読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

ルーマニア映画

「汚れなき祈り」:ルーマニアの質素な修道院で実際に起こった悪魔祓い事件を、じっくりと説得力を持って描くフィクション

「汚れなき祈り」(原題:După dealuri)は、2012年公開のルーマニアのドラマ映画です。2005年にルーマニアで起きた事件を元に、人里離れた質素なルーマニア正教会修道院で悪魔祓いの犠牲となった若い女性の悲劇を描いています。第65回カンヌ国際映画祭コン…

「4ヶ月、3週と2日」:チャウシェスク政権下のルーマニアで、ルームメイトの中絶に奔走する女子大生を描いた異色作

「4ヶ月、3週と2日」(原題:4 luni, 3 săptămâni și 2 zile、英題: 4 Months, 3 Weeks and 2 Days)は、2007年公開のルーマニアのドラマ映画です。チャウシェスク大統領による独裁政権末期、1987年のルーマニアを舞台に、妊娠をしたルームメイトの違法中絶…