夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「シカゴ」:ミュージカル好きでなくても楽しめるファースト・クラス・エンタメ

「シカゴ」(原題:Chicago)は、2002年公開のアメリカのミュージカル映画です。ミュージカルの神様と称されるブロードウェイの伝説的振付師・演出家、ボブ・フォッシーによるトニー賞受賞作「シカゴ」を映画化した作品で、1920年代のシカゴを舞台に、スターを夢見ながらも刑務所に収容され、争いに巻き込まれる主人公の波乱と、スターダムへと上り詰める様子を、それぞれに思惑や野望を抱いた3人の男女を中心とした熾烈な駆け引きや人間模様を交えながら、歌と踊りで豪華絢爛に描いています。2002年のアカデミー賞では作品賞など6部門で受賞、当時のアメリカではミュージカル映画はヒットしない状況が続いていましたが、その状況を打破した作品とも評価されています。

 

 「シカゴ」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

目次

スタッフ・キャスト 

監督:ロブ・マーシャル
脚本:ビル・コンドン
原作:ボブ・フォッシー/フレッド・エッブ
戯曲:モーリン・ダラス・ワトキンス
出演:レネー・ゼルウィガー(ロキシー・ハート)
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴェルマ・ケリー)
   リチャード・ギア(ビリー・フリン)
   クイーン・ラティファ(メイトロン・“ママ”・モートン
   ジョン・C・ライリー(エイモス・ハート)
   ルーシー・リュー(キティー・バクスター
   クリスティーン・バランスキー(メアリー・サンシャイン)
   ほか

あらすじ 

1920年代のシカゴは、犯罪さえもエンターテインメントにしまうショー・ビジネスの街でした。スターを夢見る世間知らずのロキシーは、ナイトクラブの専属歌手ヴェルマのステージを羨望の眼差しで見ていました。そんなロキシーは、ショーに売り込むとの約束を守らなかった愛人を撃ち殺してしまいます。逮捕され留置所に送られたロキシーは、驚くことに不倫した夫と妹を殺した罪に問われたヴェルマと出会います。マスコミ操作に長けた辣腕弁護士ビリーのおかげで、巷ではスター扱いのヴェルマのを見て、ロキシーも同じ手段でヴェルマ以上の注目を浴びようとビリーを雇いますが…。

レビュー・解説 

レネー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ=ジョーンズリチャード・ギアという豪華キャストと素晴らしい演出で、「シカゴ」は、ミュージカル好き以外の人でも楽しめる、第一級のエンターテインメントです。

 

1970年代に「シカゴの」映画化の権利が売られた時、ボブ・フォッシーが製作にからみ、ゴールディ・ホーンライザ・ミネリフランク・シナトラが出演することが発表されましたが、1987年にボブ・フォッシーが亡くなった為、実現しませんでした。ロブ・マーシャルは1999年公開の「アーニー」の監督を請われた際、彼は時期尚早と考え、撮影監督のみ引き受けようとしましたが、両方やる様に説得されました。「アーニー」の成功は、後に彼が「シカゴ」の監督となる道を拓きました。

 

ミラマックスは当初、ロブ・マーシャルがブロードウェイ・ミュージカル「レント」映画化を監督することを考えていました。ロブ・マーシャルがインタビューの為にミラマックスを訪れた際に、「シカゴ」の話をしたいと伝え、「ロキシーの心の中のミュージカル」というコンセプトを提案しました。ミラマックスはこの考えが気に入る、「レント」は後回しになりました。

 

当初、「シカゴ」の監督はニコラス・ハイトナー、ロキシー・ハート役はシャーリーズ・セロンの予定でしたが、監督がロブ・マーシャルに代わった際に、シャーリーズ・セロンはオーディションを再度受けることになり、ロキシー・ハート役はレネー・ゼルウィガーの手に渡りました。レネー・ゼルウィガーはこの映画に出演するまで、歌や踊りのトレーニングを受けた事がありませんでした。

 

ビリー役のリチャード・ギアは、タップ・ダンス・シーンの為に、約3ヶ月間、レッスンを受けました。ビリー役には、他に、ジョン・トラボルタヒュー・ジャックマン、ケビン・スペーシー、スティーブ・マーティンらが、候補に挙りました。ジョン・トラボルタが辞退、リチャード・ギアが起用されたのは、「天国の日々」、「アメリカン・ジゴロ」、「愛と青春の旅立ち」に次いで4度目でした。ヒュー・ジャックマンは、ビリー役には若すぎると考え、辞退しました。二人とも、辞退した事を後悔していると語っています。

 

プロデューサーは、ロキシー・ハート役としてキャサリン・ゼタ=ジョーンズにアプローチしましたが、彼女はヴェルマ・ケリーが「オール・ザット・ジャズ」を歌うこと以外、オリジナルのショーを良く知りませんでした。キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、「オール・ザット・ジャズ」を歌いたいが為に、ヴェルマ・ケリーを演じました。メインキャストのレニー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ=ジョーンズリチャード・ギアの3人はそれぞれの個性を発揮、観客を存分に楽しませる見事な歌と踊りを披露しますが、アカデミー助演女優賞を獲得したキャサリン・ゼタ=ジョーンズのミュージカル・シーンは特に圧巻です。

 

ロブ・マーシャル監督は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズナチュラルな長い髪を希望しましたが、彼女は髪が長いと顔に降り掛かり、替え玉を使っていると疑われると、ショート・ボブを主張しました。見慣れぬショート・ボブのキャサリン・ゼタ=ジョーンズに、私は一瞬、彼女がヴェルマを演じていると気づきませんでした。アンジェリーナ・ジョリーもヴェルマ・ケリー役のオーディションを受けています。

他に、

らが、候補に挙がっていました。

 

「シカゴ」と言えば「オール・ザット・ジャズ」というくらい有名な曲で、別の映画のタイトルにもなっています。キャサリン・ゼタ=ジョーンズの熱演が素晴らしく、歌の内容にマッチしたロキシー・ハートの情事のシーンがオーバーラップする後半も見どころです。

 

オール・ザット・ジャズ〜「シカゴ」

 

ロキシーが収監された監獄で、他の女性受刑者たちがどうして収監されたのかが、セル・ブロック・タンゴで描かれます。圧巻です。

 

セル・ブロック・タンゴ〜「シカゴ」

 

ロキシーを弁護するビリーが検察の主張を華麗に崩す様を、タップ・ダンスに重ねて描きます。素晴らしい表現です。

 

ア・タップ・ダンス〜〜「シカゴ」

 

ポスターのクレジットの順について、レネー・ゼルウィガーキャサリン・ゼタ=ジョーンズのエージェントは長い事もめました。結局、上から読むと、レネーが先、左から読むとキャサリンが先ということで落ち着きました。

 

シカゴのポスター

シカゴ・ポスター

関連作品 

ビル・コンドン監督作品・脚本のDVD(Amazon

  「ゴッド・アンド・モンスター」(1998年)監督・脚本

  「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004年)監督・脚本

  「ドリームガールズ」(2006年) 監督・脚本

  「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」(2015年) 監督

 

レネー・ゼルウィガー出演作品のDVD(Amazon

  「ザ・エージェント」(1996年)

  「母の眠り」(1998年)

  「ベティ・サイズモア」(2000年)

  「ブリジット・ジョーンズの日記」(2001年)

  「コールド マウンテン」(2003年)

  「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」(2004年)

  「シンデレラマン」(2005年)

  「ミス・ポター」(2006年)

  「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(2016年)

 

キャサリン・ゼタ・ジョーンズの出演作のDVD(Amazon

  「マスク・オブ・ゾロ」(1998年)

  「ハイ・フィデリティ」(2000年)

トラフィック」(2000年)

  「ディボース・ショウ」(2003年)

  「サイド・エフェクト」(2013年)

 

おすすめミュージカル映画のDVD(Amazon

dayslikemosaic.hateblo.jp

関連記事 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp  

dayslikemosaic.hateblo.jp

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る

*2:本文に戻る 

シカゴ(字幕版)

シカゴ(字幕版)