「50/50 フィフティ・フィフティ」:27歳でガンになった青年を、コメディとヒューマン・ドラマの間で絶妙に描く

「50/50 フィフティ・フィフティ」(原題: 50/50) は、2011年公開のアメリカのコメディ/ドラマ映画です。脚本のウィル・ライザーのガン克服の実話をベースに、ジョナサン・レヴィン監督、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲンらが、27歳という若さでガンを宣告され、5年後生存率50%という過酷な現実と向き…