夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ラッシュ/プライドと友情」:ふたりのF1チャンプの価値観の対比が素晴らしい

「ラッシュ/プライドと友情」(原題:Rush)は、2013年公開のアメリカ・ドイツ合作のF1伝記ドラマ映画です。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワースダニエル・ブリュールら出演で、1976年のF1世界選手権で宿命のライバルとして激しく競い合った対照的な2人の伝説的レーサー、ジェームズ・ハントニキ・ラウダを描いています。

 

 「ラッシュ/プライドと友情」のDVD(Amazon

iTunesで観る*1 Amazonビデオで観る*2

 

目次

スタッフ・キャスト

監督:ロン・ハワード
脚本:ピーター・モーガン
出演:クリス・ヘムズワースジェームス・ハント
   ダニエル・ブリュールニキ・ラウダ
   オリヴィア・ワイルド(スージー・ミラー)
   アレクサンドラ・マリア・ララ(マルレーヌ・クナウス)
   ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(クレイ・レガツォーニ)
   ほか

あらすじ

ジェームズ・ハントクリス・ヘムズワース)とニキ・ラウダダニエル・ブリュール)は、F3時代からの宿命のライバルで、その性格とレース・スタイルはまるで対照的でした。ワイルドで天才肌のハントは、酒と女を愛する享楽主義のプレイボーイ。ラウダはマシンの設定からレース運びまで全てを緻密に計算して走る頭脳派で、闘志を内に秘めてストイックに生きるレーサー。1976年、2人はF1の年間チャンピオンを巡ってデッドヒートを繰り広げます。2連覇を目指すラウダはシーズン序盤から着実に勝利を重ね、ライバルのハントを大きく引き離し、チャンピオン争いを優位に進めていました。そして、2人の運命を大きく変える第10戦ドイツGPが幕を開けます・・・。

レビュー・解説 

実話に基づくこのF1伝記映画は、二人のライバル意識と友情を描いていますが、ニキ・ラウダの禁欲主義、ジェームズ・ハントの享楽主義的な価値観を対比させることにより、単なるF1映画以上のものになっています。ダニエル・ブリュールクリス・ヘムズワースは対照的なF1チャンプを見事に演じ、また、ドイツ語と英語の会話も効果的に使われています。迫力あるレースシーンでは、ドリフトやカウンター・ステアが手に取るようにわかります。テレビのF1実況ではこうは行かず、映画ならではの迫力です。

 

クリス・ヘムズワースは、2012年公開の「アベンジャーズ」撮影中にジェームズ・ハント役のオーディションを受けました。ロン・ハワード監督は彼のオーディションに感銘を受け、すぐに契約にサインしました。クリス・ヘムズワースは後に「地球で最もセクシーな男」に選ばれていますが、プレイボーイとして描かれているジェームズ・ハント役には、願ってもない適役だったのではないかと思います。なお、彼は「マイティ・ソー」撮影の為に98キロまで増やしていた体重を、ジェームズ・ハントを演ずる為に14キロ落としています。

 

ダニエル・ブリュールは2003年公開の「グッバイ、レーニン!」や2004年公開の「ラヴェンダーの咲く庭で」等に出演、気になる俳優でしたが、「ラッシュ/プライドと友情」では、ニキ・ラウダの出っ歯を真似るため、歯科装置をつけての熱演です。また、性格描写も素晴らしいです。ニキ・ラウダが初めて「ラッシュ/プライドと友情」を観た時、「なんてこった。これは、まさに俺だ。」と言ったそうですが、彼をこう言わしめた背景は、恐らくダニエル・ブリュールの熱演なしには語れないでしょう。

 

ニキ・ラウダがF1レーサーであることを知らないマルレーネとの出会いのシーンです。

 

速く走る必要がない~「ラッシュ/プライドと友情」

MARLENE: Will someone please tell me what’s going on?
MARLENE: Who are you, anyway? What do you DO?
ITALIAN MAN: You don’t know? He’s a Formula I driver. Who just signed for Ferrari!
MARLENE: Him? Never. Impossible!
ITALIAN MAN: Why?
MARLENE: Formula 1 drivers have long hair, are sexy, have shirts open to here..
MARLENE: Anyway, look at the way he’s driving!! Like an old man!!
NIKI: No need to drive fast. It only increases the percentage of risk. We’re not in a hurry. No one is paying me. Right now, with zero incentive or reward, why would I drive fast?
MARLENE: (in German) Because I’m asking you to.
NIKI: (in German) And do you always get what you want?
MARLENE: (in German) Usually.

マルレーネ:どういうことなの?
マルレーネ:あなた、誰なの?
イタリア人の男:知らないのか?F1レーサーだ。フェラーリと契約した。
マルレーネ:彼が?あり得ない。
イタリア人の男:なんで?
マルレーネ:F1レーサーって、髪が長くて、セクシーで、胸をはだけている。
ニキ:どうも。
マルレーネ:彼は運転もおじいちゃんみたい。
ニキ:スピードを出したら危険なだけだ。急いでないし、賞金もないのに速く走る必要がない。
マルレーネ:(ドイツ語で)私が頼んでも?
ニキ:(ドイツ語で)男はいいなり?
マルレーネ:(ドイツ語で)ええ、たいていは。

 

マルレーネと結婚したニキ・ラウダが、幸せを恐れるシーンです。

 

幸せは敵だ~「ラッシュ/プライドと友情」

NIKI:(In German) I should warn you, I’m not going to be any good at this. “Bringing flowers” and “holding hands”. I’ll probably forge your birthday. But if I’m going to do this with anyone, it might as well be you.
MALENE:(In German) My God… a poet!
~
MALENE:(In German) What’s the matter?
NIKI:(In German) Happiness is the enemy. It weakens you. Puts doubt in your mind. Suddenly you have something to lose.
MALENE:(In German) When you call happiness an enemy, then it's too late. Then you've already lost.

ニキ:(ドイツ語で)僕はうまくやれないだろう。花は贈らないし、手もつながない。君の誕生日も忘れる。でも、相手は君がいいんだ。
マルレーネ:(ドイツ語で)あなたって詩人ね。

マルレーネ:(ドイツ語で)どうしたの?
ニキ:(ドイツ語で)幸せは敵だ。僕を弱くし、迷わせる。失うものができたから。
マルレーネ:(ドイツ語で)幸せを敵と呼んだら、そこで終わりよ。

 

ニキ・ラウダが事故にあうシーンです。実際の事故を再現しています。

 

ニキ・ラウダの事故~「ラッシュ/プライドと友情」

 

 

1976年のチャンピオンを決める最終戦で、危険を感じたニキ・ラウダがレースを途中で棄権するシーンです。じーんときます

 

ニキ・ラウダの棄権~「ラッシュ/プライドと友情」

DIRECTOR: What's wrong with the car? What's wrong with the car? Niki, What's wrong with the car?
NIKI: Nothing. The car is perfect.
DIRECTOR:(In Italian) The car is perfect.
DIRECTOR:What are you doing?
NIKI: I stop it.
NIKI: Too dangerous.
DIRECTOR: Do you want me to say there is a problem with the car.
NIKI: No. Tell them the truth.

監督:車がどうかしたのか?車がどうかしたのか?ニキ、どうした?
ニキ:いや、車は完璧だ。
監督:(イタリア語で)車は大丈夫だ。
監督:何をしている?
ニキ:やめる。
ニキ:危険すぎる。
監督:車が不調と発表を?
ニキ:いや、本当のことを。

 

「地球で最もセクシーな男」に選ばれるなど、ある程度、地でいけてしまうクリス・ヘムズワースに対して、どうしてもダニエル・ブリュールの役作りに目がいってしまいますが、クリス・ヘムズワース視点で見直しても面白い映画ではないかと思います。他にも見どころがたくさんで、とても書ききれないのですが、最後にひとつ。キャスト(左)が実物(右)にそっくりです。ニキ・ラウダの奥さんの美しさはじわーっと来ます。残念なことに1991年に離婚してしまいましたが、今でもニキとは良いお友達だそうです。

 

f:id:DaysLikeMosaic:20150602025055j:plain

 

 「ラッシュ/プライドと友情」のDVD(Amazon

関連作品 

F1を描いた映画のDVD(Amazon

  「グラン・プリ」(1966年)

  「ウィークエンド・チャンピオン ~モンテカルロ 1971」(1972年)

  「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」( 2010年)

  「ラッシュ/プライドと友情」(2013年)

  「1: Life on the limit」 (2014年)・・・輸入版

  「McLaren: The Film」(2017年)・・・未公開

 

ロン・ハワード監督作品のDVD(Amazon

  「バックマン家の人々」(1989年)

  「アポロ13」(1995年)

  「ビューティフル・マインド」(2001年)

  「シンデレラマン」(2005年)

  「フロスト×ニクソン」(2008年)

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」(2016年)

関連記事   

dayslikemosaic.hateblo.jp 

dayslikemosaic.hateblo.jp

*1:本文に戻る 

ラッシュ/プライドと友情(字幕版)

ラッシュ/プライドと友情(字幕版)

  • Ron Howard
  • ドラマ
  • ¥1500

*2:本文に戻る