夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ノーカントリー」:バイオレントな緊迫の追跡劇に漂う無常の運命観

ノーカントリー」(原題: No Country for Old Men)は、2007年公開のアメリカのクライム・アクション・スリラー映画です。コーマック・マッカーシーの犯罪小説「血と暴力の国」を原作とし、80年代のテキサスを舞台に、麻薬取引がらみの大金を持ち逃げし、容赦ない宿命を背負わされる男の運命を、原作の持つ神話的スケール観そのままに描き出しています。第80回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、助演男優賞ハビエル・バルデム)、脚色賞を受賞した作品です。

 

 「ノーカントリー」のDVD(Amazon) 

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト 

監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
原作:コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」
出演:トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル保安官)
   ハビエル・バルデム(アントン・シガー )
   ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス)
   ウディ・ハレルソン(カーソン・ウェルズ)
   ケリー・マクドナルド(カーラ・ジーン・モス)
   ほか

あらすじ 

ベトナム帰還兵モスは、テキサスの荒野で、銃撃戦が行われた麻薬取引現場に出くわします。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、危険と知りつつ持ち帰ります。気になる事があり現場に戻ったモスは、ギャング達に発見され、非情な殺人鬼シガーに追われる身となります。モスは、愛する若い妻カーラ・ジーンを守る為、必死にシガーの追跡をかわします。老保安官エド・トム・ベルもまた、モスが最悪の事件に巻き込まれたことを知り、彼の行方を追い始めます。モスを保護できないまま、死体ばかりが増えていく事態に直面し、ベル保安官は苦悩と悲嘆を深めていきます・・・。

レビュー・解説 

本を映画化して成功した多くの作品とは対照的に、映画「ノーカントリー」のアクションの多くは、コーマック・マッカーシーの小説から一言一句を拾う様に、原作と同じ順番で作られています。一方で、コーエン兄弟には珍しく、セリフの量をかなり削っています。

この映画の脚本を書いたときも、フィルムを編集したときも、カットすればするほど良くなった。初稿はずっと長かったが、短くするにつれて良くなっていった。フィルムの編集中でさえ、脚本をもとに喋ったセリフをカットしてしまうことがあったが、いい仕上がりになった。(イーサン・コーエン) 

 

この映画は、不思議とクライム・アクション独特の生臭さは少なく、むしろ運命論や無常観といった哲学的な香りさえします。冒頭のベル保安官の語りには無常観がかいま見られ、殺伐としたテキサスの荒野のシーンにかなりの時間をさくなど、原作が持つ文学性を映画表現に置き換える工夫がなされています。

この小説には非常に文学的な側面があり、保安官の声をどう表現すればいいか、即決できるものではなかった。(ジョエル・コーエン

我々はテキサスとニューメキシコで撮影したし、確かに神話的な風景だ。だが、現実に存在しているし、その荒涼感は美しい。聖書に出てきそうな雰囲気があるんだ。(イーサン・コーエン

 

保安官が銃を持たない時代もあったという老保安官ベルは、新たな時代に飛び込んで行かなければならないと思いながらも、当惑しています。

保安官ベルは少し気後れしているんだ。彼は、麻薬が川向こうから入ってくるのを見るのも、我々の子供達に彼らが恐ろしいことをするのにも慣れていないからね。それに麻薬取引の金を巡って時と場所を選ばず殺し合う人間にも慣れていない。(トミー・リー・ジョーンズ

 

シガーは、逃走用の車を得る為だけに簡単に人を殺したり、たまたま出会った罪もない人を殺すか否かコイン投げで決めたりする人間離れした男です。

シガーという男は、映画でよく描かれる悪役とは全然違うと思うんだ。彼は、暴力そのもの、邪悪そのものを目に見える形にしたキャラクター。恐怖のシンボルなんだ。人間として悪いヤツというのとはワケが違うんだ。(ハビエル・バルデム

与えられた使命に徹底して忠実で、ほとんど喋らないし、余計な部分がないから、時に奇妙でおかしいとすら言える。ひたすら移動し続けることで、この作品の荒涼たる風景を、彼も形作っているんだ。(ハビエル・バルデム

 

モスは、まるで西部劇の時代のようにテキサスの荒野を動き回ります。妻を愛し、困っている人を突き放しきれない、人間的な男です。

あの風景の中で生まれ育ったことが、モスやベル保安官のキャラクターの一部なんだ。風景の一部としてあの土地にいることはすごく気持が良くて、トミー・リーも僕もそれを楽しんだ。もちろんハビエルは違うよ。彼はストレンジャーとして現れるんだから。(ジョシュ・ブローリン

この映画はコメデイというより不条理劇だと思う。設定はリアルだし、3人の男たちも輪郭がはっきりしているにもかかわらず、現実ではないような感覚がつきまとう。神話的な物語とも言えるよね。そこが面白いんだ。(ジョシュ・ブローリン

誰に押しつけられたのでもない、自分自身の行動規範を持った男たちの物語という意味では確かにそうだね。水を持って現場に戻るなんてモスはアホだって意見もある。モス自身もそれが愚かなことだって分かっているけど、そうすることが彼の規範なんだよ。(ジョシュ・ブローリン

 

ベル保安官、シガー、モスの三人が、同じスクリーンに映ることはありません。三人の視点を交互を切り替えながら物語はスリリングに展開していきますが、最初から最後まで緊迫感が途切れることがないのは素晴らしいです。「ノーカントリー」は、2007年度の第80回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、助演男優賞ハビエル・バルデム)、脚色賞の計4冠を受賞しました。

 

原題の No Country for Old men は、アイルランドの詩人イェイツの「ビザンチウムへの船出」の一節です。

Sailing to Byzantium(part) by W. B. Yeats
That is no country for old men. The young
In one another’s arms, birds in the trees
—Those dying generations—at their song,
The salmon-falls, the mackerel-crowded seas,
Fish, flesh, or fowl, commend all summer long
Whatever is begotten, born, and dies.
Caught in that sensual music all neglect
Monuments of unageing intellect.

イェイツ「ビザンチウムへの船出」(部分)
あれは老人の住む国ではない。若い者らは
たがいに抱き合い、鳥は木々に止って
ーこの死んで殖えるやからー ひたすら歌う
鮭がのぼる滝、鯖のむらがる海、
魚も、獣も、あるいは鳥も、夏のあいだじゅう
種を受け、生れ、死ぬ者らすべてを称える。
その官能の音楽にとらわれて、すべてが
不老の知性の記念碑をなおざりにする。

 

イェイツは、ここは老人の住む国ではないと、ビザンチウム(知の象徴?)を目指します。映画では、エンディングで目指すところが暗示されますが、トミー・リー・ジョーンズは、テキサスはそんなに悪いところではないと言っています。

「僕はこの映画の舞台となった土地のことはよくわかっているし、今までそこで暮らしてきた。そこでとても楽しく暮らしている老人をたくさん知っている。実際、僕ももうすぐ、そんな彼らの仲間入りをしたいと思っているよ」(トミー・リー・ジョーンズ

 

トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル保安官)

f:id:DaysLikeMosaic:20160221211342j:plain

 

ハビエル・バルデム(アントン・シガー )

f:id:DaysLikeMosaic:20160221211357j:plain

 

ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス)

f:id:DaysLikeMosaic:20160221211414j:plain

 

 「ノーカントリー」のDVD(Amazon) 

関連作品

 「ノーカントリー」の原作本

  コーマック・マッカーシー著「血と暴力の国」(Amazon

 

コーエン兄弟監督作品

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

刑事や警察を描いた映画

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

麻薬カルテルの恐怖や麻薬カルテルとの戦いを描いた映画のDVD(Amazon

    「トラフィック」(2000年)

  「悪の法則」(2011年)

  「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」(2013年)

      「カルテル・ランド」(2015年)・・・楽天市場

  「ボーダーライン」(2015年)・・・楽天市場

関連記事 

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

ノーカントリー (字幕版)

ノーカントリー (字幕版)

  • Joel Coen & Ethan Coen
  • ドラマ
  • ¥1000
ノーカントリー(日本語吹替版)

ノーカントリー(日本語吹替版)

  • Joel Coen & Ethan Coen
  • ドラマ
  • ¥1000

*2:本文に戻る 

ノーカントリー (字幕版)