夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」:少年の不幸を村人達が暖かく包む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(原題: Mitt liv som hund、英題:My Life as a Dog)は、1985年公開のスウェーデンのヒューマン・コメディ映画です。1983年に出版されたレイダル・イェンソンの自伝的な同名小説を映画化したもので、監督はラッセ・ハルストレム、出演はアントン・グランセリウス、メリンダ・キンナマンほか。

 

 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のDVD(楽天市場

 

イングマル(アントン・グランセリウス)は、父親が南洋の海に出かけたまま返って来ず、兄と病気の母親、愛犬シッカンの三人と一匹で暮らしています。おねょしょをしたり、自分が抑えられなかったり、緊張で強ばったりと、少しばかり「問題のある」イングマルは、「満足な餌も与えられずに人工衛星に乗せられたライカ犬より、僕の人生はまし」と考えていました。やがて母親の病気が悪化し、イングマルは愛犬シッカンを残して、一人、田舎の叔父に預けられます。その村人達は、風変わりで、滑稽で、気だてが良くて、寛大な人たちばかりでした。男の子のふりをしてサッカーやボクシングに興じる女の子、サガ(メリンダ・キンナマン)とも仲良くなり、村の少年や大人たちとの交流の中でイングマルは毎日を楽し、笑顔も取り戻して行きます・・・。

 

スプートニク・ショックに揺れ、ワールドカップに熱狂する1950年代のスウェーデンを舞台に、村人達との交流と決して幸せとは言えなかった少年の成長をユーモラスに描いたこの映画は、まったく古さを感じさせず、新鮮な感動を与えてくれます。プロットも良く練られており、主役の子供達もとても可愛いのですが、村人など脇役の俳優達も個性的なキャラクターを好演しています。悲しさを隠すでもなく、強調するでもなく、ありのままに捉え、人々の暖かさと少年の成長をじんわりと感じさせる名作です。

 

監督のラッセ・ハルストレムは、以前にも「アバ/ザ・ムービー ABBA」などの監督を務めていましたが、この作品で世界の注目を集め、以降、「ギルバート・グレイプ」、「サイダーハウス・ルール」、「ショコラ」、「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 」、「HACHI 約束の犬」などのヒット作、名作を手がけています。

 

ラッセ・ハルストレム監督の作品

 「アバ/ザ・ムービー ABBA」のDVD(楽天市場

  「ギルバート・グレイプ」のDVD(楽天市場

  「サイダーハウス・ルール」のDVD(楽天市場

  「ショコラ」のDVD(楽天市場

  「ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 」のDVD(楽天市場

  「HACHI 約束の犬」のDVD(楽天市場