読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は洋画をかけ廻る

洋画のレビューや解釈、解説、感想、撮影地、関連作品などを掲載しています。タイトルは、松尾芭蕉最後の句と言われる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」由来です。病に伏してなお、夢が枯野をかけ廻るとは根っからの旅人だったのですね。映画はちょっとだけ他人の人生を生きてみる、いわば人生の旅のようなもの。願わくば、芭蕉のような旅の達人になりたいものです。

「ミラーズ・クロッシング」:スタイリッシュさが際立ち、シャープな台詞、印象的な映像、登場人物の個性が特徴的なクライム・スリラー

「ミラーズ・クロッシング」(原題: Miller's Crossing)は、1990年公開のアメリカのギャング映画です。ジョエル・コーエン/イーサン・コーエンのコーエン兄弟共同脚本・制作、ジョエル・コーエン監督で、1920年代、禁酒法時代のアメリカ東部の街を舞台に、…

「愛についてのキンゼイ・レポート」:人間の性行動に統計でメスを入れたキンゼイ博士と妻の半生を、社会風刺しつつ感情豊かに知的に描く

「愛についてのキンゼイ・レポート」(原題:Kinsey)は、2004年公開のアメリカの伝記映画です。ビル・コンドン監督・脚本、リーアム・ニーソン、ローラ・リニーらの出演で、性について語ることがタブーだった1940年代に画期的なレポートを発表した実在のキ…

「ナッシュビル」:数多くのオリジナル曲をフィーチャー、建国200年前夜のアメリカを描いた群像劇は壮大な世界観を持つブラックコメディ

「ナッシュビル」(原題:Nashville)は、1975年公開のアメリカのブラック・コメディ映画です。ロバート・アルトマン監督、24人のメインキャストらで、アメリカで最も保守的な町と言われ、カントリー&ウエスタンのメッカとして有名なテネシー州の州都ナッシ…

「キューティー&ボクサー」:芸術家同士の個性的な年の差カップルの、公私にわたる挑戦とメンタリティを追った創造的ドキュメンタリー

「キューティー&ボクサー」は、2013年公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。本作が長編映画デビューとなるザッカリー・ハインザーリングが、ボクシング・ペインティングで知られる現代芸術家・篠原有司男と彼の妻、乃り子の40年間にわたるニューヨー…

「私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望」:語りの世界や話し方の癖を描きながら、業界の裏側をチクリと風刺する可笑しなコメディ

「私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望」(原題:In a World...)は、2013年公開のアメリカのコメディ&ヒューマン・ドラマ映画です。 レイク・ベル監督・脚本、レイク・ベルらの出演で、ハリウッドのナレーター業界の裏側を舞台に、「In a World...…

「スノーピアサー」:氷河期に生き残った人々を乗せた列車を舞台に、巧みな演出、豪華なキャスト、有無を言わせぬ脚本で描く階級闘争劇

「スノーピアサー」(英題: Snowpiercer, 韓国語題: 설국열차)は、2013年の韓国・アメリカ・フランス合作のSFアクション映画です。ジャック・ロブ/バンジャマン・ルグラン/ジャン=マルク・ロシェットによるグラフィックノベル「Le Transperceneige」を原作…

「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」:リーマンショックの経緯と金が大好きで規制が大嫌いなアメリカの本質を赤裸々に描く

「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」(原題:Inside Job)は、2010年公開のアメリカの社会派ドキュメンタリー映画です。チャールズ・ファーガソン監督が、金融業界を代表する投資家、政治家、大学教授などキーパーソンとなる人物へのインタビュ…

「バックコーラスの歌姫たち」:ノリの良い歌で彼女らの情熱、才能を讃えるともに、洞察に富む、繰り返して見たくなるドキュメンタリー

「バックコーラスの歌姫たち」(原題:20 Feet from Stardom)は2013年公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。監督:モーガン・ネヴィル監督による本作は、1960~90年代の音楽シーンで伝説と言われたアーティストのバックシンガーを務めた女性たちにス…

「オデッセイ」:科学的、リアル、スリリングそしてユーモラスに、メガヒットした原作小説の感動を忠実に再現する傑作

「オデッセイ」(原題: The Martian)は、2015年公開のアメリカのSF映画です。アンディ・ウィアーの小説「火星の人」(2011年出版)を原作に、リドリー・スコット監督、マット・デイモンらの出演で、火星に一人置き去りにされ、残り少ない物資と科学の力を武…

「テイク・シェルター」:日常生活に潜む不安を、巧みな脚本・演出と卓越した演技で描く、サイコ・スリラーと融合したヒューマン・ドラマ

「テイク・シェルター」(原題:Take Shelter)は、2011年公開のアメリカのサイコ・スリラー&ヒューマン・ドラマ映画です。ジェフ・ニコルズ監督・脚本、マイケル・シャノン、ジェシカ・チャステインらの出演で、竜巻や嵐の悪夢に苛まれ、職場や家族との生…

「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」:巧みな脚本・演出と配役で、思いやりと愛情まで描く希有なスプラッター・コメディ

「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」(原題:Tucker and Dale vs Evil)は2010年後悔のカナダ、アメリカ合作のスプラッター・コメディ映画です。イーライ・クレイグ監督、イーライ・クレイグ/モーガン・ユルゲンソン脚本、タイラー・ラビン、ア…

「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜」:リース・ウィザースプーンとスーダンの元難民をキャストに、家族の絆を描いたヒューマン・ドラマ

「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜」は2014年公開のアメリカ、インド合作のヒューマン・ドラマ映画です。フィリップ・ファラルドー監督、マーガレット・ネイグル脚本、リース・ウィザースプーンらの出演で、両親と住む場所を失い、難民となった3600人のス…

「ナイトクローラー」:ロスアンゼルスのワイルドな夜を背景に、阻害された青年が弱肉強食の競争社会に這い上がる姿を、絶妙な脚本で描く

「ナイトクローラー」(原題:Nightcrawler)は、2014年公開のアメリカのサスペンス、アクション&ドラマ映画です。ダン・ギルロイ監督・脚本、ジェイク・ジレンホール、レネ・ルッソらの出演で、孤独で冷徹な無職のコソ泥が「ナイトクローラー」と呼ばれる…

「ブリッジ・オブ・スパイ」:米ソのスパイ交換の実話を、一方でスリリングに、他方で洒脱で人間的に描いた、希有な伝記的娯楽映画

「ブリッジ・オブ・スパイ」(原題:Bridge of Spies)は、2015年公開のアメリカの伝記ドラマ映画です。スティーヴン・スピルバーグ監督、マット・チャーマン及びコーエン兄弟脚本、トム・ハンクスらの出演で、東西冷戦下の50〜60年代に起きたソ連によるアメ…

「父の祈りを」:北アイルランド問題を背景に、愚直な父と放蕩息子の絆、冤罪とテロリズムへの怒りを描いた社会派ヒューマン・ドラマ

「父の祈りを」(原題:In the Name of The Father)は、1993年公開のイギリス・アイルランド・アメリカ合作の社会派ヒューマン・ドラマ映画です。1974年にIRA暫定派によって実行されたロンドンでのテロ事件であり、英国の司法界史上最大の汚点とされるギル…

「トゥルーマン・ショー」:その生活がドラマとして24時間生中継される男の姿を、面白可笑しく優しい眼差しで描いた、示唆に富む名作

「トゥルーマン・ショー」(原題:The Truman Show)は、1998年公開のアメリカのコメディ&ドラマ映画です。アンドリュー・ニコル脚本、ピーター・ウィアー監督、ジム・キャリーらの出演で、その生涯が連続テレビドラマとして24時間生中継される男の姿を描い…

「わたしに会うまでの1600キロ」:最愛の母を失い生活が荒んだ女性が三ヶ月のハードな山中行で自分を取り戻すまでを描いた自伝の映画化

「わたしに会うまでの1600キロ」(原題:Wild)は、2014年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。シェリル・ストレイドの自叙伝「Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail」を原作に、ジャン=マルク・ヴァレ監督、リース・ウィザースプ…

「ショート・ターム」:施設で働いた経験に基づくリアルな脚本・演出と、ブリー・ラーソンの体当たり演技が感動的なヒューマン・ドラマ

「ショート・ターム」(原題:Short Term 12) は、2013年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。デスティン・ダニエル・クレットンによる短編映画「Short Term 12」(2009年)を原作とし、クレットン脚本、監督、ブリー・ラーソンらの出演で、未成年者…

「クリード チャンプを継ぐ男」:新たなボクサーの登場と親子師弟の新旧交代を「ロッキー」シリーズの伝統を踏まえ、優しい眼差しで描く

「クリード チャンプを継ぐ男」(原題:Creed)は、2015年公開のアメリカのドラマ映画です。シルヴェスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズ初のスピンオフ作品で、ライアン・クーグラー監督、マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン…

「イカとクジラ」:離婚の実際と家族に与えるインパクトをウィットを効かせながら描き、子供の成長を予感させる自伝的ドラマ

「イカとクジラ」(原題:The Squid and the Whale)は、2005年公開のアメリカのドラマ映画です。ノア・バームバック脚本・監督、ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェシー・アイゼンバーグらの出演で、1980年代のブルックリンを舞台に、多くの欠点を抱…

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」:乳母をしながら素晴しい作品を残した、無名のストリート写真家の素顔に迫るドキュメンタリー

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」は2013年公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。ジョン・マルーフとチャーリー・シスケルの共同監督により、その生涯のほとんどをシカゴの多くの家庭の乳母と家政婦として過ごしながら、常にカメラを携えて撮影、作…

「グッドフェローズ」:実話に基づきながらも刺激的でスタイリッシュ、巨匠マーティン・スコセッシ監督によるマフィア映画の古典的名作

「グッドフェローズ」(原題:GoodFellas)は、1990年公開のアメリカのドラマ映画です。マフィア界で生きた男の実話を元にして書かれたニコラス・ピレッジのノンフィクション「ワイズガイ-わが憧れのマフィア人生-」を原作に、マーティン・スコセッシ監督…

「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」:スターが本人役で出演する終末世界の自虐コメディ

「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」(原題: This Is the End)は、2013年公開のアメリカのコメディ映画です。コメディアンのセス・ローゲンと、ローゲンと長年コンビを組んできた脚本家のエヴァン・ゴールドバーグの監督・…

「誰よりも狙われた男」:元英諜報部員の小説を原作に、対テロ諜報戦をリアルに描くフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作

「誰よりも狙われた男」(原題:A Most Wanted Man)は、2014年のイギリス・アメリカ・ドイツ合作のスリラー映画です。ジョン・ル・カレによる同名小説を原作とし、アントン・コルベイン監督、アンドリュー・ボーヴェル脚本フィリップ・シーモア・ホフマン、…

「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」:機能不全家庭に育った独身の兄妹、認知症の父、不完全な登場人物たちの軋轢と絆を軽妙に描き出す

「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」(原題:The Savages)は、2007年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。監督:タマラ・ジェンキンス脚本、監督、ローラ・リニー、フィリップ・シーモア・ホフマンらの出演により、父の認知症をきっかけに一緒に面…

「40歳の童貞男」:歯に衣着せず、リアルで滑稽で、見どころ満載な大人向けのロマンティック・コメディ

「40歳の童貞男」(原題:The 40 Year Old Virgin)は2005年公開のアメリカのロマンティック・コメディ映画です。ジャド・アパトー監督、ジャド・アパトー/スティーヴ・カレル共同脚本、スティーヴ・カレル主演で、40歳になっても女性経験ゼロの主人公が心温…

「サンキュー・スモーキング」:嫌われ者の煙草業界の広報マンの奮闘を描いた、ウィットと風刺に富んだ傑作コメディ

「サンキュー・スモーキング」(原題: Thank You for Smoking)は、2005年公開のアメリカのコメディ映画です。クリストファー・バックリーの小説「ニコチン・ウォーズ」を原作とし、ジェイソン・ライトマン監督、アーロン・エッカートらの出演で、嫌煙運動が…

「その土曜日、7時58分」:資金繰りに困った兄弟の弱くて暗い部分をじわりと描く、緊張感にあふれたクライム・スリラー

「その土曜日、7時58分」(原題:Before the Devil Knows You're Dead)は、2007年公開のアメリカのクライム・スリラー映画です。シドニー・ルメット監督、フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイらの出演で、思わぬ誤算によって…

「プールサイド・デイズ」:内気な14歳の少年が、母の恋人の別荘とウォーター・パークで過ごすひと夏を、爽やかに描くコメディ

「プールサイド・デイズ」(原題:The Way Way Back)は、2013年公開のアメリカのコメディ&ドラマ映画です。ナット・ファクソンとジム・ラッシュ脚本、監督、スティーブ・カレル、トニ・コレット、サム・ロックウェル、リアム・ジェームズらの出演で、内気…

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」:ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在だったブライアン・ウィルソンの波乱に満ちた人生を描く

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」は2015年公開のアメリカの伝記映画です。サーフ・ロックという新たなジャンルを生み出し、いまなお絶大な人気を誇るカリフォルニアのロックバンド、ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンが…

「ファミリー・ツリー」:ハワイを舞台に事故で意識不明になった妻と残された二人の娘に手を焼く家族を顧みなかった男をユーモラスに描く

「ファミリー・ツリー」(原題:The Descendants)は、2011年公開のアメリカのヒューマン・コメディ&ドラマ映画です。カウイ・ハート・ヘミングスの小説同名小説。これを原作とし、アレクサンダー・ペインの共同脚本、監督、ジョージ・クルーニーらの出演で…

「アリスのままで」:若年性アルツハイマーで言葉を失う女性言語学者を、傷心と勇気の両面から心をこめてリアルに描いたヒューマンドラマ

「アリスのままで」(原題: Still Alice)は、2014年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。若年性アルツハイマーと診断された50歳の言語学者の苦悩や葛藤、家族との絆を描いたリサ・ジェノヴァの同名のベストセラー小説を原作に、リチャード・グラツ…

「インサイド・ヘッド」:製作期間5年、11歳の少女の頭の中の感情を主人公に、喪失と思春期初期の混乱を描くディズニー/ピクサーの力作

「インサイド・ヘッド」(原題:Inside Out)は、2015年公開のアメリカのCGアニメ映画です。ピート・ドクター監督、ディズニー/ピクサー・アニメーション・スタジオにより冒険ファンタジー・アニメーションで、11歳の少女の頭の中にある、喜び、怒り、嫌悪…

「アメリカの災難」:実の親探し旅を通してアメリカの多様性をコミカルに描く

「アメリカの災難」は、1996年公開のアメリカのコメディ映画です。デイヴィッド・O・ラッセル脚本・監督、ベン・スティラー、パトリシア・アークエットらの出演で、夫の実の親に会うため旅に出た、子供が出来て間もない夫婦とと養子縁組協会の美女の珍道中…

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」:巧みな脚本、演出なるも、主演女優が性差別的と発言、物議を醸したコメディ映画

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」(原題:Knocked Up)は、2007年公開のアメリカのコメディ映画です。ジャド・アパトー脚本・監督、セス・ローゲン、キャサリン・ハイグルらの出演で、モテ度ゼロの冴えないオタク男が、奇跡的に美女のナンパに成功した…

「セイ・エニシング」:ユーモラスで誠実なジェネレーションXの恋人達の旅立ちを、優しい眼差しで爽やかに描く

「セイ・エニシング」(原題:Say Anything...)は、1989年公開されたアメリカの青春恋愛映画です。キャメロン・クロウ脚本・監督、ジョン・キューザック、アイオン・スカイらの出演で、憧れの女性と恋に落ちたX世代の青年の成長を描いています。 「セイ・エ…

「プリズナーズ」:行方不明の娘を必死に探す父親と地道に捜査を続ける刑事、予断を許さないクライム・スリラー

「プリズナーズ」(原題:Prisoners)は、2013年公開のアメリカのクライム・スリラー&ドラマ映画です。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホールらの出演で、愛する娘を誘拐され、危険を顧みずに自ら救出に挑む父親と、犯人…

「いとこのビニー」:弁護士の資格を得たばかりのヤクザでいい加減な中年男と、理知的で情熱的な可愛い婚約者の織りなす法廷コメディ

「いとこのビニー」(原題:My Cousin Vinny)は、1992年公開のアメリカのコメディ映画です。ジョナサン・リン監督、ジョー・ペシ、マリサ・トメイらの出演で、殺人容疑をかけられたいとこを助けようと奮闘するやくざな新米弁護士の奮闘を描く法廷コメディで…

「トゥー・ラバーズ」:ドストエフスキーの「白夜」をモチーフに、愛という本質的な感情をあるがままに描く

「トゥー・ラバーズ」(原題:Two Lovers)は、2008年のアメリカの恋愛ドラマ映画です。フョードル・ドストエフスキーの「白夜」をモチーフにし、ジェームズ・グレイ監督、ホアキン・フェニックス、グウィネス・パルトローらの出演で、三人の男女が織り成す…

「ザ・プレイヤー」:ハリウッドを強烈に風刺するフィルム・ノワール風味のブラック・コメディ、群像劇仕立て

「ザ・プレイヤー」(原題:The Player)は1992年公開のアメリカのドラマ/ブラック・コメディ映画です。ロバート・アルトマン監督、ティム・ロビンス主演で、ハリウッドのメジャー・スタジオの副社長が起こした殺人事件を中心に、ハリウッドに生きる人々と業…

「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」:隙を見せられない緊迫した駆け引き、理想さえ踏みにじる熾烈な選挙戦

「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」(原題: The Ides of March) は、2011年公開のアメリカのポリティカル・サスペンス&ドラマ映画です。2004年の民主党大統領予備選挙に立候補したハワード・ディーンの選挙スタッフだったボー・ウィリモンが同選…

「リンカーン弁護士」:マシュー・マコノヒー主演、個性派俳優が脇を固める、テンポ、ノリの良い、ちょいワル法廷クライム・サスペンス

「リンカーン弁護士」(原題:The Lincoln Lawyer)は、2011年公開のアメリカの法廷サスペンス映画です。マイクル・コナリーの同名のベストセラー小説を原作とし、ブラッド・ファーマン監督、マシュー・マコノヒー主演で、ちょいワル弁護士の元に舞い込んだ…

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」:フィフティーズやカントリーの名曲で描く、伝説のカリスマ歌手ジョニー・キャッシュの心の襞

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」(原題:Walk the Line)は、2005年公開のアメリカの伝記映画です。ジェームズ・マンゴールド監督・脚本、ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーンらの出演で、ボブ・ディランをはじめ数多くのミュージシャ…

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」:アフガニスタン侵攻を食い止め、ソ連崩壊の契機を作った実在の下院議員の奮闘をユーモラスに描く

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(原題: Charlie Wilson's War)は、2007年公開のアメリカの社会派コメディ&ドラマ映画です。2003年に発売されベストセラーとなったジョージ・クライルによる同名のノンフィクションを原作とし、マイク・ニコルズ監督…

「エヴァの告白」:1920年代、希望を胸にアメリカに移住するも、娼婦に身を落とし葛藤する敬虔な女性をマリオン・コティヤールが好演

「エヴァの告白」(原題:The Immigrant)は、2013年公開のアメリカのヒューマンドラマ映画です。ジェームズ・グレイ監督・脚本・製作、マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーらの出演で、1920年代に幸せを求めてアメリカへ移…

「ビッグ・リボウスキ」:濃い人物描写で1990年代前半のアメリカを強烈に風刺する、コーエン兄弟制作のクライム・コメディ

「ビッグ・リボウスキ」(原題: The Big Lebowski)は、1998年公開のアメリカのコメディ映画です。コーエン兄弟製作、ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン、スティーヴ・ブシェミらの出演で、同姓同名の大金持ちと間違えられ、富豪の若妻の誘拐事件に巻…

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」:トム・クルーズ健在!レベッカ・ファーガソンの足技も冴える、スリリングな娯楽大作

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(原題:Mission: Impossible - Rogue Nation)は、2015年公開のアメリカのスパイ映画です。クリストファー・マッカリー監督・脚本、トム・クルーズ主演で、スパイ組織「IMF」のスゴ腕エージェント、イーサ…

「バーバー」:些細な欲が招く悲劇を美しい映像でアイロニカルに描く、コーエン兄弟の監督・脚本によるフィルム・ノワールの讃歌

「バーバー」(原題: The Man Who Wasn't There)は、2001年公開のアメリカのクライム・スリラー&コメディ映画です。監督のコーエン兄弟が「未来は今」を撮影中に集めた1940年代の様々な髪型のポスターを見た時に構想が浮かんだもので、ビリー・ボブ・ソー…

「ラブ・アゲイン」:妻に離婚を告げられた40男がクールに変身、七つの恋愛関係が入り乱れる賑やかで爽やかなロマンティック・コメディ

「ラブ・アゲイン」(原題: Crazy, Stupid, Love) は、2011年公開のアメリカのロマンティック・コメディ映画です。グレン・フィカーラ/ジョン・レクア監督、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーンらの出演で、突然、…

「ゾディアック」:実際の連続殺人事件を追った4人の男のドラマを、豪華キャストでサスペンスフルに描く

「ゾディアック」(原題: Zodiac)は、2007年公開のアメリカのサスペンス&ドラマ映画です。アメリカで実際に起きた連続殺人事件(ゾディアック事件)を追ったロバート・グレイスミスのノンフィクション「ゾディアック」および「Zodiac Unmasked」を原作に、…