夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」:時間旅行者のロマンティック&ヒューマン・コメディ

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」(原題: About Time)は、2013年公開のイギリス、アメリカ合作のSFファンタジー/ロマンティック&ヒューマン・コメディです。タイムトラベルの能力を持つ家系と知らされた青年が、過去を変えて女性との関係を進展させようと悪戦苦闘しながら、人生における様々な事柄を学んでいく姿をハートウォーミングに描いています。

 

 iTunes で観る*1 Amazonビデオで観る*2

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」のDVD(Amazon

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン(ティム)
   レイチェル・マクアダムス(メアリー)
   ビル・ナイ(父さん、ティムの父)
   リディア・ウィルソン(キット・カット、ティムの妹)
   リンゼイ・ダンカン(母さん、ティムの母)
   リチャード・コーデリー(D叔父さん )
   ジョシュア・マクガイア(ローリー)
   トム・ホランダー(ハリー)
   マーゴット・ロビー(シャーロット)
   ウィル・メリック(ジェイ)
   ヴァネッサ・カービー(ジョアンナ)
   ほか

あらすじ 

イギリス南西部コーンウォールでティム(ドーナル・グリーソン)はちょっと風変わりな両親と妹、伯父ら家族と暮らしていました。家族との仲は良好ですが、自分に自信が持てず、いまだ恋人もいない21歳の誕生日に、一族に生まれた男にはタイムトラベル能力が備わっているという秘密を、ティムは父(ビル・ナイ)から告げられます。ティムは、能力の使い方を覚え、恋人を作るために繰り返しタイムトラベルをするようになります。弁護士を目指すティムはロンドンへ転居、そこで出会ったメアリー(レイチェル・マクアダムス)に恋をします。なんとか彼女の愛を得た後も、ティムはタイムトラベルを繰り返して人生の成功を掴もうとしますが・・・。

レビュー・解説 

監督・脚本は、「ラブ・アクチュアリー」、「パイレーツ・ロック」に次ぐ長編3作めの本作で監督を引退するリチャード・カーティスリチャード・カーティスは、「フォー・ウェディング」、「ビーン」、「ノッティングヒルの恋人」、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「戦火の馬」などの脚本も手がけており、本作もタイム・トラベルを扱いながら、ロマンティック&ヒューマン・コメディ色の濃い作品となっています。

 

主人公ティムを演じるのはアイルランド出身のドーナル・グリーソン。気弱な学生から三児のパパになるまでの変化を、見事に演じています。2009年の映画デビュー以来、着々と力をつけており、今後が楽しみな俳優です。メアリーを演じるのは、「きみがぼくを見つけた日」、「ミッドナイト・イン・パリ」に次いで、タイム・トラベラーに恋する役が三度目のレイチェル・マクアダムス。受け身のようで、展開をリードし、キュートながらも主人公を引き立てています。

ティムの父母、妹のキット・カット、叔父のD、友人ジェイ、父の友人ハリー、事務所の同僚ローリー、メアリーの友人ジョアンナなど、みな個性的で、ユーモラスなやりとりを展開します。また、父子の愛についても繰り返し描かれています。

 

ティムの初恋の女性シャーロットは小悪魔的存在で、夏休み最後の夜にティムが告白すると、「もっと早く言って」と言われます。過去にタイムトラベルして告白すると、「最後の夜に言って」と言われます。ロンドンでばったり会ったシャーロットに「ガールフレンド」を紹介され、レズと思い込んだティムは、「私をレズだと思ってるの?」と言われ、過去に戻ってやり直すと、「私、レズなの」と言われます。シャーロットに誘惑されたティムは、一目散にメアリーの元に逃げ帰り、プロポーズします。

 

ようやくできた恋人メアリーを連れて、ティムは自然が美しいコーンウォールに帰省します。ティムの母とメアリーの会話がユーモラスで、心温まります。

 

恋人を連れて帰省〜「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

Mary: Wow! That's so beautiful.
Tim: I don't think we'll be staying in the same room, somehow.
Mary: Really?
Tim: If they offer you tea, just say no.
Mum: Hello.
Tim: Mum, this is Mary.
Mum: Mary! Hi. Good Lord, you're pretty.
Mary: No, it's just I've got a lot of mascara and lipstick on.
Mum: Let's have a look. Yes. Good. It's very bad for a girl to be too pretty. It stops her developing a sense of humour. Or a personality.
Mum: Tea?
Mary: I'd love a cup of tea.
Tim: Christ, that's the whole day gone.
Mary: Skipping stones?
Mum: They've been doing this since he was about this high. And what are your faults? I mean, little weaknesses.
Mary: I... Well, I'm very insecure.
Mum: Sweet.
Mary: Okay.I've a very bad temper sometimes.
Mum: Crucial. How else are you gonna get a fella to do what you want?
Mary: And, of course, I have... I have a weakness for your son.
Mum: So do I. But best not to tell him. Don't want him getting cocky.

メアリー:わぁ、きれいな眺め。
ティム:多分、部屋は別々だと思う。
メアリー:そうなの?
ティム:お茶を勧められたら、断って。
ティムの母:お帰り。
ティム:ママ、メアリーだ。
ティムの母:メアリー。きれいな方ね。
メアリー:いえ、そんな、マスカラと口紅のせいです。
ティムの母:顔を見せて。本当ね。化粧が上手。美人すぎる女は良くないわ。笑いのセンスも磨かず、根性も良くならない。
ティムの母:お茶は?
メアリー:いただきます。
ティム:一日がつぶれる。
メアリー:石投げ?
ティムの母:昔からずっとやっているの。あなたの欠点は何?小さな弱点とか。
メアリー:自身がないこと。
ティムの母:かわいい。
メアリー:それから時々、かっとなることかな?
ティムの母:いいことよ。ほかに男の操縦法は?
メアリー:ティムが大好きでたまらないの。
ティムの母:私もよ。でも言っちゃダメ、うぬぼれるわ。

 

続いて、ティムは重大発表をします。ナイーブな天然ボケの叔父Dの言葉がほんわかと暖かいです。

 

重大発表〜「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

Tim: Right, sorry. Sorry. I've got an important announcement to make.
Uncle D: Exciting.
Tim: We've decided, after a little bit of thought, to get married.
Uncle D: That's wonderful news. Who are you getting married to?
Tim: To Mary. Over there.
Uncle D: Thank God for that. Jolly embarrassing if it had been another girl. imagine that.
Tim: No, sorry. Yeah. By the way, the wedding will be quite soon because we're having a baby, too.
Uncle D: You're pregnant?
Mary: Yes.
Uncle D: Who's the father?
Mary: Well, Tim, I hope.
Uncle D: Thank God for that. Jolly awkward if it had been another fellow.

ティム:ちょっと失礼。みんなに重大な発表がある。
叔父D:楽しみだ。
ティム:結婚する事に決めた。
叔父D:すばらしいニュースだ。誰と結婚するんだ?
ティム:そこにいるメアリーだよ。
叔父D:安心したよ、ほかの娘ならがっかりだ。
ティム:それから、結婚式はすぐだ。赤ちゃんが生まれる。
叔父D:妊娠しているのか?
メアリー:ええ。
叔父D:父親は誰だ?
メアリー:ティムよ、多分。
叔父D:安心したよ、他の男ならがっかりだ。

 

中盤のクライマックスは、コーンウォールの古くて美しい教会での結婚式です。ビデオ・クリップの後半、教会を出てパーティ会場に向かう際の大風と雨が見物です。

 

雨の結婚パーティ〜「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

 

パーティの後、ティムがメアリーに聞きます。

Tim: Do you wish we'd picked another less wet day?
Mary: No. Not for the world. And so it begins. Lots and lots of types of days.
Mary: Fun!

ティム:雨の日で後悔している?
メアリー:ちっとも。私たちの人生も同じよ。
メアリー:楽しんで。

 

その後、様々な出来事があって、ティムの語りです。

Tim(V.O.): And in the end I think I've learned the final lesson from my travels in time; and I've even gone one step further than my father did: The truth is I now don't travel back at all, not even for the day, I just try to live every day as if I've deliberately come back to this one day, to enjoy it, as if it was the full final day of my extraordinary, ordinary life.

ティム(語り):そしてタイムトラベル最後の秘訣を悟った。パパより一歩、先を行ったのだ。今の僕は一日だって過去に戻らない。この日を楽しむ為に自分は未来から来て、最後だと思って今日を生きている。僕の平凡で、非凡な人生の。

 

レイチェル・マクアダムスが演じたタイムトラベラーの恋人役は、「きみがぼくをみつけた日」では、結婚したものの夫とはたまにしか会えず、寂しい思いをします。「「ミッドナイト〜」では恋人を理解せず、婚約破棄となります。本作では、結婚後に夫がタイムトラベルを封印しますが。監督も違い、三部作でも何でもありませんが、ちょといい話かもしれません。

撮影地(グーグルマップ)

ティムとメアリーがパーティを抜け出して食事をした店

 

ティムの実家

 

ティムとメアリーが結婚した教会(内部)

 

ティムとメアリーが結婚した教会(外観)

 

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」のDVD(Amazon

関連作品 

リチャード・カーティス監督作品のDVD(Amazon

  「ラブ・アクチュアリー」(2003年)

  「パイレーツ・ロック」(2009年)

 

レイチェル・マクアダムス出演作品のDVD(Amazon)

  「ミーン・ガールズ」(2004年)

  「きみがぼくを見つけた日」(2009年)

  「消されたヘッドライン」(2009年)

  「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年)

誰よりも狙われた男」(2014年)

スポットライト 世紀のスクープ」(2015年)

関連記事

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp