女の起用は正解だったのではないかと思います。レイチェル・ワイズが演じるハンナを見ていませんが、イメージとしてはローズマリー・デウィットの方がしっくりきます、エミリー・ブラントとの相性も良いような気がします。

 

なお、邦題の「ラブ・トライアングル」は三角関係にフォーカスしていますが、映画では女を渡り歩く父の元、仲良く育った腹違い姉妹の関係をよく描いており、結末にも影響しています。実際に観てみると、直接的な邦題よりも、原題の「Your Sister's Sister 」(きみのお姉さんの妹)の方が婉曲でユーモラスな感じでしっくりきます。

動画クリップ(YouTube) 

細身のジーンズの彼〜「ラブ・トライアングル」

アイリス:10年目の別れまで。パパはハンナのママと10年目で私のママと浮気。
ハンナ:アイリスのママが妊娠して結婚。
アイリス:ロンドンへ・・・
ハンナ:引っ越して、ママに飽きて、7年ほど放浪してた。
アイリス:プレイボーイ気取りでね。
ハンナ:女の扱いはひどかったけど、子供には優しかった。
アイリス:嘘だよ。
ハンナ:三人だけで6回、夏を過ごした。
アイリス:お姉ちゃんは平気だったけど、私は女を渡り歩くのが嫌だった。
ジャック:つまり、いろんな女性と感情抜きでつきあっていた?
アイリス:最悪でしょ。
ジャック:聞き覚えがあるぞ。誰だ?パターンが見えた。
アイリス:何なの? ジャック:細身のジーンズのジョージにハリーにヴィニー。ヴィニーは二週間も持ったぞ。
アイリス:私はデートが苦手なの知ってるでしょ。つまらないの。 ジャック:最近のデートを知ってる?
アイリス:何よそれ?
ジャック:アイリスの恋愛と言えば、相手は細身のジーンズの男。これより細いだろ?コテコテのロックスターもいた。靴ひもなしのスにカー男は髪を横に流してる。
アイリス:あなたの髪も同じよ。
ジャック:俺はヘア・トラブルで仕方なくだ。奴は好きでやってた。

 

純植物性パンケーキ〜「ラブ・トライアングル」

アイリス:取ってよ。ねっとりしている。
ジャック:目脂だろ。
ジャック:何を食べるの?怖いな。
ハンナ:ほら、ヴィーガンの料理よ。
アイリス:食べるよ。
ハンナ:グルテンフリーのパンケーキ。これ本当に美味しいのよ。
アイリス:美味しそう。
ハンナ:貧相だった?
ジャック:ちょっと寂しい。
ハンナ:物足りなかったら言って、ないと思うけど。
ジャック:わかった。
ハンナ:メイプルシロップね。
ジャック:必要だよ。
ハンナ:あらやだ。残念なお知らせよ。ナッツバターしか無い。
アイリス:すごく美味しい。
ハンナ:本当?そうでしょう。
ジャック:このままでも美味しいけど、試してみる。どうかな?
ハンナ:最高に美味しいわよ。
ジャック:うまい。とっても美味しいよ。
ハンナ:良かった。バターも牛乳もいらないでしょ。
ハンナ:まずい。
アイリス:そんなことないよ、本当に。とっても美味しいよね?
ジャック:まずいは言い過ぎだ、複雑な味だけど。
アイリス:意外に美味しい。
ハンナ:嘘よ。亜麻仁油を入れたのが失敗だったみたい。ココナッツオイルがなくて代用したの。
ジャック:なら、仕方が無い。
アイリス:そうよ。
ジャック:ちゃんと材料を揃えて再挑戦しよう。俺は俺のパンケーキを作るから。それで勝負に勝った方が・・・
ハンナ:パンケーキ店に行ける。
ジャック:世界中のパンケーキが揃った店へ。

 

エミリー・ブラント出演作品のDVD(Amazon

  「マイ・サマー・オブ・ラブ」(2004年)

  「プラダを着た悪魔」(2006年)

  「サンシャイン・クリーニング」(2009年)

  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(2009年)

  「LOOPER/ルーパー」(2012年)

  「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014年) 

  「ボーダーライン」(2015年)・・・楽天市場

関連記事 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp