夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「理想の恋人.com」:心暖まるバツイチ系ロマンティック・コメディ

「理想の恋人.com」(原題:Must Love Dogs)は、2005年公開のアメリカのロマンティック・コメディ映画です。監督・脚本はゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ、出演はダイアン・レインジョン・キューザックほか。幼稚園の先生サラ(ダイアン・レイン)は8か月前に離婚、周囲の励ましにもかかわらず、家に閉じこもりがちな日々を送っていました。 そんなある日、見かねた家族がサラの名前で出会いサイトに登録してしまいました・・・。

 

 「理想の恋人.com」のDVD(楽天市場

iTunesで観る*1

 

スーパーで見かけたいい男にアプローチしようとしたり、一人で食べきれない量を勧める肉屋の親父にブチ切れたりと、離婚のショックを引きずる40歳の幼稚園の先生を、ダイアン・レインがうまく演じています。邦題の「理想の恋人.com」は、家族がサラの名前で登録した出会いサイト「perfectmatch.com」に由来します。原題の「Must Love Dogs」はここに掲載されたプロフィールに「犬好き限定」(Must Love Dogs)と記載された事に由来します。

Voluptuous sensuous DWF

Seeks special man to share starlit night, Must Love Dogs

(離婚した白人女性、グラマーで繊細)

(星空を眺める友を求む、犬好き限定)

サラはこのプロフィールが嫌だといいますが、

「他の人はもっと誇大広告よ、『中身もゴージャス』、『性的魅力あり』とか。」

「これで良かったの、18件も返事が来た。」

と、姉に押し切られます。「Must Love Dogs」(犬好き限定)は、こうしたサイトによく見られるフレーズだそうです。

 

サイトで反応のあった男達とサラは会うわけですが、来た相手がなんと自分の父親!父親は亡き妻を愛しているのですが、寂しさを紛らわす為にいろいろな女性との出会いを楽しんでいたのでした(笑)その他にも

  • 「もっと若いかと思った」とストレートに言う失礼な男
  • うつですぐに泣き出してしまう男 
  • 「手錠をかけたい」と言うSMチックな男

などなど、大変な相手ばかりです(笑)

 

一方、妻と離婚したばかりのジェイク(ジョン・キューザック)も友人に勧められるままに、サラと会いますが、二人とも連れていた犬は借り物で・・・(爆)そんな感じで話は進んでいきますが、ハート・ウォーミングな大人のロマンティック・コメディに仕上がっています。すったもんだの挙げ句のサラのセリフです。 

'I owe you my story. You asked me for honesty... ...and it scared the hell out of me, and I held back... ...and I didn't want to let you see the real me. Because I was afraid of getting hurt again. But, listen, I hear that the universe lets your heart expand... ...and grow back even bigger after you go through all that pain. Well, I believe that now. And I was just wishing there was a way that... ...I could have another chance to make this work. '

「打ち明けるわ。正直になれって言われて、私、怖くて、尻込みしたの。また傷つくのが嫌で、本当の姿を見せたくなかった。でも、あなたは『苦しみを乗り越えれば、前より強く愛せる』って言ったわ。それは今だと思う。だから、もう一度チャンスが欲しい、愛を育みたい♡」

 

出会いには運もあるかと思いますが、いい家族や友人(サラに言わせれば「やっかい」だそうですが)に囲まれていることや、本人の性格も幸せになれる、なれないに影響するのかなと思います。

 

サラを演じたダイアン・レインは、1979年の『リトル・ロマンス』で映画デビュー、一躍、世界の注目を集めましたが、その後、低迷の期間が長く続きました。2000年頃から、「オーバー・ザ・ムーン」、「運命の女」、「トスカーナの休日」などに出演、美しく、悩ましく、それでいてどこにでもいそうな中年女性をうまく演じています。

 

インターネットでの出会いを扱った作品に「ユー・ガット・メール」がありますが、これは実生活で犬猿の仲の二人が、お互い気づかないままインターネットで知り合い・・・という話です。『LIFE!』にも出会いサイトが登場します。こちらは職場の女性を攻略する為に登録したところ、終いにはサイトの運営者が主人公を窮地から救ってくれるというちょっと変わった設定です。「her/世界でひとつの彼女」では、人工知能、テレフォン・セックス、ブラインド・デート、代理セックスなど、インターネットを利用した様々な愛の形が示されています。インターネットでの出会いは何か特別なものではなく、チャンスのあり方のひとつとして、徐々に生活の一部になりつつあるのかもしれませんね。

 

ダイアンレインの出演作

 「リトル・ロマンス」のDVD

 「運命の女」のDVD

 「トスカナーの休日」のDVD

 

インターネットでの出会いを扱った映画

 「ユー・ガット・メール」のDVD(楽天市場

「LIFE!」のDVD(楽天市場

 「her/世界でひとつの彼女」のDVD(楽天市場 

*1:本文に戻る

理想の恋人.com(字幕版)

理想の恋人.com(字幕版)

  • ゲイリー・デイビッド・ゴールドバーグ
  • ロマンス
  • ¥1000