夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「REDリターンズ」:ブルース・ウィリスだけじゃない、豪華な脇役が面白い

REDリターンズ」(原題:RED 2)は、2013年公開のアメリカのアクション・コメディ映画です。ウォーレン・エリスとカリー・ハムナーによる「Red」を原作とした2010年公開の映画「RED/レッド」の続編です。RED は Retired Extremely Dangerous(リタイヤした極めて危険な人々)の略です。

 

 「REDリターンズ」のDVD(楽天市場

iTunesで観る*1

 

監督:ディーン・パリソット

出演:ブルース・ウィリス(フランク・モーゼズ)

   ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボッグス

   メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)

   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(カーチャ)

   イ・ビョンホン(ハン・チョバイ)

   アンソニー・ホプキンス(ベイリー)

   ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)

 

豪華キャストによるこのアクション・コメディは、良く出来ており、5分に一度は笑ってしまいます。一流のスターも実はお笑いのシーンをやりたいと思っているという話を聞いたことがありますが、彼らに見合ったコメディを提供をできるのもハリウッドならでしょう。

 

特にブルース・ウィリスジョン・マルコヴィッチメアリー=ルイーズ・パーカーの三人は、それぞれの個性的で一貫したキャラクターで交互に登場し、違った笑いを提供してくれます。一般には、シリーズ第一作の「R.E.D/レッド」の方が評価が高いようですが、

 ・ジョン・マルコヴィッチが準主役に浮かび上がり、

 ・メアリー=ルイーズ・パーカーがより強く個性を出す

REDリターンズ」の方がブルース・ウィリス一本より刺激的で楽しめるし、それがまた脇役の妙でもあるのではないかと思います。

 

コストコのシーン〜「REDリターンズ」(YouTube)

ブルース・ウィリスジョン・マルコヴィッチメアリー=ルイーズ・パーカー

 

銃のシーン〜「REDリターンズ」(YouTube)

ブルース・ウィリスジョン・マルコヴィッチメアリー=ルイーズ・パーカー

 

アンソニー・ホプキンスイ・ビョンホンキャサリン・ゼタ・ジョーンズも、既に彼らが持っているイメージを生かしながら、大まじめに笑わせてくれます。アンソニー・ホプキンスのボケ、イ・ビョンホンの単細胞も見逃せませんが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、「リタイヤード」の仲間入り(?)というのはちょっとショック。まだ45歳なので、現役で頑張ってほしいです(笑)

 

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ〜「REDリターンズ」(YouTube)

 

イ・ビョンホン〜「REDリターンズ」(YouTube)

 

アンソニー・ホプキンス〜「REDリターンズ」(YouTube)

 

シリーズ前作

  「R.E.D/レッド」(楽天市場

 

ブルース・ウィリスの出演作

  「LOOPER/ルーパー」のDVD(楽天市場

 

ジョン・マルコヴィッチの出演作

  「バーン・アフター・リーディング」のDVD(楽天市場

 

メアリー=ルイーズ・パーカーの出演作

  「ソリタリー・マン」のDVD(楽天市場

 

キャサリン・ゼタ=ジョーンズの出演作

  「シカゴ」のDVD(楽天市場

 

イ・ビョンホンの出演作

  「G.I.ジョー

 

アンソニー・ホプキンスの出演作

  「世界最速のインディアン」のDVD(楽天市場

 

ヘレン・ミレンの出演作

  「クィーン」のDVD(楽天市場

*1:本編に戻る

REDリターンズ (字幕版)

REDリターンズ (字幕版)

  • ディーン・パリソット
  • コメディ
  • ¥1500
REDリターンズ (日本語吹替版)

REDリターンズ (日本語吹替版)

  • ディーン・パリソット
  • コメディ
  • ¥1500