夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「うつくしい人生」:絵画のような美しさが心地よいフランス映画

「うつくしい人生」(原題:C'EST QUOI LA VIE?)は、1999年公開のフランスのドラマ映画です。

 

 監督:フランソワ・デュペイロン

 撮影:テツオ・ナガタ

 出演:エリック・カラヴァカ(ニコル)

    ジャック・デュフィロ(祖父)

    イザベル・ルノー(父)

    ジャン=ピエール・ダルッサン(マリア)ほか。

 

南フランスの田舎町で、酪農家の長男ニコラ(エリック・カラヴァカ)は家業を継ぐことに乗り気になれず、都会の生活に憧れていました。そんな矢先、狂牛病の影響で一家は破産に追い込まれ、絶望した父が自殺、多額の借金を抱えた家族は離散してしまいます・・・。

 

 f:id:DaysLikeMosaic:20150419233610j:plain

 

「うつくしい人生」は、父の死と一家離散を機に、自分の人生に一歩踏み出す青年の姿を描いています。ゆったりとしたテンポで、劇的な展開もありませんが、見ていて心地よく、思わず引き込まれてしまいます。親子三代の家族の中で、苦悩する父、孫を優しく見守る祖父、大人になりきれない妹など、愛すべき登場人物がわかりやすく描かれており、いたずらに誇張することもなく、淡々と進むところが心地よいです。フランス語のセリフもリズムがあり、詩的、音楽的に聞こえます。そして何よりも、絵画のような映像が美しい。色や陰の使い方がうまいです。以前のテレビのアナログ放送を録画したものを見たのですが、十分に美しかったです。

 

  ミレー「羊飼いの少女」の複製画(楽天市場

 

「うつくしい人生」は、永田鉄男という日本人が撮影しています。彼は、この作品の後にも、「大停電の夜」(邦画)や「エディット・ピアフ〜愛の讃歌~」の撮影を手がけています。

 

  永田鉄男撮影「エディット・ピアフ〜愛の讃歌~」DVD(楽天市場

 

原題の「C'EST QUOI LA VIE?」は「人生とは何か?」という意味ですが、重々しくなるのを抑え、美しくさらりと描いているのが「うつくしい人生」の魅力だと思います。15年は世の中が変わるのに十分な年月かもしれませんが、フランスの田舎の小規模な農場を舞台にするこの映画は、1999年の公開当時から時代の最先端を映すものではなかったでしょう。むしろ、時代によらない普遍的なものを狙ったのではないかと思います。そういう意味では今でも十分に楽しめますし、今後も同様な作品が制作され続けるようであれば、さらに嬉しいです。

 

  ミレー「ボージュ山中の牧場風景」複製画(楽天市場